Cinema 4D サブスクリプション

  • 対応プラットフォーム
    • CINEMA 4D platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

CINEMA 4Dの年間サブスクリプション ライセンス

解除

Cinema 4D サブスクリプションの販売について

Cinema 4D サブスクリプションの販売形態は以下となります。

1. 製品ラインナップをシンプル化

Cinema 4D Prime, Broadcast, Visualize, BodyPaint 3Dのラインナップは廃止となり、Studio相当のCinema 4D R23のみとなりました。

2. MAXONサービス契約(MSA)を廃止し、サブスクリプションの販売を開始
  • サブスクリプションのご注文はこちらから
  • 弊社で販売可能なサブスクリプションの新規ライセンスはノードロック版のシングルシート(1ライセンス)とマルチシートの新規ライセンスとライセンス更新となります。
  • R20以下の永続ライセンスやCinema 4D Liteからサブスクリプションへのサイドグレードは1ライセンスより販売しています。
  • 永続ライセンスからサブスクリプションにアップグレードした場合、サブスクリプションの更新を止めた時点で過去のバージョンの永続ライセンスの使用権は失われます。
  • サブスクリプションライセンスはオンライン認証が必須です。
  • サブスクリプションライセンスには、5つのC4D用Team Renderノードが含まれています。
3. 永続ライセンスについて
  • 5ライセンス以上のR23永続ライセンスをご検討の方はお見積もり致しますのでお問い合わせください。
  • R23永続ライセンスには、5つのC4D用Team Renderノードが含まれています。
4. アドオン製品について
  • RedShiftのアドオンは、サブスクリプションとして販売しています。Cinema 4D サブスクリプションご注文の際にアドオン付属の有無を選択してください。※RedShift アドオンは、Cinema 4Dのみでレンダリングが可能です。他社のソフトウエアではレンダリングが出来ませんのでご注意ください。Cinema 4DやAutodesk、Houdiniなどの3Gソフトに対応したRedshiftはこちらをご参照ください。
  • Cinema 4D専用のRedshiftサブスクリプションには、Team Render用のRedshiftのノードは含まれていません。
  • Command Line Renderはサブスクリプション1年又は永続ライセンスとなり、5レンダーノード単位での販売となります。ご注文はこちらから
  • Team Renderは、5クライアント単位での販売となります。ご注文はこちらから
5. サブスクリプションの注文について

Cinema 4D サブスクリプションをご注文の際には、MyMaxonアカウントが必要になります。MyMaxonアカウントを作成していない場合は、以下のPDFをご参照の上、アカウント作成をお願い致します。

MyMaxonアカウントの作成方法 (PDF)

製品概要

Cinema 4D R23 未来を動かす

卓越した新しいツールと強化されたワークフローで、キャラクターやアニメーションに命を吹き込みましょう。R23では、S22で追加された優れたUVとビューポートのアップデートに加え、それぞれ多くの改良が加えられています。今回将来のプレビューとして追加された新しいシーンノードシステムで、Cinema 4Dの未来のパワーとパフォーマンスを体験してください。

※Cinema 4Dのサブスクリプションには、現在のバージョンのCinema 4DとCineversityのトレーニングおよびプラグインへの完全なアクセスが含まれます。

R23 新機能

なめらかなモーション

Cinema 4D R23には、アニメーションワークフローのキーとなる機能強化が行われています。キーフレームの作成と操作性の向上、素晴らしい新しいキャラクターアニメーション・リグの作成、キャラクターのポーズ管理、リターゲット、スキニングが容易になりました。

ポーズライブラリ
キャラクターTDとアニメーターの方に朗報です!  新しいポーズマネージャーでは、キーとなるキャラクターポーズをシーンに依存しないアセットとして簡単に保存、呼び出し、ブレンドができます。シーンに縛られずオブジェクトのパラメータのバリエーションを保存して、異なるシーンで再利用できます。キャラクターやあらゆるタイプのパラメトリックオブジェクトで動作します。

キャラクターソルバー
新しいワークフローでは、汎用的に使用されるリグ用のキャラクター定義を作成し、ジョイントの向きに関係なくアニメーションを簡単にリターゲットすることができます。

デルタマッシュ
デルタマッシュは、ディテールを維持しながら形状の変形を滑らかにします。デフォーマ自体は、その上にあるすべての変形を滑らかにし、特にジョイントベースのスキンの変形に効果的です。タグを追加することで、オブジェクトごとに滑らかさを個別に調整できます。

トゥーンと フェイシャルリグ
キャラクターオブジェクトに2つの新しいプリセットが追加されました。アニメ的な動きが可能なキャラクターリグとジョイントベースのフェイシャルリグが簡単に設定できます。

Cinema 4D Release 23 New Character Rig and Toon Animation
Cinema 4D Release 23 New Character Rig and Toon Animation

属性マネージャとタイムラインにおけるフィルタ機能
属性マネージャに追加されたフィルタ機能で、アニメーターが見る必要のあるパラメータだけを表示したり、タイムラインのフィルタ機能で特定のトラックだけを表示して不要なものを隠せます。

イーズのコピーとペースト
イーズのカーブを、値に影響を与えずに別のキーフレームセグメントやトラックにコピーします。

Smooth Moves
Smooth Moves

改良されたキーフレーム作業
より直感的な自動キーフレームとコマンドを使用して、階層やオブジェクトのグループ全体のキーフレームを簡単に設定できるようになりました。

マーカー
テンポ(BPM)に合わせてマーカーを作成したり、マークされた範囲の間をジャンプしたり、全く新しいHUDでマーカー間を移動したりできます。

完璧な配置

Cinema 4D R23では、Cinema 4D S22で導入された強力なUV編集機能をすべてご使用いただけます。さらに、ハードサーフェイスモデルのUVワークフローを中心とした新しいツールが追加されました。

UV スナップ
UVスナップは、Cinema 4Dのコアスナップ機能と完全に統合されました。ポイント、グリッド、テクスチャのピクセルへのスナップをサポートしています。

整列、直線化、格子配列
選択したエッジに基づいてUVアイランドを整列したり、選択したエッジを直線化したり、UVアイランドを格子状に整列したりできるようになりました。

マルチオブジェクトのサポート
複数のオブジェクトのUVをUVエディタで同時に表示できるようになりました。UVパッキングを使用して、すべてのオブジェクトのUVアイランドを1つの共有UVタイルに配置したり、複数のオブジェクトのUVを選択・操作ツールで微調整できます。

UV 編集/レイアウトの改善
インターフェイスとUVレイアウトウィンドウのビューが強化されたことで、ワークスペースの応答性が向上し、新しいツールと組み合わせることで、UVの編集が直感的でストレスなく作業できます。

ルックを改善

Magic Bullet Looks: 200以上のプリセットからフィルムルックを簡単に適用したり、LUTのインポート、色補正、フィルムグレイン、色収差などの個別のツールを使って作業できます。Red GiantのMagic Bullet Looks・テクノロジーは、C4Dのレンダリング設定に統合されているため、インタラクティブなビューポートと最終的なC4Dレンダリングのどちらでも機能します。何よりも優れているのは、独自のルックプリセットを保存し、After Effects、Premiere Pro、FCPXなどの他の多くのホストアプリケーション間で共有ができる点です。

You've Got the Looks
You've Got the Looks

スクリーンスペース反射

劇的に改善されたスクリーンスペースの反射と、S22で導入された新しいビューポートコアにより、すぐに優れたプレビューレンダリングを生成し、最終的なコンポジットをより良く視覚化できます。


未来を先取り

Cinema 4D R23のシーンノードは、次世代のCinema 4Dのコアとオブジェクトシステムに期待できるパフォーマンスのスニークプレビューを提供します。ノードは、機能のさらなる開発に先立ち、大規模な分布とプロシージャルモデリングの探求を可能にし、創造性と実験性でおなじみのCinema 4Dワークフローと統合していきます。

Looking Under the Hood and into the Future
Looking Under the Hood and into the Future

ワークフローの調和

PYTHON 3
Cinema 4DのコアとなるPythonエンジンがPython 2からPython 3にアップデートされ、パフォーマンスとセキュリティが向上しました。

OBJ
OBJのインポート/エクスポートの大幅な強化により、パフォーマンスが大幅に向上し、PBRマテリアルと頂点カラーのサポートが向上、連番ファイルもサポートされました。

FBX
FBX は、バインド されたジョイントのベイクアニメーションをエクスポートしたり、マーカー範囲を テイクとしてエクスポートするオプションが提供されるようになりました。

USD
この統合の最初のステップでは、ユーザーはモデル、カメラ、ライトをusd、usda、usdcでインポート/エクスポートおよびusdzでのエクスポートに対応しています。


その他の注目機能

デフォーマがわかりやすく
デフォーマオブジェクトのビューポート表示が改善され、向きと機能が表示されるようになりました。モデリングでもアニメーションでも、デフォーマを使用してメッシュをプロシージャルに修正するためにデフォーマを適切に配置やスケールが、これまで以上に簡単になりました。

リメッシュジェネレータ
オープンソースのInstant Meshアルゴリズムをプロシージャルジェネレータとして実現。自動リトポロジーとクアッドベースのポリゴンリダクションが可能です。

パッキング!

これまでUVに苦労していた方も、新しいワークフローの進化をきっと気に入るはずです。統一されたコンポーネントモードと選択ツールの改善により、Cinema 4Dらしいアーティストファーストなワークフローをお楽しみいただけます。UVを編集されたくない方は、新しい簡単な自動アンラップをぜひお試しください。

改善されたUVアンラップ
3Dオブジェクトのアンラップが革新的に行なえます。ポイントを固定して、つなぎ目にしたいエッジを3DビューかUVウインドウで選択、後は新しいUVアンラップのコマンドをクリックするだけです。


視覚化
アンラップ中に3Dビューでつなぎ目を確認したり、歪みやUVの重なったところを簡単に見つけたり、UVアイランド毎に色を変えたり、UVチェッカーボードを割り当てて確認することでUVマップを視覚化できます。

自動UV
自動UV生成は、テクスチャの解像度を最も有効活用できるので、エクスポート用のテクスチャベイクや3Dペイントの準備として最適です。Quel SolaarのEskil Steenberg氏の開発したMinistry of Flat技術のおかげで、すばらしいUVが1クリックでできます。


効率的なパッキング
テクスチャスペースを最大限に活用した新しいパッキングオプションにより、UVアイランドを効率的に配置できます。

すばらしいビュー!

最新のテクノロジーを活用することで、3Dの世界がより良くご覧いただけるようになりました。改良されたフィルタオプションで、煩わしい作業もなく最高の画像を手に入れます。シェーダをより正確に表示でき、マルチインスタンス使用時のパフォーマンスが向上しました。Apple Metalをフルサポートしたため、ビューポートは最新のMacシステムにも対応しています。

これまで以上の連携の良さ

GLTFエクスポート
GLTF経由でジオメトリ、マテリアル、カメラ、PSRアニメーション、ポーズモーフ、ジョイントベースのアニメーションをエクスポートして、最新のWebや拡張現実アプリケーションで使用できます。

GoZ ブリッジ
Pixologic ZBrushとC4Dの間で、モデル、UV、ペイントされたマップをシームレスに交換できます。モデルを ZBrush に送り、修正して1クリックで戻すといったワークフローで非常に簡単に行なえます。この新しいブリッジは、何百万ものポリゴンをサポートし、ポリペイントおよびポリグループ情報のインポートも可能です。

ノードマテリアル
CinewareまたはFBXでのエクスポート前に、ノードマテリアルをベイクしたり、FBXをインポート時にノードマテリアルを作成できます。さらに、お気に入りのサードパーティ製レンダリングエンジンで、CinewareまたはFBX用にエクスポートする場合、簡略化されたバージョンのマテリアルをエクスポートするオプションもあります。

Cinema 4D S22 機能紹介ビデオ

Cinema 4D S22 Feature Overview

Cinema 4D S22: Automatic UVs

Cinema 4D S22 UV Workflow Improvements

Cinema 4D S22 Modeling Improvements

Cinema 4D S22 Nodal Material Export

Cinema 4D S22 GoZ Bridge

Cinema 4D S22 Viewport Improvements

Cinema 4D S22 MyMaxonAccount

Cinema4D S22 glTF Export

R21 新機能

モデリング
まったく新しいキャップとベベルは、すばらしいロゴやテキスト以外にも使え、ボリュームモデリングとモデリングコアの改善により効率的で加速されたワークフローを実現します。

アニメーション
ダイナミクスをコントロールする新しいフォースフィールド、キャラクターアニメーションをすばやく簡単に行えるMixamo リグ、フィールドのワークフローの改善はきっと気に入ることでしょう。

レンダリング
Intelによる新しいノイズ除去技術、新しいマテリアルノード、改善されたノードワークフロー、堅実なアップデートが行われたProRenderのおかげで、あなたのクリエイティビティを助け、イメージを形にします。

ワークフロー
Cinema 4Dは、HiDIPディスプレイのサポートとメニューの見直しが行われ、より見やすくなりました。新しいアセットマネージャは、アセットの検索/リンク/収集が簡単に行なえ、UV変形ツールには機能が追加されUV管理がより簡単になりました。

動作環境

OS
  • Windows 10 64-bit 以降が動作する SSE3 をサポートした Intel もしくは AMD 64-bit CPU
  • MacOS: 10.14以降で、64-bit CPUのIntelベースのApple Macintosh
  • 今後のリリースされるCinema 4DをMacで実行するには、少なくともmacOS 10.14とmacOS GPU Family 1_v3以上がサポートされたMacシステムが必要です。Metalの互換性は、macOSシステム情報のグラフィックスタブで確認することができます。
  • macOS 10.15へのアップデートをお勧めします。最新のmacOSでは、パフォーマンス、安定性、ビューポートでのインタラクション向上のために、Metalでは多くの機能強化が行われています。
  • Linux:CentOS 7, 64bit
  • Ubuntu 18.04 LTS, 64bit
  • 要オンライン接続

FAQ

製品情報

  • 製品:Cinema 4D サブスクリプション
  • 開発:MAXON Computer
  • 販売形態:ダウンロード製品

関連製品

  1. Maxon One

    Cinema 4D、RedShift for C4D、Red Giant Complete をセットにしたお買い得なサブスクリプション

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  2. Redshift

    世界初のGPUアクセラレーション対応バイアスレンダラー

    • CINEMA 4D platform アイコン
    • Autodesk 3ds Max platform アイコン
  3. Greyscalegorilla Light Kit Pro 3 Suite

    スタジオライトとバックグラウンドオブジェクト、120種類のスタジオプリセットを収録するCinema 4D専用プラグイン

    • CINEMA 4D platform アイコン
  4. Greyscalegorilla HDRI Suite

    400種類以上のHDRIパックを収録するCinema 4Dの標準&フィジカルレンダラーとサードパーティーレンダラー専用ツール

    • CINEMA 4D platform アイコン
  5. AEC4D PRO

    CINEMA 4Dで制作したアニメーションからAfter Effectsへのエクスポートを効率化するプラグイン

    • After Effects platform アイコン
    • CINEMA 4D platform アイコン
  6. PolyDivider for Cinema 4D

    レクタングルベースのランダムなジオメトリ―パターンの生成を実現するCinema 4Dプラグイン

    • CINEMA 4D platform アイコン
  7. 実践と背景知識から学ぶデザイナーのためのCINEMA 4D 読本 vol.1

    最終出力である絵作りの手法とその背景知識を知る、ライティングやマテリアル、レンダリングに特化したCINEMA 4D書籍

    • CINEMA 4D platform アイコン
  8. Sale

    CUBELiC CINEMA 4D マスターセット

    CINEMA 4Dのモデリング講座5本、アニメーション講座6本、フライトモデリング、ウォッチモデリング、マテリアルパックをセットにしたCINEMA 4D 教材のマスターセット