Workflower

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

コンポジション内のレイヤーグループ作成や選択したレイヤーのみ影響する調整レイヤーの生成、レイヤーのクローン、マットのマージなどAfter Effectsのワークフローを強化するスクリプト

解除

製品概要

Workflowerはコンポジション内のレイヤーグループ作成や選択したレイヤーのみ影響する調整レイヤーの生成、レイヤーのクローン、マットのマージなどAfter Effectsのワークフローを強化するスクリプトです。

煩雑なコンポジションでの悩みを解決するためWorkflowerは開発されました。搭載する機能は実際にアーティストが直面した問題を解決するツールとなり、例えばコンポジション上でのレイヤーグループの作成や指定したレイヤーのみに影響する調整レイヤーの生成、マットのマージなど、コンポジションをクリーンに保ちよりスムーズなワークフローを実現するためのツールを搭載します。

例えばレイヤーグループを生成する場合、グループに含むレイヤーを選択した状態でファイル > スクリプト > —workflower—.jsxbinを起動します。起動したパネルのCreate Group(フォルダアイコン)をクリックし、グループネームを入力してCreateをクリックすることでグループの生成は完了です。

レイヤーグループを生成

Workflowerを利用することでコンポジション内にレイヤーグループを生成することができます。次のプロジェクトからWorkflowerを利用して煩雑なコンポジションを整理する準備をしてください。グループ作成以外にも様々な機能があります。

Create Groups & Sub-Groups


Parent Group Layers


Duplicate Groups

Collapse & Expand Groups


Disable, Solo & Lock Groups


Create Group Mattes

Select & Move Groups


Relabel Groups

選択したレイヤーのみ影響する調整レイヤーの生成

なぜ特定のレイヤーだけに調整レイヤーを適用できないのか疑問に思ったことはありませんか?Workflowerを利用すれば選択したレイヤーのみ影響する調整レイヤーを生成することができます。

使い方は簡単、レイヤー群を選択してファイル > スクリプト > —workflower—.jsxbinからWorkflowerを起動します。続いてパネル上のCreate Linked Adjustment Layerボタンをクリックして調整レイヤーを生成します。エフェクトなどを調整レイヤーに適用し、Refresh Connections(Windowsの場合はCtrl+Alt+Q、Macの場合はControl+Q)すれば適用結果を確認することができます。

エフェクトを適用
Workflowerはエフェクトを適用することができる調整レイヤーを作成します。選択したレイヤー群はエクスプレッションで調整レイヤーとリンクしているため、選択したレイヤー群にもにエフェクトが適用されます。


複数の調整レイヤーを使用します。 リンクされたレイヤーのさまざまな変換を考慮して、エフェクトのプロパティをコンプサイズに変換します。 作業が終了したら、すべてのプロパティのリンクを解除します。

アップデート
エフェクトの新規追加やエフェクト順の変更、新しいレイヤーを調整レイヤーにリンクした場合は、Refresh Connections (Windowsの場合はCtrl+Alt+Q、Macの場合はControl+Q)してアップデートしてください。

すべてがリンクされています
生成した調整レイヤーのエフェクトコントロールにAdjustment Layer Opacityがあります。この%を調整して調整レイヤー上のエフェクトの不透明ををカスタマイズすることができます。

クローン & プリコンポーズ

例えばライトラップを作成するために別のレイヤーを参照したり、マット生成する場合にプリコンポーズを行います。しかしコンポジションカメラはどうですか?またはレイヤーの親子関係?エフェクトによって参照されるその他のレイヤーはどうなりますか?クローンとプリコンプを利用すればすべて解決です。

クローン
Clone&Precompは選択したすべてのレイヤー(またはグループ全体)をプリコンポーズして、エクスプレッションを利用してレイヤーをソースレイヤーにリンクします。エフェクトによって参照される親やカメラ、ライト、レイヤーもコピーされます。

Refresh Connections
エフェクトの追加や親子関係の変更、ブレンドモード、モーションブラーの有効化など、リンクできない要素を変更する場合は、Refresh Connections(Windowsの場合はCtrl+Alt+Q、Macの場合はControl+Q)で更新する必要があります。

Prime Clones
PrimeCloneでは含まれているすべてのソースレイヤーが0%の不透明度に設定され、対応するクローンレイヤーは元の不透明度を継承します。これによりプリコンプレイヤーにエフェクトを適用して内部のレイヤーで作業を続けることができますが、プリコンプ内での作業とは異なり編集結果はプリコンプレイヤーに表示されます。 Show Clone Layersを実行すると、実際のレイヤーを再度表示することもできます。

アンリンク
プリコンポーズクローンでの作業が完了したらすべてのレイヤーのリンクを解除できます。これによりエクスプレッションが削除され、AfterEffectsが非常に高速になります。

Create & Merge Mattes

複数のマットを一括で利用したい場合やレイヤーの真上にないレイヤーをマットとして利用したい場合はSet Matteを利用します。例えばマットレイヤーでトランスフォーム利用してる場合は問題になります、そのためWorkflowerはマット用のさまざまなツールを提供します。

Create
選択したレイヤーに空のトラックマットをすばやく作成できます。一度に複数のレイヤーにマットを作成することもできます。

Merge
複数のトラックマットをマージする機能です。コンプサイズが不均一であったりコラップストランスフォームが有効になっていない場合はプリコンポーズのクローンが生成されます。これにより、コンポジションのサイズに合わせて変換が正しく設定されます。

Modify
エフェクトはマージされたマットごとに計算されるため、ブレンドモードや不透明度、マットを適用する順番を簡単に変更することができます。

ショートカット

Workflowerのパネルを起動してレイヤーグループの作成や調整レイヤーの生成などを行うことができますが、ショートカットからも行うことができます。

After Effectsを管理者として起動し、ファイル > スクリプト > —workflower—.jsxbinからパネルを起動します。キーボードのShiftを押して設定アイコンをキーボードアイコンに切り替えてキーボードショートカット一覧を起動します。

※OS言語が英語以外の場合、すべてのショートカットが表示されないことがあります。ショートカットが利用できない場合、Workflowerパネルを起動してアイコンボタンから操作を行ってください。

デフォルトショートカット

Workflowerを利用するコンピューターのOSが日本語の場合、一部ショートカットが動作しないバグが報告されています。開発者からはAdobe側のバグのため、スクリプト側で回避できないとの回答を得ております。

ショートカットリストにある()のないショートカットキーは検証環境で動作の確認ができたショートカット、()のあるショートカットキーは動作の確認ができなかったデフォルトのショートカットキーとなります。

ショートカットキーが利用できない機能を利用する場合はAfter Effectsのメニュー > ファイル > スクリプト > —workflower—.jsxbin、もしくはからMain ManuのショートカットからWorkflowerのパネルを起動し、アイコンから操作するようお願いします。


メイン Windows macOS
Main Menu Ctrl+Alt+X macControl+X
Settings (Ctrl+Alt+F1)
Keyboard Shortcuts (Ctrl+Alt+F2)
Refresh Layout Shift+Z Shift+Z
Toggle Non-Indented (Shift+I)
Toggle Expression Mode (Shift+O)
Refresh Connections Ctrl+Alt+Q macControl+Q
Quick Refresh Connections Alt+F2 macControl+2
Add Layer References Ctrl+Alt+Shift+I macControl+I
Link / Unlink Properties (Ctrl+Alt+Shift+0)
グループ Windows macOS
Create Group Shift+F1 macControl+1
Expand / Collapse Group Shift+X Shift+X
Select Group Shift+D Shift+D
Duplicate Group (Ctrl+Alt+Shift+M)
Ungroup Layers (Shift+H)
Dissolve Group (Ctrl+Shift+FwdDel)
Parent Layers to Group (Shift+J)
Set Parent Exception Layer (Shift+K)
Enable / Disable Group Shift+B Shift+B
Solo Group Ctrl+Alt+D macControl+D
Lock Group
レイヤー Windows macOS
Create Matte Ctrl+Alt+Z macControl+Z
Merge Mattes (Ctrl+Alt+Shift+Z)
Clone and Precomp Ctrl+Alt+Shift+W macControl+W
Clone in Comp Shift+N Shift+N
Show Clone Layers (Ctrl+Shift+Return) (macControl+Return)
Linked Adjustment Layer (Ctrl+Alt+.)
Matted Adjustment Layer
Rename Layer/s (Shift+Return) (Shift+Return)
Relabel Layer/s (Ctrl+Shift+Space) (Option+Space)
Store Layers 1 (Ctrl+Shift+6) (Shift+macControl+6)
Store Layers 2 (Ctrl+Shift+7)
Store Layers 3 (Ctrl+Shift+8)
Store Layers 4
Paste Stored Layers 1 (Ctrl+Alt+6) (macControl+6)
Paste Stored Layers 2 (Ctrl+Alt+7)
Paste Stored Layers 3 (Ctrl+Alt+8)
Paste Stored Layers 4
Delete Layer / Clone / Group (Shift+FwdDel) (Shift+Delete)
Reveal Layer Opacity (Alt+F1) (macControl+3)

パネル

日本語環境での注意点

キーボードレイアウトプリセットのファイル名が日本語の場合はスクリプトが起動しません。日本語版 After Effectsの初期設定は「カスタム.txt」のため、下記の手順でキーボードレイアウトプリセット名を変更してください。

① After Effectsを起動して編集 > キーボードショートカットからキーボードショートカットを起動します。
② 別名で保存…をクリックしてプリセット名入力ウィンドウを起動、カスタム.txtのカスタムを半角英数に変更てOKをクリックします。
③ キーボードレイアウトプリセットで選択されているプリセット名が半角英数.txtであることを確認します。
④ キーボードショートカット右下のOKをクリックして設定を保存します。

チュートリアル

Workflower for After Effects Tutorial 1: Overview

Workflower for After Effects Tutorial 2: Installation

Workflower for After Effects Tutorial 3: Groups, Renaming & Relabeling

Workflower for After Effects Tutorial 4: Precomp Clones & Clones in Comp

Workflower for After Effects Tutorial 5: Creating & Merging Mattes

Workflower for After Effects Tutorial 6: Adjustment Layers & Storing Layers

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2018 / CC2019 / 2020 / 2021 / 2022
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

Workflower デモ & 正規版 (WINDOWS版とMAC版を兼用)

製品のインストーラーはデモ版と正規版を兼用しています、正規ライセンスの認証を行わない場合デモ版としてお試しいただけます。

FAQ

製品情報

  • 製品:Workflower
  • 製品名ヨミ:パス ビジュアライザー
  • 開発:Constantin Maier / aescripts + aeplugins
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:英語

マルチライセンス

  • aescripts + aeplugins製品のを複数ライセンスご購入の場合はお見積りベースでの販売となります。複数ライセンスご購入の場合は、下記リンクよりお問い合わせください。aescripts社製品 マルチライセンス見積りフォーム
  • お見積りベース複数ライセンスをご購入の場合、購入ライセンス分を認証できる1つのシリアルNo.が納品されます。

関連製品

  1. MaskTracker+

    “マスクをトラック”機能を強化するAfter Effectsスクリプト

    • After Effects platform アイコン
  2. Free

    Vizual PixelPerfect

    無償で使えるAfter Effects & Premiere Pro対応のアップコンバートプラグイン

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  3. Labels 3

    ワンクリックでラベルカラーを設定、After Effectsでのアセット管理を効率化するスクリプト

    • After Effects platform アイコン
  4. Ray Dynamic Color 2

    After Effects専用のカラーパレットツール

    • After Effects platform アイコン