KBar 2

エフェクトやプリセット、スクリプト、エクスプレッションなどを割り当て、カスタマイズ可能なツールバーを生成するAfter Effects専用のユーティリティーツール

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

KBar 2は、エフェクトやプリセット、スクリプト、エクスプレッションなどを割り当て、カスタマイズ可能なツールバーを生成するAfter Effects専用のユーティリティーツールです。

使い方は簡単。KBar 2を起動したらパネル上のKBar Settings(ギアアイコン)から設定画面を起動します。引き続き、Add Buttonをクリックし、Apply Effects(エフェクト)、Apply Preset(プリセット)、Set Expression(エクスプレッション)、 Invoke Menu Item(メニューアイテム)、Open Extension(エクステンション)、Run JSX/JSXBIN File(JSX/JSXBIN)、Run Script(スクリプト)から任意のショートカットをツールバーに割り当てたらセットアップは完了。仕様頻度の高いエフェクトやプリセット、エクスプレッションをKBar 2に配置すれば、ワンクリックで適用することができます。

主な特徴

滑らかで簡単なUI
・ドラッグ&ドロップによる並び替え
・ツールバーの切り替え
・水平と垂直モードを搭載するツールバー
・最大4ウインドウまで同時利用可能

ボタンタイプ
・エフェクト&プリセット
・メニューコマンド
・エクステンション
・エクスプレッション、スクリプト、スクリプトレット

カスタマイズ
・絵文字の利用が可能なテキストラベル
・600種類以上のビルトインアイコンを収録
・PNGとSVGのインポートを実現
・カスタマイズ可能なサイズとスペース

設定の移行方法

①パネル上の右クリックからKBar Settingsをクリックして設定ウインドウを起動します。
②SETTINGタブを選択します。引き続きBackupをクリックしてkbar.jsonファイルを保存します。
③設定を移行するコンピューターにkbar.jsonファイルを移動します。
④移行先のコンピューターでもKBar SettingsウインドウからSETTINGSタブを開きます。
⑤Restoreからkbar.jsonを選択して設定を引き継ぎます。

チュートリアル

KBar2 for After Effects Overview Tutorial

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

KBar 2 デモ & 正規版 (WINDOWS版とMAC版を兼用)

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版として7日間お試し頂けます。

FAQ

製品情報

  • 製品:KBar 2
  • 製品名ヨミ:Kバー 2
  • 開発:KraftyFX / aescripts + aeplugins
  • 販売形態:ダウンロード製品

マルチライセンス

  • aescripts + aeplugins製品のを複数ライセンスご購入の場合はお見積りベースでの販売となります。複数ライセンスご購入の場合は、下記リンクよりお問い合わせください。aescripts社製品 マルチライセンス見積りフォーム
  • お見積りベース複数ライセンスをご購入の場合、購入ライセンス分を認証できる1つのシリアルNo.が納品されます。