RX 8

  • 対応プラットフォーム
    • Premiere Pro platform アイコン
    • EDIUS Pro platform アイコン
    • DaVinci Resolve platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

業界標準のオーディオリペアツール

解除

製品概要

RX 8 は、ポストプロダクションのプロの高いニーズに応えるための機能が多く搭載された、映画、テレビ、アニメやゲーム業界の音の仕事には欠かせない存在です。

最先端のシグナル処理技術と機械学習による進歩を続け、かつては不可能とされていた処理をも実現し続けている RX は、世界中のトッププロから信頼されている究極のノイズ除去・オーディオリペアツールです。

RX 8 は予算とポスプロ作業のニーズに応じて、全3種類のエディション Elements、Standard、Advanced がラインナップしています。

主な機能

ギターノイズを自由自在にコントロール

Guitar De-noiseは、ギター演奏時に発生する3種類のノイズをコントロールする事ができます。アンプのハムノイズ、指が弦をこするノイズ、ピッキングのノイズを数秒で除去し、聴きやすい演奏を作り上げることができます。

圧縮された音声を明瞭に復元

Spectral Recoveryは4kHz以上の情報を再現し、インターネットを介した圧縮音声オーディオをクリアで聞き取りやすい録音へと修正します。ビデオ通話など、ストリーミングプロセス中に除去された高周波数成分を自動的に生成し、明瞭度の高いサウンドに復元します。

一瞬でラウドネスを調整

Loudness Controlを使えば世界中の放送曲、ストリーミングサイトで採用されているラウドネス基準に準拠しているか、僅かな時間で確認する事ができます。多数のラウドネス基準プリセットが用意されており、そこから選んでレンダリングボタンを押すだけで、準拠したデータが数秒で出来上がります。最終納品に向けたレベル、ラウドネス管理に最適です。

ワウ・フラッターを一瞬で修正

Wow & Flutterは、レコードやテープのような物理的な録音におけるピッチの揺らぎを修正します。

進化したMusic Rebalance

Music Rebalanceは完成済みのミックスの中からボーカル、ベース、打楽器とその他の楽器を特定し、それぞれに音量変更を加えるソース分離機能です。RX 8に搭載されたMusic Rebalanceは、更なる膨大なデータを機械学習する事により、ソース分離のアルゴリズムがRX 7に比べ飛躍的に向上しました。分離精度が一番低いセッティングであっても、RX 7での最良設定を凌駕する精度を誇ります。ソロボタンの追加、Separateボタンによる4パートのエクスポートなど、更に使い勝手も向上しています。

複数のファイルを短時間で同時処理

デザイン、仕様が新しくなった Batch Processor はファイルリストにチャンネル数、ビットレート、サンプルレート、尺が表示されるようになり、複数のオーディオファイルを一度に処理、エクスポート可能です。ラウドネス基準を変更したり、ダイアログの一括ノイズ除去など、処理したい波形が数百、数千あっても全て同じ設定で自動処理を行ってくれます。RX 8ではモジュールチェインにリサンプルが追加。複数のファイル形式の同時書き出しに対応し、納品データと試聴データを同時に書き出すという事も可能になりました。

Repair Assistant ーわずか数秒でノイズを消去ー

ポスプロの作業は常に時間との勝負です。リペア・アシスタントはノイズ、クリップ、クリックなどを自動的に検知するインテリジェントなリペアツール。素材のタイプ(音楽、ダイアログ、その他)を選択した後、リペア・アシスタントに1回だけ聞かせて解析する事によって、過去どんな手段よりも速く一般的なオーディオの問題を解決してくれます。

クリアなダイアログ

Dialogue Isolateは機械学習を用いて、飲食店の皿の音や車の走る音、機械の音といった複雑なノイズの多い環境での録音からダイアログを分離させます。RX 8ではパフォーマンスが向上し、アンビエンス成分の量をコントロールする精度が特に向上しています。

プロ向けのサラウンドサポート

RX 7は Atmos 7.1.2を基準にし、ほぼ全てのプロフェショナルなマルチチャンネルフォーマットに対応します。

ハムノイズを消去し、クリアさを保つ

De-humは不要なハムノイズを自動検知し、クリアなサウンドが得られるようノイズを除去してくれます。オーディオスペクトラムがグラフで表示されるようになったほか、Harmonicsが8バンドから16バンドに増加され、バンドの個別ON/OFFが可能。より高い周波数域の処理が可能となりヒスノイズにも有効です。Q値の設定が高い場合により細かく制御されるようになりました。

全3種類のエディション

RX Elements

ホームスタジオのためのオーディオリペアツール

RX Elementsは、オーディオリペアを始めるのに最適なRXのエントリーモデル。ホームスタジ オ・小規模スタジオでダイアログ録音や音楽制作を行う際に頻繁に悩みの種となる、過大入力 によるクリッピング、唇や舌から出るクリックノイズ、電源のハムノイズなどを除去する、代 表的なリペア機能を提供します。 エントリーモデルのRX Elementsでも、プラグイン版とスタンドアローン版の両方がお使い頂 けます。スタンドアローン版ではA.I.がノイズを自動検知・除去する「Repair Assistant」に加 えて、ノイズを視覚化するスペクトログラムエディターにより直感的なノイズ処理が可能にな ります。

RX 8 Standard

音楽とポストプロダクション両方に適したオーディオリペアツール

RX 8 Standardは、さらにインテリジェントでパワフルな処理が可能になり、特に音楽面の機能が目覚ましい成長を遂げました。ギターの弦に指が擦れるノイズ、ピッキング時のアタック音、アンプノイズのコントロールを実現した新機能「Guitar De-noise」。新しくRXに搭載され た「Loudness Control」モジュールでは、ラウドネス基準に準拠しているかの確認も僅かな時 間で行えるようになりました。そして旧バージョンで搭載され一世を風靡したソース分離機能 「Music Rebalance」にステムのエクスポート機能が追加。膨大なデータを機械学習してより 一層賢く成長し、分離のクオリティも飛躍的に向上しました。 *RX 8 Standardには、Elementsの機能も全て含まれています。

RX 8 Advanced

ポストプロダクション業界標準のオーディオリペアツール

RX 8 Advancedは、ポストプロダクションのプロの高いニーズに応えるための機能が多く搭載された、映画、テレビ、アニメやゲーム業界の音の仕事には欠かせない存在。失われた周波数域を復元する新機能「Spectral Recovery」で、電話の音声や低クオリティの音声ファイルを高音質に。同じく新しい機能である「Wow & Flutter」を使えば、レコードやテープの周波数の揺らぎが一瞬で修正。「Guitar De-noise」でギターのノイズを自由自在にコントロール。さらなる機械学習で飛躍的に成長した「Music Rebalance」によるソース分離とステムエクスポート。進化した「Loudness Control」を使って一瞬でラウドネス調整。仕様が一新された「Batch Processor」で複数のファイルを短時間で同時に処理する事が可能です。

エディション比較

Elements Standard Advanced
De-hum*
Horizontal Scrolling
Batch Processor
Guitar De-noise
Music Rebalance**
Loudness Control
Composite View
Dialogue Isolate**
Spectral Recovery
Wow & Flutter
De-click*
De-clip*
Repair Assistant
Voice De-noise*
Breath Control*
De-bleed
De-crackle*
De-reverb*
De-plosive*
De-ess*
Interpolate
Mouth De-click*
Spectral De-noise*
Spectral Repair
RX Connect
RX Monitor
Dialogue Contour
Dialogue De-reverb
De-rustle**
Ambience Match**
Center Extract
De-wind
Deconstruct
Third-party plug-in hosting
Fade
Find similar
Gain
Mixing
Module Chain
Module list filters
Normalize
Phase
Signal Generator
Spectrogram
Recording and monitoring
Variable Time
Variable Pitch
Dither
EQ
Resample
Instant Process
Azimuth
EQ Match
Leveler
Surround support

* = プラグインとして動作
** = Pro Tools AudioSuiteとして動作

チュートリアル

RX 8 Audio EditorをDaVinci Resolveの外部エディターとして連携させる方法

音声圧縮で失われた高域の情報を復元する「Spectral Recovery」の使い方

電源由来のハムノイズ等を除去する「De-hum」の使い方

ラウドネス基準に手軽に合わせる「Loudness Control」の使い方

動作環境

OS
  • Mac OS X 10.13.6 (High Sierra) – macOS 10.15 (Catalina)
  • Windows 8 – Windows 10

ダウンロード

開発元より30日間限定の RX 8 Advanced のトライアル版を申請いただけます。(申請の際に開発元でのアカウント作成が必要です)

RX 8 Advanced トライアル版申請

製品情報

  • 製品:RX 8
  • 製品名ヨミ:アールエックス 8
  • 開発:iZotope
  • インターフェイス:英語版
  • 販売形態:ダウンロード製品