Save Objects

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
New

制作したアニメーションやマスク、エクスプレッション、キーフレーム補間などをプレビュー付きのプリセットとして保存を実現するAfter Effectsエクステンション

解除

製品概要

Save Objectsは制作したアニメーションやマスク、エクスプレッション、キーフレーム補間などをプレビュー付きのプリセットとしての保存を実現するAfter Effects専用のメディアブラウザです。

例えば制作したテキストアニメーションをプリセットとして保存する場合、テキストレイヤーを選択して保存ボタンをクリックすれば自動でサムネイルが生成されプリセットとして保存されます。保存したプリセットを利用する場合はパネル上のサムネイルをクリックするだけ、瞬時にアニメーションがコンポジションにインポートされます。Save Objectsを利用して仕様頻度の高いものをプリセットとしての保存、チーム内でシェアすることで作業を効率化することができます。

※Save Objectsはテキストプリセットやトランジションなど、各種無料プリセットも搭載します。デモ版として10日間利用できるSave Objectsをお試しください。

プリセットをバックアップする場合、パネル右下のBackupのボタンからプリセットを保存します、保存したプリセットはパネル左下のImportボタンから読み込みます。

BackupとImportを活用することでチーム内でプリセットをシェアしてください。

特徴

ライブプレビューを付けてコンポジションとレイヤーを保存

Save Objectsを利用することでコンポジションやレイヤー群など、プレビュー付きで保存することができます。ファイルの収集方法により、プロジェクトのサイズを自動で削減るだけでなく、フォントも自動で収集します。

➤ コンポジションを保存
➤ レイヤーを保存
➤ 複数のレイヤー群を保存
➤ 収集によりプロジェクトサイズを縮小
➤ フォントを収集

➤ テンプレートのインポート

プリセット保存

エフェクトやプロパティを選択した状態で、Ctrlを押したまま保存ボタンをクリックすることでプリセットとして保存することができます。

➤ レイヤーのプロパティは保存されます。
➤ レイヤーを選択した状態でプリセットをクリックすれば適用することができます。
➤ 保存した各種アイテムをバックアップすれば、別のコンピュータで利用することができます。
➤ 無償のアドオンとして各種プリセットを搭載します。
➤ 外部のテンプレートを読み込みプリセットとして保存することができます。

マーカーを保存
マーカーのあるレイヤーを選択すると、マーカーを保存できます。 また、適用したい場合は、値を変更することができます。 それらのオフセットを定義することもできます。

マスクを保存
マスクプロパティを選択することでマスクを保存することができます。すべての値を変更したり、スケールや回転、オフセットを編集することができます。

キーフレーム補間を保存
ワンクリックでキーフレーム補間を保存することができます。

エクスプレッションを保存
プロパティを選択してCtrlキーを押しながら保存ボタンをクリックすれば、プロパティに適用されたエクスプレッションコードを保存することができます。

Save Objectsはプリセットとして下記のエクスプレッションを収録します。SaveObjectを起動し、Expressionsよりご利用ください。
➤ Blink
➤ Bounce Ball
➤ Bounce Inertial
➤ Bounce Rotation
➤ Bounce Overview
➤ Bounce Scale
➤ Floating Layer
➤ loop
➤ Wiggle on Z
➤ Wiggle Scale Uniform
➤ Wiggle Seamless
➤ Wiggle Simple

JSXコードを保存
Sgiftキーを押しながら保存ボタンをクリックするとコードの保存パネルが開き、jsxコードを保存することができます。この拡張機能には、多くのスクリプトを含む無料のアドオンパッケージが付属しています。

フォントを保存

テキストレイヤーを選択した状態でCtrlを押したまま保存ボタンをクリックすることでフォントを保存することができます。保存したフォントを適用する場合は適用するテキストレイヤーを選択した状態でプリセットをクリックするだけです。

チュートリアル

Save Objects Tutorial for AE

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019 / 2020 / 2021 / 2022
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

manager app経由のインストール

AESCRIPTS社製品 MANAGER APP経由のデモ版インストール方法

aescripts社製品は、プラグインやスクリプトのインストールとライセンス管理ソフト、manager appを利用してデモ版をインストールすることができます。

※manager appの利用にはaescripts + aeplugins 社のアカウントが必須となります。aescripts + aeplugins社 アカウント作成方法をご参照のうえアカウントを作り、manager appをご利用ください。

製品のインストーラーはデモ版と正規版を兼用しています、正規ライセンスの認証を行わない場合デモ版として10日間製品をお試しいただけます。

手動インストール

Save Objects デモ & 正規版 (WINDOWS版とMAC版を兼用)

製品のインストーラーはデモ版と正規版を兼用しています、正規ライセンスの認証を行わない場合デモ版として製品をお試しいただけます。


AESCRIPTS + AEPLUGINS社製品インストール方法

FAQ

製品情報

  • 製品:Save Objects
  • 製品名ヨミ:セーブオブジェクツ
  • 開発:MotionCodes / aescripts + aeplugins
  • 販売形態:ダウンロード製品

マルチライセンス

  • aescripts + aeplugins製品のを複数ライセンスご購入の場合はお見積りベースでの販売となります。複数ライセンスご購入の場合は、下記リンクよりお問い合わせください。aescripts社製品 マルチライセンス見積りフォーム
  • お見積りベース複数ライセンスをご購入の場合、購入ライセンス分を認証できる1つのシリアルNo.が納品されます。

関連製品

  1. loopFlow

    静止画からループ映像の生成を実現するAfter Effectsプラグイン

    • After Effects platform アイコン
  2. Dupli-Kit

    制御可能な複製やプロパティのランダマイズ、アンカーポイントの管理、レイヤーカラーや配置などのカスタマイズ等、ユーティリティツールを搭載するAfter Effectsエクステンション

    • After Effects platform アイコン
  3. Matte Tool 2

    トラックマットの処理やプリコンポーズ&デコンポーズ、レイヤーの統合や分解など、マットとレイヤーを対象とした18種類のユーティリティーツール群を搭載するAfter Effectsエクステンション

    • After Effects platform アイコン
  4. Flow

    アニメーションカーブを活用するワークフローをシンプルに高速化するAfter Effectsエクステンション

    • After Effects platform アイコン