CUBELiC CINEMA 4D講座【MoGraphアニメーション編】

絶対知るべきCINEMA 4Dの最強機能、MoGraphを活用したアニメーションを紹介するチュートリアル講座

解除

製品概要

CUBELiC CINEMA 4D講座 MoGraphアニメーションは、株式会社キューブリックが制作した CINEMA 4Dアニメーションのチュートリアル講座です。CINEMA 4Dを使う上で必要不可欠な知識や機能の紹介を中心に、実際にCINEMA 4Dでアニメーションを制作しながら講座を進めていきます。

「簡易」エフェクタを使ったトランジションの作成「グリッド配列」と「ランダム」エフェクタを使った効能カットの作成、「パーティクル」と「トレーサ」を組み合わせたライトフローの作成「ダイナミクス」と「MoGraph」を組み合わせたドミノ倒し、どれも複雑で難しそうに見えるアニメーションばかりです。しかし、MoGraphを使うことで、この4つのアニメーションはいとも簡単に制作することが可能になります。

完成映像

講座内容

収録チャプター

01 MoGraphの基本
02 MoGraphエフェクタ
03 エフェクタを使ったトランジションアニメーション①
04 エフェクタを使ったトランジションアニメーション②
05 MoGraphその他のオブジェクト
06 ランダムエフェクタで作る効能カット
07 トレーサーオブジェクトで作るライトフローアニメーション
08 ダイナミクスについて
09 MoGraphとダイナミクスで作るアニメーション①
10 MoGraphとダイナミクスで作るアニメーション②
11 アニメーションベイクと仕上げ

収録内容

チュートリアルムービー

収録時間128分の.mp4ファイル (CINEMA4D R12以降対応(参考シーンはR16 Broadcast にて作成))

レッスンデータ

講座で使用するCINEMA 4DとAfter Effectsプロジェクトファイル

ダウンロードデータサイズ

4.24GB

CINEMA 4D R25について

CINEMA 4D R25 でのご利用について

CINEMA4D R25 ではコンテンツブラウザというものが廃止された為、そのままでは MaterialPack を使うことができません。その為、cubelic material pack.lib4d をダブルクリックなりで開いて、新しいアセットライブラリへ変換してご利用ください。手順はCINEMA 4D R25 について(PDF)をご参照ください。

CINEMA4D R25 でのレイアウトについて

CINEMA4DR25 では UI の見た目も大幅に変更されている為、Tutorial 等の学習時は旧レイアウトの変更がオススメです。レイアウト変更はCINEMA4D R25 でのレイアウトについて(PDF)をご参照ください。

製品情報

  • 製品:CUBELiC CINEMA 4D講座【MoGraphアニメーション編】
  • 製品名ヨミ:キューブリック シネマ 4Dコウザ モーグラフアニメーションヘン
  • 開発:株式会社キューブリック
  • 販売形態:ダウンロード製品