Anima 3.5

群集キャラクターアニメーションを実現するスタンドアローンソフト

  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

Anima は、建築ビジュアライゼーションなどに最適な群衆キャラクターアニメーション、3Dキャラクターアニメーションを手軽に作成できる、スタンドアローンソフトです。

シンプルな操作で複雑な群衆キャラクターアニメーションを簡単に実現します。

作成した建築物や景観の中を歩くのはもちろん、階段を登る、エスカレーターに乗る、椅子に座る、ドアを開ける、立ち話をする、といった自然な人間の動作が搭載されています。キャラクター同士がぶつからないよう、キャラが同士自ら体をよける動作も組み込まれているので、たくさんのキャラクターを配置しても食い込んだり不自然にスルーし合うことはありません。

最新のバージョン3.5では、Animaと3Dソフトをリンクする新しいテクノロジーalive™が搭載。Animaのシーンと3Dソフトのシーンを同期して、Animaでの更新がすぐに3Dソフトで反映することが可能になりました。これにより3ds MaxやCinema 4Dでのワークフローが大幅に効率アップします。また、ユーザーインターフェイスのスタイルが刷新されました。

ご注文時の注意点

animaをご注文の際には、開発元にて作成したアカウント情報(メールアドレス)が必要になります。チェックアウトの際にアカウント情報をお知らせください。開発元のアカウントを未作成の場合は、アカウントの作成をお願い致します。開発元のアカウント作成ページ方法はこちらからご参照ください。

axyz_anima_35_new_features

付属している専用プラグインは、Anima で作成したキャラクターアニメーションをCINEMA 4D、3ds Max、Unreal Engine 4 へインポートすることができます。

Anima で群集キャラクターを設定したら、キャラクターも動作もそのまま全て3ds MaxやCINEMA 4Dへ移植できます。いつも使用している3DCGツールでレンダリングができるため、新たにレンダリングのノウハウを覚える必要はありません。同じ3DCGツールで最終仕上げをすることで、キャラクターと建物が「いかにも合成っぽい」とならず、馴染みのよい映像に仕上げることができます。Anima はV-rayとも相性が良いので、V-rayの設定を生かすこともできます。

建築ビジュアライゼーションの群集キャラクターアニメーションに Anima をぜひご活用ください。

また、AXYZ社の提供する、3ds MaxやCINEMA4Dでご利用頂けるキャラクターを別途購入することもできます。ファミリー向け施設には親子のキャラクターを、ビジネス施設にはスーツ姿のキャラクターを。バリエーション豊かなキャラクターは、ビジュアルのコンセプトを分かりやすく伝えるのに役立ちます。

バージョン3.5 新機能

alive linkによる3Dソフトとの同期

  • aliveリンクによりAnimaと3Dソフトとのシーンの同期が簡単にできるようになりました。これまではAnimaからシーンをエクスポートして3Dソフトにインポートする必要がありましたが、aliveリンクによりAnimaでの変更が3dsMax やCIBNEMA 4Dですぐに反映されます。従来に比べて3Dソフトでのワークフローが大幅に改善されました。

alive linkでカメラをリアルタイムに更新

  • 3dsMax やCINEMA 4Dで更新したカメラをAnimaですぐに反映することができます。

ドラグ&ドロップで3Dソフトにキャラクターを直接インポート

  • Animaライブラリから3Dキャラクターを3dsMax、CINEMA 4D、Unreal Engine 4にドラグ&ドロップで直接インポートすることが可能です。

改善されたインターフェイス

  • Anima収録キャラクターのボーン構造が編集モードで閲覧可能に
  • インターフェイスのスタイルが改善

ワークフローの改善

  • Scene Node Treeで複数のノードを選択している場合にマルチトグル(切り替え)をサポート
  • ベイク処理が改善。ベイクする前にフレームのキャッシュを待つ必要はありません。ベイクするとAnimaが自動でタイムラインをキャッシュします。
  • 大きなシーンでのレスポンシブが改善

その他の改善点

  • サードパーティー3Dキャラクター(iClone, RenderPeople, HumanAlloyなど)との互換性が改善
  • Anima搭載の3Dキャラクターのスキンとマテリアルトーンをリキャリブレート

バージョン3.5 新機能紹介ビデオ

Anima 3.5 : alive linkでシーンを同期

Anima 3.5 : 改善されたインターフェイス

Anima 3.5 : 3Dモデルのドラグ&ドロップインポート

Anima 3.5 : 新しいベイク処理

主な機能

主な機能

高品質で簡単な群衆キャラクターアニメーション

Anima に搭載しているツールセットは群衆キャラクターアニメーションを簡単に実現します。バージョン3で改善されたUIにより作業効率がアップしました。

anima_3_feature_02

ハイクオリティな3Dキャラクター

Anima に同梱している3Dキャラクターは、AXYZ社が提供する高品質な3Dモデル集 Metropoly Colletions から使用しています。3Dキャラクターの動きは、モーション ブレンディング システムを用い、実際のモーションキャプチャーデータと自動プロシージャル モーションでコントロールされています

anima_3_feature_03

階段やエスカレーターも自在に設定

3Dキャラクターが階段を昇る下りる、エスカレーターに乗る降りる、動く歩道で移動する。このようなビジュアライゼーションに欠かせない、よくあるキャラクターアニメーションも容易にできます。搭載しているモーション編集ツールで簡単にキャラクターの動きを設定できます。またキャラクターは背景の地形に合わせて自動的に自然な動きが設定されます。

anima_3_feature_04

地形に沿った自然な動きを実現

キャラクターの動く範囲を設定すると、背景の地形に合わせて自動的にキャラクターの自然な動きが設定されます。

anima_3_feature_05

シーンに合わせた様々なキャラクターの動き

シーンに合わせてキャラクターを立たせたり、座らせたりと簡単に動きを設定できます。立ち上がり、歓声を上げるなど、スポーツ観戦をしているような群衆も容易に実現します。またアドバンス設定では、キャラ同士の間隔や進行方向などを調整することが可能です。

anima_3_feature_06

3Dキャラクターのインポートに対応

同梱している3Dモデル以外に、サードパーティーの3Dキャラクターをインポートして使用することができます。またモーションキャプチャーデータのインポートにも対応しています。

anima_3_feature_07

3DCGツールとの柔軟な互換性

Anima 3 で設定した3Dキャラクターアニメーションを付属のプラグイン経由で、3ds Max、CINEMA 4D、Unreal Engine にインポートしてレンダリングをすることができます。

anima_3_feature_08

業界スタンダードのフォーマットにエクスポート

FBX、OpenCollada、V-Ray Scene など業界スタンダードのフォーマットへのエクスポートに対応しています。

anima_3_feature_09

Unreal Engineでのリアルタイム

新しいUnreal Engineへのエクスポートプラグインで、リアルタイムでの群衆アニメーションを実現します。

axyz_anima_API_reason

ドラグ&ドロップで3Dキャラクターをインポートして使用

Anima のアプリケーション内から3Dキャラクターをドラグ&ドロップしてシーンにインポートすることが可能です。AXYZ社の提供する有償の3Dキャラクターアセットにアクセスして、すぐにプロジェクトに使用することができます。

チュートリアル

Installation and introduction to the user interface

Quick Start Guide

Navigating the User Interface

Customizing Actor Color, Texture & Height

Using the Anima plugin for Cinema 4D

Using the Anima plugin for 3ds Max

動作環境

OS
  • Windows 7 (64-bit) / 8 (64-bit) / 8.1 (64-bit) / 10 (64-bit)
推奨する必要最小システム
  • Intel i5 または AMD FX 以上のプロセッサ
  • 4GB RAM (8GB以上 推奨)
  • ハードディスクに10GB以上の空き容量
  • OpenGL または DirectX 10 をサポートしたグラフィックカード(1GB以上のVRAM)
  • インターネット接続環境(ライセンス認証時)

ダウンロード

【Anima 3.5】デモ&正規版

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。デモ版には以下の制限があります。

  • 同時に使えるキャラクターは5体までに制限されます。
  • 3ds Max や CINEMA 4Dと連携した場合、一部のデータのみが読み込まれます。
  • レンダリング、アニメーションのテストは4秒に制限されます。

旧バージョン【Anima 3】正規版

インストール方法

製品情報

  • 製品:Anima 3.5
  • 製品名ヨミ:アニマ 3.5
  • 開発:AXYZ Design
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:英語マニュアルのみ

キャラクターの別途購入について

AXYZ社は、高品質な3Dキャラクターを提供しています。対応フォーマットは、.max .lwo .obj .skp .c4dなど(製品により異なります)。また、モーションキャプチャデータも提供しています。追加キャラクターやモーションをご希望の場合は、お手数になりますが、以下のAXYZ社のWebサイトをご参照頂き、ご検討している製品を弊社問い合わせフォームよりお知らせください。別途お見積もりを致します。また、3Dキャラクターのライセンス形態により販売価格も異なるので、併せて、3Dキャラクターを使用するプロジェクトの使用用途もお知らせください。
※AXYZ社で別途購入できるキャラクターは、Anima バージョン1では使用できません。Anima バージョン2以降では別途キャラクター、モーションデータのインポートが可能です。

READY-POSED CHARACTERS
RIGGED CHARACTERS
T-POSE CHARACTERS

MOTIONS FOR 3DS MAX、CINAME 4D、MOTION BUILDER

キャラクターのライセンス形態について
AXYZ社が提供している3Dキャラクターには2種類のライセンス形態(Standard、Extended)があります。ライセンス形態により販売価格も異なります。

A) STANDARD LICENSE | CREATION OF IMAGERY
ビデオ制作、放送、印刷、映画、広告、ゲームのイントロ、イラスト、プレゼンテーション向けに静止画とアニメーションをレンダリングできます。

1) イメージとムービーのみに使用可能(リアルタイムアプリケーションには使用不可)
2) 無制限のプロジェクトに使用可能
3) 3人の個別ユーザーまで使用可能
4) 一つの場所でのみ使用可能(例:同一のオフィス内など)

B) EXTENDED LICENSE | COMPUTER GAMES
ビデオ制作、放送、印刷、映画、広告、ゲームのイントロ、イラスト、プレゼンテーション、コンピューターゲーム、バーチャルワールド、シミュレーション、トレーニング環境、モバイル/デスクトップ/Webアプリケーション、E-bookなどのインタラクティブ電子書籍向けに、静止画とアニメーションをレンダリングできます。

1) イメージ、ムービー、コンピューターゲーム、ソフトウェアに使用可能(再配布、再販売は不可)
2) 無制限のプロジェクトに使用可能
3) 3人の個別ユーザーまで使用可能
4) 一つの場所でのみ使用可能(例:同一のオフィス内など)

最新版(バージョン3.5)への無償アップグレード対象について

Anima 3 から一年間の無償アップグレード対象期間(one year time-frame free update period)が導入されました。お使いのAnimaをライセンス認証したタイミングから一年間の無償アップグレード期間が付与されます。

無償アップグレード対象期間につきましては、お使いのAXYZ社のアカウントにログインして有効期限を確認することができます。Anima 3をお持ちのユーザーの方で、無償アップグレード対象期間が有効期限内の場合はAnima 3.5への無償アップグレード対象となります。

対象のユーザーの方はAnimaを起動すると無償アップグレードできる通知が表示されますのでバージョン3.5をダウンロードしてご使用ください。

無償アップグレード対象期間(one year time-frame free update period)が切れているユーザーの方は、有償アップグレードをご購入ください。

尚、Anima のライセンスは永久ライセンスです。無償アップグレード対象期間の有効期限が終了しても、ライセンスは引き続きご利用いただけます。

ライセンス利用規約

本ソフトウェアは、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。レンダーノードライセンスにつきましては3台分のライセンスが付属します。使用するマシンを変更する場合は、ソフトウェア上からライセンス認証解除して、新しいマシンにてインストール、ライセンス認証を行ってください。