フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

CrumplePop AudioDenoise

ドラッグ&ドロップだけでオーディオを自動解析してノイズを除去!FCPX、Premiere Pro対応のオーディオノイズリダクションプラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • Premiere Pro platform アイコン
    • Final Cut Pro X platform アイコン
  • 対応OS
    • Mac operating-system アイコン
¥14,040

製品概要

製品概要

CrumplePop AudioDenoise は、プラグインをオーディオトラックにドラッグ&ドロップするだけで、自動でオーディオを解析し、ノイズを除去する Final Cut Pro X、Premiere Pro対応のプラグインです。

例えばインタビューを収録する場合、空調音や外から聞こえる車の雑音などのノイズは避けて通れない問題です。ポストプロダクションで整音する時間がない場合や、オーディオ編集ソフトが使えない場合はCrumplePop AudioDenoise が瞬時に問題を解決します。

CrumplePop AudioDenoise をオーディオトラックに適用すると、プラグインが自動でトラックを解析して不要なノイズを検知、除去します。もちろん解析待ちの時間も発生しないため、時間に制約のあるプロジェクトでも安心して使うことができます。適用結果の調整は、エフェクトコントロールのStrength(除去の強度)の数値から行うため、オーディオ編集の知識がなくても利用することができます。

CrumplePop AudioDenoiseをPremiere Proで利用する際の注意点

CrumplePop AudioDenoisインストール後、Premiere Proのエフェクトメニューにプラグインが表示されない場合は、以下の手順でオーディオプラグインを読み込んでください。

  1. Premiere Proを起動し、環境設定 > オーディオ…をクリックします。
  2. 環境設定画面が表示されますので、オーディオプラグインマネージャー…をクリックして オーディオプラグインマネージャーを開きます。
  3. プラグインをスキャンをクリックし、新たにインストールしたオーディオプラグインを読み込みます。
  4. OKをクリックしてPremiere Proに戻り、オーディオエフェクトでCrumplePopプラグインを確認します。

動作環境

アプリケーション
  • Adobe Premiere Pro CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017
  • Apple Final Cut Pro X (※10.2以降でのみ動作)

※最新の FxFactory Pro のインストーラーにてご利用ください。

OS
  • Mac 10.11 / 10.12
必要システム構成
  • 対応OS/ハードウェアは、FxFactory及び対応ホストアプリケーションの各バージョンの仕様に準じます。
  • 1GB以上のVRAM搭載のグラフィックボード推奨

ダウンロード

Mac版

インストーラーは、Noise Industries 社【FxFactory】のインストーラーに収録されています。
製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用します。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に透かしが表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

製品情報

  • 製品:CrumplePop AudioDenoise
  • 製品名ヨミ:クランプルポップ オーディオデノイズ
  • 開発:CrumplePop
  • インターフェイス:英語版
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:なし