RE:Lens v2

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
    • Final Cut Pro X platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

360度動画のフォーマット変換や歪み補正、色収差補正ツールを収録!超広角レンズで撮影した360度動画制作用総合ツール

解除
* 即納

RE:Vision Effects社製品 ライセンス形態の変更について

2018年12月3日よりRE:Vision Effects社製品のライセンス形態が変更しました。詳しくはRE:Vision Effects社製品 ライセンス形態の変更についてをご参照ください。

製品概要

RE:Vision Effectsの新しいAfter Effects/Premiere Pro専用のプラグイン、RE:Lens は、360度映像のフォーマットを変換や、広角レンズに起因する色収差の補正、レンズの歪み補正、そして映像内に新たにカメラの動き追加など、超広角レンズで撮影した映像を使った360度動画制作や、広角映像を活用する統合ツールです。

RE:Lens に収録するプラグインは8つ。歪みを補正する RE:Lens Defish、歪みを補正してカメラの動きを加える RE:Lens Superfish と RE:Lens Curved Mirrors。フォーマット変換ツールの RE:Lens From LatLong と RE:Lens To LatLong。色収差の補正やスケール、ポジション変更に使える RE:Lens Chromatic Aberration、RE:Lens Set Bounds、RE:Lens Reframe を収録します。

v2 新機能

  • Fisheye to Fisheye : 超広角魚眼レンズ素材をスタビライズして、別の魚眼レンズでの出力が可能に。
  • LatLong to Fisheye : エクイレクタングラーから魚眼(FOVの出力オプション)が可能に。ドーム制作などに最適。
  • LatLong to Little Planet
  • 等立体角魚眼レンズのサポートで2種類のアンディストーションコントロールを搭載。
  • FromLatLongでprojection-adaptive sharpeningオプションが搭載。
  • ToLatLongで180度または360度(インプットとアウトプット)の処理が可能に。
  • ToLatLong、Superfish、FlattenでYディストーションの個別コントロールが可能に。超広角な視野をレンダリングする場合に便利な機能です。

ビデオ

RE:Lens Spherical Stabilization

RE:Lens Tech Demo: Interview setup

360 Virtual Set Overview

RE:Lens Tech Demo: Converting super fisheye footage for use in 360 viewers

RE:Lens Tech Demo: Converting 280° super fisheye to normal lens perspective

RE:Lens Tech Demo: Super Wide Image Aspect Ratio

チュートリアル

Uploading 360 Video to YouTube, Facebook and other players

RE:Lens Working with 360 Virtual Sets

Motion Graphics and RE:Lens

RELens Defish and Superfish

Tracking, Fisheye lenses and RE:Lens

RE:Lens – Stabilizing 360 VR tutorial

RE:Lens Project example - Tips and Tricks

Using 360 Video as a second camera

Setting up our plug-ins in Scratch when input and output resolution are different

RE:Lens - Advanced Stabilization Tips

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2017 / CC2018 / CC2019
  • Premiere Pro CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ハードウェア
  • 1GB以上のVRAMを搭載したGPUの搭載
  • OpenCL 1.1をサポートしたGPUドライバー

※対応OSの詳細環境は、使用するホストアプリケーションの各バージョンの仕様をご参照ください。
※Mac OS 10.8 以降を推奨します。10.8 のOpenCLドライバーは安定しており、10.7 に比べ、最大30%高速です。
※500MBのVRAM搭載のGPUはサポート対象外となります。
※Mac OS 10.7 以降をご利用の際は、GPUドライバーは OpenCL1.1 をサポートしています。

ダウンロード

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:RE:Lens  v2
  • 製品名ヨミ:リレンズ v2
  • 開発:RE:Vision Effects
  • インターフェイス:英語
  • マニュアル:英語
  • 販売形態:ダウンロード製品

RE:Vision Effects社 Floating 製品を既に使用されていて、フローティングライセンスを追加する場合のご注意

既にRE:Vision Effects社 フローティングライセンスを運用されているサーバに新規の フローティングライセンスを追加される場合、一製品は、一バージョンとなります。一製品は、異なるバージョンを共存できません。
もし既にある一製品の旧バージョンを運用されているサーバに、同一製品の新バージョンを追加される場合は、新バージョンを旧バージョンにダウングレードするか旧バージョンのアップグレードされるかをご検討ください。
ライセンス内容について明確でない場合は、ご発注の前に、弊社まで運用中の .lic のライセンスファイルをお送りください。確認をしてご返答申し上げます。

購入前のお問い合わせ