フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

Frames 1.1

インターレース撮影ソースをフィルムのような24pムービーへ変換するプラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

Frames は、ビデオカメラで撮影されたSDやHDのインターレースビデオを、インターレースの無い、24Pのなめらかで高品質なプログレッシブムービーに変換するためのプラグインです。

洗練されたアルゴリズムにより、ホストアプリケーションに付属する機能よりも、より高度なインターレース除去を実現します。

従来のSDソースから1080iで撮影されたHDソースまで、解像度を問わずプロフェッショナルなプログレッシブ映像を作り出し、24fpsの映像への変換ができる Frames を使えば、フッテージに依存した編集が必要なくなります。

Frames は、 3DCGやブルーバック合成用のフッテージの変換にも力を発揮します。
また、Magic Bullet Looks と併用することで、より手軽にインターレースを除去された24pフィルムのルックを実現することもできます。

ビデオ

Getting Started with Frames

Frames 適用サンプルムービー

主な機能

主な機能

高度なアルゴリズムによるインターレース除去

  • Frames 独自のアルゴリズムにより、高速にクオリティーの高いインターレース除去を実現しました。
  • 細かな設定は必要とせず、簡単操作でフィルム撮影のようなプログレッシブ映像を作り出せます。
  • 設定はフィールドの奇数、偶数の選択とレンダリング方法、ととてもシンプル。また、インターレースを除去された、エッジのスムージングも設定できるようになっています。
redgiant_frames_feature_004

24pへの自動変換

  • Frames は、インターレース除去と同時にコンポジションのフレームレートに合わせてフッテージを変換する機能も備えています。
  • コンポジションのフレームレートを23.976フレーム、または29.97フレームに設定しておけば Frames が自動的に最適なプルダウンをしてくれます。
redgiant_frames_feature_002

アスペクト比のトリミング機能搭載

  • 24pへの変換機能の他に、縦横比を任意の比率にトリミングする機能も搭載されています。プルダウンメニューから各種プリセットを選択するだけで、手軽にレターボックスを作成出来ます。

[none]
[Super 16(1.66:1)]
[Widescreen 16:9 (16:9)]
[Theatricaal(1.85:1)]
[Compromise (2:1)]
[Anamorphic (2.35:1)]
[Ultra (2.76:1)]

  • トリミングされたフッテージの上下オフセット(Shift)もパラメーターとして用意されているので、レターボックスを付けた状態で、任意の位置への微調整が可能です。
redgiant_frames_feature_005

状況に合わせて高品質、高速選択可能

  • 編集の環境に合わせて、2種類のインターレース解除方法から必要なものを選択できます。 映像制作の状況に合わせて「高速」または「高品質」をいつでも切り替えられます。
  • Field Blend は、奇数/偶数の各フィールドを重ねた状態を作り出します。コンピュータの負担が軽く、高速にレンダリングする事が出来ます。
  • Motion Adaptive は、奇数/偶数のどちらかのフィールドに完全に統合します。処理時間はかかりますが、よりクオリティーの高いインターレース除去が可能です。
redgiant_frames_feature_006

Deartifactor によるノイズ軽減

  • Framesと同時にインストールされる Deartifactor(デインターレーサー)は、各カラースペースでの信号処理により、ノイズの発生した信号から元の信号を推測し、ノイズを除去するエフェクトです。
    DV(4:1:1)、HDV(4:2:0)、Broadcast(4:2:2)、HDCAM(3:1:1)に対応しています
  • インターレース撮影されたブルーバックソースに対して、Frames とDeartifactor を適用すれば、さらに高品質な合成結果を得られます。
redgiant_frames_feature_008

Frames と Frames Plus

  • 従来のバージョンで、Magic Bullet として24p変換とインターレース除去を行っていたプロジェクトの互換性を保持するため、Frames Plus というプラグインが 追加されます(Afte Effectsのみ)
  • パワーアップした Frames は、SDおよびHDのインターレースフッテージをプログレッシブに変換出来ます。
  • Frames Plus ではSD映像をインターレースの無いプログレッシブ映像へ変換できます。

ワークフロー

  1. フッテージのコンポジションを作成します。
  2. Ctrl + K(Command + K)でコンポジション設定の画面を表示します。
  3. コンポジション設定のフレームレートを目的の数値に変更します。24Pに変換したい場合には「23.976」、30Pに変換したい場合には「29.97」と入力します。
    (フレームレート「24」や「30」はFramesで認識されません)
  4. フッテージにFramesを適用します。
  5. フィールドオーダー(奇数または偶数)と補間法の設定(BlendまたはMotion)を選択し任意のインターレース除去をします。
  6. 必要に応じてCropを使って画面の縦横比の調整をおこないます。Shiftの数値を調整すれば、表示範囲の微調整が可能です。

After EffectsでSD素材を使用している場合:
フッテージにFrames Plusを適用して、エフェクトコントロールパネルのAuto Setup をクリックします。
フッテージとコンポジションの設定に問題がなければ、ソースの優先フィールド、コンポジションのフレームレートを自動認識してセットアップが完了するのでOKをクリックします。

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
  • Premiere Pro CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
  • Mac OS X 10.10以降

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」及び「Premiere Pro 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

【Shooter Suite 13】<Win> デモ&正規版
【Shooter Suite 13】<Mac> デモ&正規版

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:Frames
  • 製品名ヨミ:フレームズ
  • 開発:Red Giant
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:日本語マニュアル(html形式)

ライセンス利用規約

Red Giant / Trapcode 社製品は、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です)
インストールは、1ライセンスにつき、2台のコンピューター (※注1) に行えますが、2台のマシンで同時に使用することは許可されておりません。(ボリュームライセンスプログラムを除きます)
(注1:デスクトップ、ノートパソコン、OSの組み合わせは自由です)