Boris Continuum 2021 Magic Sharp Filter

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
    • Final Cut Pro X platform アイコン
    • Avid Media Composer platform アイコン
    • OFX platform アイコン
    • DaVinci Resolve platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

映像にシャープネスを加えてディテールを出すプラグイン

解除

主な機能

  • 複数の処理で画像をシャープに
  • 不自然な光輪を発生せずにソースの細かなコントラストを強調
  • ルミナンス、クロミナンスおよびRGBを含む個々のチャンネルのシャープネスをコントロール
  • ハイライト、ミッドトーンおよびシャドウ領域のシャープネスをコントロール
  • Mochaのマスキングとトラッキング機能を搭載
  • NVIDIA、AMDのビデオカードでのハードウェアアクセラレーションに対応
  • 単一ライセンスで異なる対応ホストアプリケーションで使用可能 (同一マシンに限る)
Boris_MagicSharp-CompareMode

INTEGRATED COMPARE MODE / 統合比較モード

この便利な機能を使用すると、フィルタのオン/オフを切り替えることなく、フィルタされた結果をフィルタされていないソースショットの横に表示することができ、パラメーターを微調整する時にとても便利な方法です。

Boris_MagicSharp-NoiseSuppression

NOISE SUPPRESSION OPTION / ノイズ抑制オプション

ディテールのコントラストを強調する必要があるとき、強い圧縮やノイズが多い場合は、ノイズ抑制コントロールを使用して、イメージのディテールをシャープにしながら、ソースクリップのノイズや粒子を増加させないように制御することができます。

Boris_MagicSharp-DetailTuning

DETAIL TUNING GROUP / ディティールチューニンググループ

Magic Sharpでは、4つの異なるサイズの口径設定で適用されるシャープネスのレベルを制御できるため、人間の皮膚の毛や毛穴などの非常に細かいディテールでシャープネスを高めることができ、平坦なサーフェスなど、より大きな領域に関連するシャープネスのレベルを下げることができます。

Boris_MagicSharp-ChannelTuning

CHANNEL TUNING GROUP / チャンネルチューニンググループ

場合によっては、クロマチャンネルではなくルミナンスチャンネルでディテールを強調した方がより良い結果になることもあります。また、レッドとグリーンのチャンネルのシャープネスを上げ、ブルーのチャンネルのシャープネスを上げたくない場合もあります。
Magic Sharpは、ルミナンス、クロミナンス、レッド、グリーン、ブルーといった個々のチャンネルのシャープネスの量を制御する機能を搭載しています。

Boris_MagicSharp-RangeTuning

RANGE TUNING GROUP / レンジチューニンググループ

ライトノイズの少ないショットを操作している場合は、範囲調整グループのコントロールを使用して、ハイライトまたは中間トーンのシャープのレベルを上げながら、イメージのシャドウ領域をシャープにするフィルタを抑制することができます。
ハイライト、中間トーンおよびシャドウの領域を個別に定義および制御して、フィルタされたソースに基づいてフィルタ処理をカスタマイズすることができます。

Boris_MagicSharp-ReduceGrit

REDUCE GRIT OPTION / グリット・オプションの削減

この便利な機能を使用すると、ハイライトのディテールとノイズを区別するのが難しい領域からイメージをシャープに戻すことができます。その結果、ノイズが抑制されたり無視されたりするのではなく、意図せずに強調されます。

Boris_MagicSharp-Mocha

INTEGRATED PIXEL CHOOSER WITH MOCHA / モカと一体化したピクセルチューザー

Continuum製品のほとんどのフィルタと同様に、Magic SharpフィルタにはPixelChooserマットとマスキングシステムが含まれており、統合されたMochaの平面トラッキングおよびマスキングを使用して、イメージの特定の領域に対するシャープ化をさらに分離することができます。
例えば、モカのマスキングとトラッキングを使用して分離マスクを生成し、肌を保護しながらMagic Sharpフィルタを対象の目に適用することができます。

チュートリアル

Continuum Magic Sharp Filter for Adobe Premiere

Continuum Magic Sharp Filter for Adobe After Effects

Continuum Magic Sharp Filter for Avid Media Composer

Continuum Magic Sharp Filter for Blackmagic Davinci Resolve

動作環境

アプリケーション
  • Adobe After Effects CC2017 / CC2018 / CC2019 / CC2020 / CC2021
  • Adobe Premiere Pro CC2017 / CC2018 / CC2019 / CC2020 / CC2021
OS
  • Windows 8 x64 / Windows 10 x64
  • macOSX 10.13 / 10.14 / 10.15

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

ダウンロード

デモ&正規版ダウンロード

【Boris Continuum 2021 Adobe】<Win> デモ&正規版
【Boris Continuum 2021 Adobe】<MAC> デモ&正規版

Boris Continuum Magic Sharp Filter のインストーラーは、Boris Continuum Complete のインストーラーを兼用しています。

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:Boris Continuum 2021 Magic Sharp Filter
  • 製品名ヨミ:ボリス コンチナウム 2021 マジックシャープ フィルタ
  • 開発:BorisFX
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:英語マニュアル

ライセンス利用規約

BorisFX 社製品は、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です)