PluralEyes 4

パラ収録した複数の画と音を自動シンクロする映像音声同期ソフト

  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

PluralEyes は、ビデオカメラで収録したムービーのオーディオと、オーディオ機器で別録りしたオーディオを、ワンクリックで解析し自動同期させて、編集ソフト対応のタイムラインを即座に作成するスタンドアローンの映像音声同期ソフトウェアです。

操作は簡単。同期させたい全ての映像&音声素材を PluralEyes に読み込み、Synchronize ボタンをクリックするだけ!瞬時に、複数の映像&音声ファイルを同期したタイムラインを作成します。しかも全ては自動処理です。オーディオの波形を解析するため、収録素材のカチンコやタイムコードは、一切必要ありません。

また Premiere Pro、Final Cut Pro、SonyVegas Pro、EDIUS Pro と主な編集アプリケーションのタイムラインシークエンスのインポート、エクスポートに対応。同期させたタイムラインを出力し、お好みの環境にて、同期させたビデオとオーディオクリップを元に即座に編集作業に入ることができます。

最新のバージョン4では、Windows 版でAVCHD プレイバックを、Win/Mac版で Spannedクリップをサポート。アルゴリズムの改善により同期がより正確になり、処理スピードも向上しました。更に長尺のビデオの同期に際し、ビデオとオーディオのズレを自動修正する機能が追加されました。

何台もの機器でパラ収録した複数の映像と音声ファイルを、手動で合わせることを想像してください。PluralEyes が、そんな気の遠くなりそうな作業から完全に解放してくれます!デジタルシネマカメラ、Canon 5Dや7DなどのHDSLR(HD動画対応デジタル一眼レフカメラ)、マルチカメラ撮影などでの映像&音声同期を瞬時に解決する PluralEyes をぜひご活用ください!

ビデオ

PluralEyes 4 製品解説

PluralEyes 4 - EDIUS Pro 8での使用方法 -

主な機能

主な機能

Premiere Pro パネル

Premiere Pro のエクステンションから PluralEyes 4 を起動、エクステンションパネル上で映像とオーディオのシンクが可能になりました。

redgiant_pluraleyes_feature_002

ウェーブフォームスケール

オーディオファイルの波形のスケーリング機能が追加されました。これにより、より詳細なシンク結果の確認が可能になりました。

redgiant_pluraleyes_feature_003

スマートスタート

シンクするすべての映像とオーディオを PluralEyes 4 にドラッグして Syncronize をクリックすると、PluralEyes 4 が収録デバイスごとにレイヤーで分類します。

redgiant_pluraleyes_feature_004

調整必要な箇所のフィードバック

フッテージが同期される処理が見えます。色分けされたビジュアルがフッテージのステータスを表示するので、同期処理した後に、調整が必要な箇所がすぐに確認できます。

redgiant_pluraleyes_feature_008

クリップのミスマッチを補正

尺の長いクリップでは、映像とオーディオが完全にシンクしない現象が発生することがあります。PluralEyes 4 は、オーディオドリフトが検知された場合に自動で補正して完全なシンクを提供します。

redgiant_pluraleyes_feature_005

業界最速の同期機能

アルゴリズムの改善により、同期がより正確になりました。また、処理スピードも向上しました。PluralEyes は、業界最速且つ正確な映像音声同期を提供します。

redgiant_pluraleyes_feature_006

OFFLOAD との連携

OFFLOAD で新規追加された素材を検知し、PluralEyes 4 にインポートすることができます。

redgiant_pluraleyes_feature_007
ショートカット

PluralEyes 4 で Premiere Pro と同一のショートカットを搭載したことで、ストレスのない操作を実現します。

チュートリアル

PluralEyes 4.1 - Music Video Workflow

Getting Started with PluralEyes 4.0 in Premiere Pro

Getting Started with PluralEyes 4.0 in FCPX

Getting Started with PluralEyes 4.0 in Sony Vegas

Getting Started with PluralEyes 4.0: Standalone App

PluralEyes 3.5チュートリアル 機能紹介篇

映像と音声別収録のドラマ素材を使い、PluralEyes 3.5 へのファイルのインポートから同期方法、同期した映像と音声を Premiere Pro にインポートするまでのワークフローを紹介します。解説:映像寿司

PluralEyes 3.5チュートリアル Premiere Proとの連携篇

映像と音声別収録のドラマ素材を使い、Premiere Pro のタイムラインをそのまま PluralEyes 3.5 にインポートし、同期させたタイムラインを Premire Pro に再現するワークフローを紹介します。解説:映像寿司

PluralEyes 3.5チュートリアル Final Cut Pro Xとの連携

ミュージッククリップ用に収録した映像とマスター楽曲を PluralEyes 3.5 で 同期させ、Final Cut Pro X のタイムラインに再現するワークフローを紹介します。こちらのビデオでは、PluralEyes 3.5 に Final Cut Pro X のXMLファイルをインポートし、映像と音声を自動同期させたタイムラインを、XMLを使って Final Cut Pro X に再現までを解説します。解説:映像寿司

動作環境

OS
  • Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (全て64-bitのみ対応)

※PluralEyes は、スタンドアローンアプリケーションです。プラグインではありません。

対応メディアファイル

ビデオ ファイルタイプ
  • WMV
  • 3GPP
  • 3GPP2
  • AVI
  • MXF (Codec Dependent)**
  • MP4
  • MOV, QT
  • M2T
  • MTS
  • M2TS
  • R3D*

* オーディオの同期は可能ですが、ビデオプレビューができません。
** Avid DNxHD MXF ファイルのオーディオの同期は可能ですが、ビデオプレビューができません。

ビデオ コーデック
  • AVCHD
  • DV
  • H.264
  • HDV
  • MJPEG
  • ProRes
  • WMV
  • XDCAM*
  • EX/HD/HD422*

* オーディオの同期は可能ですが、ビデオプレビューができません。

オーディオ ファイルタイプ
  • AAC
  • AC-3
  • AIFF
  • M4A
  • MP3
  • WAV
  • WMA
ご注意

上記は、PluralEyes が対応するメディアファイル、コーデックです。
使用されるアプリケーション側で未対応のメディアファイル、コーデックは、使用できませんのでご注意ください。

※編集ソフトのインポートに対応するファイル形式については、各編集ソフトの仕様をご参照ください。
参考:Adobe Premiere Pro CC 読み込み対応フォーマット
参考:Final Cut Pro X:サポートされているメディア形式

ダウンロード

【Shooter Suite 13】<Win> デモ&正規版
【Shooter Suite 13】<Mac> デモ&正規版

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:PluralEyes 4
  • 製品名ヨミ:プルーラルアイズ 4
  • 開発:Red Giant
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:英語のみ

ライセンス利用規約

Red Giant / Trapcode 社製品は、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です)
インストールは、1ライセンスにつき、2台のコンピューター (※注1) に行えますが、2台のマシンで同時に使用することは許可されておりません。(ボリュームライセンスプログラムを除きます)
(注1:デスクトップ、ノートパソコン、OSの組み合わせは自由です)