ReelSmart Motion Blur v6

実写映像や3DCGの動きを自動検出しモーションブラーを後付け!ピクセル単位のトラッキングによる高速モーションブラープラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
    • Final Cut Pro X platform アイコン
    • Avid Media Composer platform アイコン
    • Nuke platform アイコン
    • OFX platform アイコン
    • DaVinci Resolve platform アイコン
    • Autodesk Flame platform アイコン
    • Autodesk Smoke platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
    • Linux operating-system アイコン
解除

RE:Vision Effects社製品 ライセンス形態の変更について

2018年12月3日よりRE:Vision Effects社製品のライセンス形態が変更しました。詳しくはRE:Vision Effects社製品 ライセンス形態の変更についてをご参照ください。

製品概要

製品概要

ReelSmart Motion Blur (RSMB) は、撮影済みの実写映像や、3DCGアニメーションの動きのある部分に、自然なモーションブラーを後付けする映像アプリケーション用のプラグインです。

RSMB のアルゴリズムは、シーケンスの連続した2フレーム (最初のフレームから次のフレーム) の動きをピクセル単位のトラッキングによって解析し、その動きの計算をもとにブラーを適用します。このフレーム間のオブジェクトのモーションを自動的に検出する Proprietary Tracking Technology (プロプライエタリ トラッキング テクノロジー) によって、マスク等の処理がない映像素材でも、動画全体の中から動きがある部分だけにブラー効果を掛けることが可能になります。

例えば、3DCGソフトで作成したアニメーションにモーションブラーを追加するには、コンポジットのプロセスで、このリアルでレンダリング処理が高速な RSMB を使うのが非常に有効です。モーションブラーの後付けは、3DCGアニメーションの作業時間の短縮にも役立ちます。

rev_rsmb_video_01

実写映像では、ストップモーションアニメーションや、ビデオ素材に映画のフィルムのような効果を適用する場合、抜けのよいキーを取得するために速いシャッタースピードで撮影したクロマキーの収録素材にモーションブラーを再追加するといったシチュエーションなどで大変便利なツールです。

対応する映像アプリケーションは、After Effects、Premiere Pro、Final Cut Pro、Motion、Media Composer、Vegas Pro、Nuke など、主要なデスクトップの環境を網羅。ホストアプリ標準搭載の機能に比べ、高速処理で高品質なモーションブラーを提供します。

GPUレンダリングにも対応。ハイエンドのグラフィックスカードを搭載した最新のマシン環境であれば、CPUモードでのレンダリングに比べ、処理速度は最大4倍になります。

最新のバージョン6では、360度動画をサポート。スティッチの繋ぎ目を考慮したモーションブラーの適用が可能になりました。

rev_rsmb_video_02

また ReelSmart Motion Blur は、スタンダード版と、Pro版をラインナップ。共に8&16ビットをサポートします。

Pro版の利点の一つが、RSMB Pro Vectors です。3DCGソフトなどでアニメーションを作る際に、同時に生成したモーションベクターのデータから、より精度の高いモーションブラーをつけることができます。更に、マスクによる前景と背景の分離、及び最大12個のトラッキングポイントを追加して、素材自体のモーションにとらわれないモーションブラーを適用することも可能です。

ホストアプリ標準のモーションブラーよりも高速で高品位な ReelSmart Motion Blur をぜひお試しください。

ビデオ

William Hill World Cup 2010 Ad

MXM COM

Visual Sound [Heaven Is Burning Pt.1] 2011 Update (from David Bryan)

Box emitter

バージョン6 新機能

バージョン6 新機能
  • 360度動画サポート
    スティッチの繋ぎ目を考慮したモーションブラーの適用が可能になりました。 360度動画に適用する場合は、Track Settings内の 360 Video にチェックを入れます。
  • Track RGB+A
    キーイング素材やCGなど、アルファチャンネルを使用したマスキング素材に有効 です。Track RGB+A にチェックを入れることでアルファを考慮したトラッキングが可能になり、より自然なモーションブラーを実現します。
  • Delinearize
    RSMBを適用する映像がリニアカラーの場合、Track Enhance を None から Delinearize にすることでより良い結果を得ることができます。
  • フローティングポイントサポート
    ReelSmart Motion Blur 5 から追加された After Effects版のフローティングポイント対応に加え、Premiere Pro フローティングポイント対応が加わりました。

主な機能(Pro版、及び スタンダード版)

主な機能(Pro版、及び スタンダード版)
  • シーケンスの連続した2フレーム (最初のフレームから次のフレーム) の動きをピクセル単位のトラッキングにより自動解析
  • モーションブラーの量の調節【Blur Amount】
  • モーションを検出するシーケンスの任意指定【Alt Motion Src】
  • トラックするピクセル範囲の制限【Motion Sensitivity】
  • GPUレンダリング【Use GPU】
  • モーションブラーの除去【Blur Amount の量をマイナスに調整】
  • チャンネル単位の16ビット処理に対応
  • ハイダイナミックレンジ(HDR、フローティングポイント)イメージへの対応(HDRへの対応により、幅広い色の表現を実現。より自然に近いイメージに仕上げられます)

主な機能(Pro版のみ)

主な機能(Pro版のみ)

指定のマスクによる前景と背景の分離【FG Settings】
ReelSmart Motion Blur Pro は、マスクを指定することにより、前景と背景の物体を別々にトラッキングできます。この処理によって ReelSmart Motion Blur シーケンス上での背景と前景の不自然なワーピングを防げることができます。
(ReelSmart Motion Blur 自体にはマスクの作成機能は付属していません。指定のマスクを利用した前景と背景の分離は、あらかじめ用意されたマスクを読み込み、そのマスクの部分のみに ReelSmart Motion Blur を適用できるというものとなります。一つのビデオから背景と人物を分けられる場合は、例えば After Effects のロトブラシを使ったロトスコーピングや Mocha Pro などで別途マスクを作成されるようお願い致します)

最大12のトラッキングポイントの指定の対応【Track Points】
ReelSmart Motion Blur Pro では、モーション評価法(動きを予測する機能)をより正確に処理する為、最大12コまでのトラッキングポイントを指定することが可能です。
それぞれのフレームに指定した各トラッキングポイントは、ホストアプリケーションのポイントトラッキング機能を使って、フレームからフレームへのポジショニングを行います。

モーションベクター読み込み【RSMB Vectors】(After Effects版のみ)
他の3Dシステムで作成したモーションベクターを ReelSmart Motion Blur に読込み、素材のムービーに任意のベクトル・イメージ(動きの量や方向のデータ)を 指定して、モーションブラーをコントロールできます。(After Effects 版のみ、16ビット以上で対応)

チュートリアル

Beginning 101 Tutorial: Reel Smart Motion Blur

RSMB or RSMB Pro Vectors

Use ReelSmart Motion Blur in After Effects

Motion Blur Promo

対応ホストアプリケーション

プロ版とスタンダード版により対応ホストアプリケーションが異なりますので以下の表をご参照ください。尚、プロ版のライセンスでスタンダード版を認証いただけます。

After Effects Catalyst Edit DaVinci Resolve Final Cut Pro Flame Fusion Studio HitFilm Media Composer Motion
スタンダード版
プロ版
Movie Studio Natron Nucoda Nuke Premiere Pro Scratch Smoke Silhouette Vegas Pro
スタンダード版
プロ版

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
  • Premiere Pro CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ハードウェア
  • 1GB以上のVRAMを搭載したGPUの搭載
  • OpenCL 1.1をサポートしたGPUドライバー

※対応OSの詳細環境は、使用するホストアプリケーションの各バージョンの仕様をご参照ください。
※Mac OS 10.8 以降を推奨します。10.8 のOpenCLドライバーは安定しており、10.7 に比べ、最大30%高速です。
※500MBのVRAM搭載のGPUはサポート対象外となります。
※Mac OS 10.7 以降をご利用の際は、GPUドライバーは OpenCL1.1 をサポートしています。

ダウンロード

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

FAQ

製品情報

  • 製品:ReelSmart Motion Blur 6
  • 製品名ヨミ:リールスマート モーションブラー 6
  • 開発:RE:Vision Effects
  • 販売形態:ダウンロード製品