V-Ray 6

  • 対応プラットフォーム
    • CINEMA 4D platform アイコン
    • Autodesk 3ds Max platform アイコン
    • Autodesk Maya platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
    • Linux operating-system アイコン
New

建築ビジュアライゼーションやVFXなど、世界中のアーティストやデザイナーに幅広く利用されている業界標準レンダリングソフトウェア

製品概要

ハイエンドなビジュアライゼーションとプロダクションのための、世界で最も完成度の高い3Dレンダリングソフトウェア

V-Ray for 3ds Maxは、実績のあるレンダリングソフトウエアです。大規模なシーンから高精細なシーンまで、あらゆるタイプのプロジェクトを処理できる製品として知られています。3D CG業界のアーティストやデザイナーに、とても信頼されているソフトウエアです。

特徴

V-Ray 6 for 3ds Max – How to scatter objects
V-Ray 6 for 3ds Max – How to scatter objects

Chaos Scatter
新しいスキャッターツールを使用して、森、草原、群集などをV-Rayだけで作成できます。高速で簡単で、大量のメモリを使用せずにシーンに大量のジオメトリを配置できます。Chaos Cosmosで配布されている無料のスキャッタープリセットを使うと、ユーザーが設定する事なく森や芝生もシーンに追加できます。

V-Ray Enmesh
Enmeshを使用すると、ジオメトリをまるでテクスチャのように扱う事ができます。考え方としてサーフェス上でテクスチャ画像をタイリングすのではなく、3Dジオメトリをタイリングします。Enmeshは、柵や布地などのパターンを作成するのに理想的であり、手作業によるコピーやディスプレイスメントマップよりもはるかに少ないメモリで複雑なジオメトリを作成できます。

V-Ray デカールとディスプレイスメント
V-Rayデカールでディスプレイスメントを追加し、さらにリアルなひびの入った壁、岩、エンボスレタリング等を使用できるようになりました。

V-Rayプロクシの階層データ
新しいV-Ray Proxyの階層ビューを使用して、Proxyファイル内のジオメトリ階層の可視性を変更したり、マテリアルオーバーライドを簡単に有効・無効にする事ができます。名前で一括設定する事も可能で、Proxyファイルを使ったジオメトリ交換とカスタムライブラリのワークフローを合理化します。

Chaos Cloudコラボレーション

Chaos Cloudの新しいコラボレーション機能を活用すると、仕事の進捗状況に関する迅速で統合されたフィードバックを共有できます。レンダリングをV-RayのフレームバッファーからChaos Cloud Collaborationにアップロードし、作業内容を同僚やクライアントと共有してコメントや注釈を追加できます。

プロシージャルな「雲」
V-Rayの新しい手続き型クラウドシステムを使用すると、数回クリックするだけでリアルな「雲のある空」を作成できます。

新しいドーム環境マップ
V-Rayドームライトの新しくより柔軟な地上プロジェクション機能を使用して、HDRI環境でのカメラワークが想像通りに機能します。

UIの描画速度を向上
シェーディングネットワークで作業する場合に、よりスムーズなUI描画を行います。V-Rayのマテリアルとテクスチャのインターフェースはロード時間が大幅に短縮されました。

Light Mixからライト選択
LightMixインターフェースから直接アプリケーション側のライトを選択するオプションを使用して、ライトの設定に簡単にアクセスできます。

テクスチャの一括読み込み
VRayMultiSubTex内の新しいテクスチャのバッチ読み込みオプションを使用して、シーンに以前よりもさらに速くシェーダーバリエーションを作成できます。

正確なV-Rayマテリアルのエネルギー保存法則
V-Ray Materialのエネルギー保存アルゴリズムが見直され、これまで以上に正確な表面の荒い金属反射(スペキュラー表現)をレンダリングできます。

薄膜レイヤー(Thin Film)
V-Rayマテリアルの新しい”Thin Film”オプションを使用して、リアルなシャボン玉や油膜などを作成します。

V-Rayマテリアルの高速化されたSSS
まったく新しいV-RayマテリアルのSSSモードを使用して、半透明のマテリアルをさらに高速にレンダリングできます。

チュートリアル

V-Ray for Cinema 4D — Getting started

V-Ray for Cinema 4D — Working with materials

V-Ray for Cinema 4D — Lighting your scene

V-Ray for 3ds Max — Getting started.

V-Ray for 3ds Max — Lighting your scene.

V-Ray for 3ds Max — Working with materials.

V-Ray for 3ds Max — Exploring the metalness workflow

V-Ray for Maya — Getting started

V-Ray for SketchUp — Getting started

V-Ray for SketchUp tutorial — Creating and exporting animations

V-Ray for SketchUp tutorial — Introduction to series

V-Ray for Rhino — Getting started

ご注文について

V-Ray 6は、お見積りべースでの販売となります。お手数をおかけしますが お問い合わせ よりお見積りをご依頼ください。

  • V-Ray Solo 1ヶ月ライセンス
  • V-Ray Solo 1年ライセンス
  • V-Ray Solo 3年ライセンス
  • V-Ray Premium 1ヶ月ライセンス
  • V-Ray Premium 1年ライセンス
  • V-Ray Premium 3年ライセンス
  • V-Ray Enterprise 1年ライセンス
  • V-Ray Enterprise 3年ライセンス

日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポートは有償での提供となります。ドキュメント&テクニカルサポートはSoloとPremium、Enterpriseに1年/3年ライセンスでの提供となります。日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポートをご希望の場合、お問い合わせ 時にお知らせください。

  • V-Ray Solo 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 1年ライセンス
  • V-Ray Solo 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 3年ライセンス
  • V-Ray Premium 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 1年ライセンス
  • V-Ray Premium 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 3年ライセンス
  • V-Ray Enterprise 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 1年ライセンス
  • V-Ray Enterprise 日本語ドキュメント&日本語テクニカルサポート 3年ライセンス

エディション比較

V-Ray Solo

  • ノードロックライセンス
  • V-Ray 全ホストアプリプラグイン
  • ライセンスに関する日本語サポート、Software社から直接のグローバルな英語サポート、英語ドキュメントは無償で付属しています。
  • 日本語によるテクニカルサポート(Email経由のみ)、日本語オンラインドキュメントは有料です。
  • Cosmos アクセス
  • V-Ray 全ホストアプリケーション V-Ray for 3ds Max / V-Ray for Cinema 4D / V-Ray for Houdini / V-Ray for Maya / V-Ray for Nuke V-Ray for Revit / V-Ray for Rhino / V-Ray for SketchUp / V-Ray for Unreal
  • 1ヶ月、1年、3年ライセンスを提供

V-Ray Premium

  • フローティングライセンス
  • V-Ray 全ホストアプリプラグイン
  • ライセンスに関する日本語サポート、Software社から直接のグローバルな英語サポート、英語ドキュメントは無償で付属しています。
  • 日本語によるテクニカルサポート(Email経由のみ)、日本語オンラインドキュメントは有料です。
  • Cosmos アクセス
  • Cloud 20クレジット
  • Phoenix
  • Player
  • Scans
  • Vantage
  • V-Ray 全ホストアプリケーション V-Ray for 3ds Max / V-Ray for Cinema 4D / V-Ray for Houdini / V-Ray for Maya / V-Ray for Nuke V-Ray for Revit / V-Ray for Rhino / V-Ray for SketchUp / V-Ray for Unreal
  • 1ヶ月、1年、3年ライセンスを提供

V-Ray Enterprise

  • 最低5ライセンス以上のご購入
  • フローティングライセンス
  • V-Ray 全ホストアプリプラグイン
  • ライセンスに関する日本語サポート、Software社から直接のグローバルな英語サポート、英語ドキュメントは無償で付属しています。
  • 日本語によるテクニカルサポート(Email経由のみ)、日本語オンラインドキュメントは有料です。
  • Cosmos アクセス
  • Cloud 20クレジット
  • Phoenix
  • Player
  • Scans
  • Vantage
  • V-Ray 全ホストアプリケーション V-Ray for 3ds Max / V-Ray for Cinema 4D / V-Ray for Houdini / V-Ray for Maya / V-Ray for Nuke V-Ray for Revit / V-Ray for Rhino / V-Ray for SketchUp / V-Ray for Unreal
  • 1年、3年ライセンスを提供

動作環境

アプリケーション
  • 3ds Max® 2018, 2019, 2020, 2021, 2022, and 2023 (64-bit)
OS
  • Microsoft® Windows 10 or Windows 11 operating system
ハードウェア
  • Intel 64, AMD64 or compatible processor with SSE4.2 support
  • Minimum 8 GB RAM, recommended 64 GB RAM
  • Required for customers using legacy hardware lock, preferably USB 2.0
  • Only IPv4 required for distributed rendering is supported. IPv6 is currently not supported.
  • License Server 6.0.0 or later
GPU
  • NVIDIA CUDA with minimum required compute capability 5.2: Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing-, and Ampere-based NVIDIA card(s);
  • NVIDIA RTX with compute capability 5.2: RTX cards with latest recommended video driver;
  • 2GB VRAM
  • V-Ray Production Denoiser: AMD or NVIDIA GPU supporting OpenCL 1.2;
  • NVIDIA AI Denoiser: Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing-, and Ampere-based NVIDIA card with latest recommended video driver

FAQ

サポート

  • 日本語によるライセンスサポート、Chaos直接の英語サポート(英語ドキュメント)は無償提供です。
  • 日本語による技術サポート、日本語オンラインマニュアルは別途有償です。サポート付きパッケージをご購入ください。
  •  全てのサポートはEmailにて対応となります。お電話での相談はお受けしておりません。予めご了承の程お願い申し上げます。

製品情報

  • 製品:V-Ray 6
  • 製品名ヨミ:ブイレイ 6
  • 開発:Chaos Group
  • 販売形態:ダウンロード製品