Silhouette 2021.5

  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
    • Linux operating-system アイコン

ロトやペイント、コンポジットを網羅したスタンドアローン/プラグイン版のVFXツール

解除
【Silhouette アップグレード&サポートプラン】のご購入はこちら

【Silhouette 期間限定版 (1年)】の更新について

すでに1年間の期間限定ライセンスをお持ちで、お使いのライセンスを更新される場合は、本ページより「Silhouette 2021 期間限定版 (1年) 更新」をご購入ください。ご注文の際には、お持ちの期間限定ライセンスをお知らせください。

製品概要

アカデミー賞とエミー賞を受賞したVFXツール

Silhouetteは、GPUによって高速化された最高クラスの合成アプリケーションで、映画やビジュアルエフェクトチーム向けに業界で最も堅牢なノンディストラクティブペイント及びロトツールを提供します。2005年の登場以来、Silhouetteは 「アバター」 、 「ブラックパンサー」 、 「アベンジャーズ:エンドゲーム」 など、ハリウッド最大級の映画で使用され、注目を集めました。

Silhouette 2021のリリースでLens Correction nodeの追加やロトシェイプ編集やキーフレームツールの改善、UIの改善され、従来のスタンドアローンのみのオプションに加えてプラグイン版(Adobe版/OFX版)が導入されました。

Silhouette 2021.5 新機能

Silhouette 2021.5 新機能
  • 4-wayカラーホイールを搭載、MasterとShadows、Highlights、Midtoneを調整することができます。
  • ペイントパフォーマンス:カラー/ディテールクローンブラシが改善されました。
  • ペイントプリセット:改善されたインターフェイスはインタラクティブなワークフローを実現します。
  • コンポジットモード:高度な合成のため、22種類のブレンドモードを搭載しました。

Silhouette 2021 新機能

マルチホストプラグイン

ロトやペイント、コンポジットツールであるSilhouetteを業界標準のVFXアプリケーションからプラグインとして利用が可能になりました。Silhouetteのノードベースのワークフローは After Effects やPremiere Pro、Nuke、Fusion、Resolve、Flame、VegasProをサポートします。

プラグイン版のSilhouetteは、すべてのSilhouette 2021スタンドアローン版とプラグイン版のセット、もしくはプラグイン版として購入することができます。

レンズ補正

新しいLens Correctionノードは Silhouetteのロトツールを搭載し、高度なエフェクトタスク用にレンズの歪みを調整/補正することができます。

MochaProのレンズモジュールの共有テクノロジーに基づいて構築されたLens Correctionノードは 歪みのないビューにペイントしたり、他のホストアプリケーション用にSTマップを生成してエクスポートして利用します。

ロト & 編集ツール

Brush Reshape Magnetic Reshape behaviorを利用し、ポイントを選択&移動することができます。

Point Collapse and Distribute 選択したポイントを小さな領域に折り畳み、後で周囲のポイントに分散させることができます。時間の経過とともに形状が変化する場合に有効なツールです。

Point Groups 事前に定義したポイントグループごと編集することができます。

Split Shapes 単純な形状から複雑な形状/複雑な形状から単純な形状に変換する場合に利用するツールです。

Weighted MultiFrame Fade In/Fade Outのパラメーターを利用し、複数のキーフレームに渡る強度を制御できます。

Review / Approval & UI改善

図形やレイヤー、トラッカーなどのオブジェクトに割り当てられたメモをビューアに表示できるようになりました。これによりアーティストがメモを簡単に確認できるようになりました。

新しいノード:Alpha Composite、Dot、Notes、OCIO Colorspace / Display / LUT

UI改善 カスタムファイルインポータやフライアウトメニュー、ノードの色付けや配置、OCIOサポート、サファイアノードタブなど多くのユーザーインターフェイスが改善されました。

進化したロト・ツール

Silhouetteは、ロトスコーピングチームのための世界で最も洗練されたツールを特徴としています。

B-スプライン、ベジェ、またはX-スプラインシェイプを使用して、キーフレームの作成可能なマットを作成します。

インテリジェントなデザインと、可変ポイントエッジ軟化などの使いやすいツールにより、明瞭なアニメーションを作成できます。

リアルなモーションブラーを使用したマットのレンダリングまたは業界標準のシェイプ形式への書き出しも可能です。

高度なロトツールには以下が含まれます。

  • 高度に最適化されたインターフェイス、レイヤーコントロール、およびツールセット
  • 形状を高速に作成する新しい磁気スプラインおよびエッジスナップツール
  • 手足やあらゆる種類のジョイントクリーチャーをアニメーション化するIK(Inverse Kinematics)
  • 統合されたポイントトラック、プラナートラック、およびMochaプラナートラックオプション
  • ステレオスコピック3Dワークフロー
  • 移動、拡大縮小、回転、せん断、コーナーピンシェイプおよびシェイプのグループ
  • すべてのキーフレームで1つのポイントまたは選択したポイントのアニメーションが変更されます

その他の2020の改善点としては、ポイント選択をインタラクティブに制御するフリーハンド選択ツール、シェイプアニメーションのタイミングを変更するウェイト付きキーフレームの作成、モーションパス、モーションブラー、オニオンスキンのプレビューを表示してシェイプアニメーションを視覚化する新しいRotoOverlayディスプレイなどがあります。

高速化されたノンディストラクティブ(非破壊)ペイント

ペイントは、高ダイナミックレンジの非破壊2Dペイントシステムで、長編映画や4Kテレビ制作の需要に対応します。

Silhouetteは、イメージの復元、ホコリ取り、マットペイント、ビューティーワーク、リグの削除、単純なペイントなど、様々な作業を行うためのツールを提供します。

自動ペイントは、ポイントトラッカーと平面トラッカーを緊密に統合して、すべてのペイントアクティビティを記録する独自のペイント機能です。

ペイントストロークを一致させたり、安定させたりすることで、シルエットにラスタペイントの速度とベクトルペイントの再現性を与えることができます。

シルエット2020は、マットペイント、クリーンアップ、合成用の新しいブラシとツールを備えた強力なペイントツールをベースに構築されています。

新しいブラシには、Dodge、Burn、Detailなどがあります。

高度なクローン作成と美容作業の最適化:新しい詳細の分離ワークフローでは、アーティストがカラーレイヤと詳細レイヤに別々に、または同時にペイントすることができます。

2020のペイントワークフローが改善され、繰り返し可能なペイントコントロールの自動ペイント>再生 (Auto Paint>Replay) 、新しいブラシ比較モード (Brush Compare Modes) によるペイント前のブラシ設定のプレビュー、シェイプの表示 (Show Shapes) によるペイントノードのルートシェイプのアウトライン、ストロークツール (Stroke Tool) の新しいショートカットによるペイントストロークのビューアとヒストリリストへの表示などが改善されました。

ノードベース・コンポジティング

シルエットの核となるのは、機能豊富なノードベースのエフェクトツリーで、フィルム級の結果を提供します。

複雑な合成、マット操作、キーイング、カラー補正、グレイン管理、外観の作成、モーフィング、ワープなどのために、ノードの任意の組み合わせを表示および編集します。

ノードベースの合成のスタートアップ Silhouette2020には、Color、Composite、Diffusion、Filter、Film Lab、Image、Key、Light、Silhouette、Special Effects、Time、Tints、Transform、Warpに編成された145個の特殊ノードが搭載されています。

SilhouetteはMocha ProやSapphireなどのOFXプラグインもサポートしています!

機能:

  • ジェスチャノードベースの合成
  • 複数のルートノードとペイントノード
  • カラーグレーディングを表現
  • 独自のマット生成
  • 火災、爆発、煙などの素材を効果的に複合可能
  • エッジツールを使用して、コンポジットのエッジをカラー補正またはぼかす
  • シュリンク、拡大、ブラー、およびラップ機能を使用したマット操作
  • [カラー](Color)、[合成](Composite)、[拡散](Diffusion)、[フィルタ](Filter)、[フィルムラボ](Film Lab)、[イメージ](Image)、[キー](Key)、[ライト](Light)、[シルエット](Silhouette)、[特殊効果](Special Effects)、[時間](Time)、[色合い](Tints)、[変換](Transform)、[ワープ](Warp)、[OFX](OFX) の各領域に編成された145種類のノード
  • ほぼ全てのノードにビジュアルプリセットを完備
Feature_Keying

キーイングとマット生成

強力なZMatteノードとPower Matteノードでは、独自のマット抽出テクニックを使用して、細かいヘアのディテール、煙、反射のあるショットなど、最も難しいキーイングとマットの課題を処理します。

ZMatteキーイングは、DVおよび圧縮で発生する難しい問題に対処し、キーピッカー、マットチューニング、スピルサプレッションのオプションを備えています。

Power Matte独自のインタラクティブワークフローでは、半透明のオブジェクトに対して非常にリアルで正確な結果を生成するフォアグラウンドおよびバックグラウンドシェイプセレクタを使用して、キー設定不可のショットに対するマット作成プロセスが強化されています。

Depth

Depthノードには、2Dソースからデプスチャンネルを作成するための専用ツールセットが含まれています。

機能:

  • シェイプには個々のデプス値を割り当てることができます。
  • 水平線、ランプ、ホール、トンネル勾配深度ツール
  • 他のシルエットノード(zMatte、Power Matte、Roto、Paintなど)によって生成されたアルファチャンネルをデプスマップに変換するアルファツール。
  • デプスプレビューウィンドウには、デプスマップの3Dビューが表示されます。3D空間でのオブジェクトの奥行きと配置を視覚化するのに便利です。
  • ステレオ表示出力対応

Mocha pro がプラグインとして使用可能に

新機能!Mocha Pro2020plug-in for Silhouette and bundle options:Mocha Pro plug-in for Silhouetteにアップグレードしたり、購入したりできるようになりました。

機能:

  • 色を歪ませたり、ペイントするためのレンズキャリブレーションモジュールのワークフロー
  • GPUレンダリングによる高速化されたオブジェクト削除
  • 新しいMega Plate拡張プレート生成ツール
  • AdjustTrackを使用して合成を挿入
  • 受賞歴のあるステレオ360/VRツール
  • SilhouetteとMocha Proの間でトラックとシェイプデータをエクスポート可能

シークエンス・エディター

シルエットは、クリップのカット、結合、移動、コピー、置き換え、トリミング、リタイミング、繰り返しなどの編集作業をシーケンスエディタで実行できます。

機能:

  • クリップのイン点とアウト点の設定
  • 選択したクリップの自動アセンブル
  • クリップのコピー、移動、挿入または置換
  • 編集の両側をトリムイン、トリムアウト、またはトリムする
  • クリップのリタイミング

Silhouette 2020 新機能

  • ビルトインされたMochaのプラナートラック機能を搭載
  • 新しいロトツール : シェイプアニメーションのタイミングを変更するための、エッジスナップ、RotoOverlayプレビュー、及びWeighted  Keyframe作成を備えたマグネティック・スプライン
  • 新しいペイントツール : 新しいDodge、Burn、Detailブラシの追加、Frequency (Detail)の分離ワークフローにより、レタッチが改善
  • プラナートラッカーの改善 : 重なり合う形状を介して非平面サーフェスをトラッキングすることに加えて、複数の平面サーフェスをグループ化してトラッキングが可能に
  • 新しいノードDODとExtract Detail
  • 新しいインタフェースの拡張 : 複数のビューア、ノードおよびオブジェクトウィンドウ、合理化されたワークスペースなど
  • 新しいバンドルオプション : Mocha Pro Silhouetteプラグインを追加して、トラッキングとVFXワークフローを強化

チュートリアル

Silhouette v7 - Roto, Paint & VFX

Silhouette - Intro to UI, Trees and Nodes

Silhouette - Intro to the Sequence Editor

Silhouette - Quick Start to Rotoscoping

Silhouette v7 - Updated Roto Tools

Silhouette - Intro to Inverse Kinematics (IK) for Rotoscoping

Silhouette - Intro to Stabilization

Silhouette Tracking Overview

Silhouette v7 - Planar Tracker Update

Silhouette - Mocha Planar Tracking Option

Silhouette - Intro to the Paint Node

Silhouette - Intro to Paint for Film & Video (Auto Paint)

動作環境

OS
  • macOS: 10.12以降
  • Windows: 7 以降 64bit
  • Linux: Linux CY2021 VFX Reference Platform
ハードウェア
  • Intel or AMD プロセッサー
  • 2GB RAM (4GB以上推奨)
  • ハイスピードディスクアレイ/SSD
  • 1GB以上のストレージ空き容量
グラフィックカード
  • NVIDIA GTX 460以降
  • AMD Radeon 57xx series以降
  • OpenGL 2.1 capable graphics card
  • OpenCL 1.1 capable graphic card
  • 1GB以上のVRAM

ダウンロード

デモ&正規版ダウンロード

【Boris Silhouette 2021.5】Win Standalone, Adobe & OFX デモ&正規版
【Boris Silhouette 2021.5】Mac Standalone, Adobe & OFX デモ&正規版
【Boris Silhouette 2021.5】Linux Standalone & OFX デモ&正規版

製品のインストーラーはデモ版と正規版、旧バージョンからのアップデータを兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

Silhouette インストール方法

製品情報

FAQ

関連製品

  1. Silhouette Upgrade and Support

    Silhouetteのアップグレード & サポートプラン

  2. BorisFX バンドル (Silhouette/Mocha)

    単体購入よりもお買い得な、SilhouetteとMocha Proのバンドル製品

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  3. New

    Mocha Pro 2022

    新しく進化したVFX・クリーンアップツールの決定版

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン