フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

Trapcode 3D Stroke 2.6

ベジェ曲線から3Dのラインアニメーションを作成してダイナミックな光のストロークラインを生成するAfter Effectsプラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

3D Stroke は、パスを使ってストロークラインを生成し、3D空間で自在な操作を実現するAfter Effectsプラグインです。

ストーロークのコントロールにはコンポジションカメラをサポートするため、3D空間でのモーションデザインが可能になります。また、ストロークの始点と終点は、キーフレームが設定できる「Start」と「End」のスライダーでアニーメーションをコントロール、もちろんストロークの太さの調整も自在です。3D変換を適用している各インスタンスのストロークを繰り返すことができるリピーター機能や、動きの速いストロークをスムーズなアニメーションに見せるモーションブラー、ひとつのレイヤーにエフェクトを重ねることができる Transfer Modes、ストロークの後端を先細りにできる Taper 制御などを装備しています。

ビデオ

DeMontfort Commercial “Jimmy” HD

Traffic streaks

Newton + Trapcode 3D stroke

Alphabet F

After Effects based line art Book trailer

Laboratoire vidéo et 3D Comète - #4

チュートリアル

GETTING STARTED WITH TRAPCODE 3D STROKE

Creating Light Effects with Trapcode 3D Stroke

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
  • Premiere Pro CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows(64bit版のみ) 7(SP1以降) / 8 / 8.1 / 10
  • Mac 10.10 / 10.11 / 10.12 / 10.13 / 10.14

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

ハードウェア
  • 4GB 以上のメモリ
  • 30MB 以上のHDD空き容量
必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

製品のインストーラーは、デモ版と正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:Trapcode 3D Stroke
  • 製品名ヨミ:トラップコード スリーディーストローク
  • 開発:Red Giant
  • インターフェイス:英語
  • マニュアル:日本語(購入者のみ閲覧可)
  • 販売形態:ダウンロード製品

ライセンス利用規約

Red Giant / Trapcode 社製品は、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です)
インストールは、1ライセンスにつき、2台のコンピューター (※注1) に行えますが、2台のマシンで同時に使用することは許可されておりません。(ボリュームライセンスプログラムを除きます)
(注1:デスクトップ、ノートパソコン、OSの組み合わせは自由です)