組版ROBO5【Adobe Illustrator プラグイン】

  • 対応プラットフォーム
    • Illustrator platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

Illustrator での自動組版を安価に実現する Illustrator プラグイン、自動組版ソフトウェア

解除

製品概要

製品概要

組版ROBO5 (クミハンロボ ファイブ) は、Adobe Illustrator で作成したデザインのテキストや画像を、データベースにある任意の内容に自由に入れ替えながら複製配列する自動組版ソフトウェア、Illustrator プラグインです。

そのメリットは、まず高解像度印刷に対応する Illustrator のベクトルデータのデザインをそのまま使った自動組版の実現です。何十ページに渡る膨大な商品情報を有する商品カタログや、毎日更新される広告のチラシといった印刷物の作成に大変便利です。

更に、この高機能な組版システムの導入は、本プラグインを Illustrator にインストールするだけで完了。しかも非常に安価。高額なページレイアウトアプリケーションを必要とせず、高いコストパフォーマンスを発揮します。

Illustrator での自動組版を安価に実現【組版ROBO5】

その活用事例は、定型のひな型を活用するような印刷物 ─── チラシ、カタログのほか、名刺、宛名ラベル、商品ラベル、飲食店のメニュー、不動産情報、選手名鑑、住所録、名簿、個別情報を追加した申込書、卒業アルバム、カレンダー、連番ナンバー などと多岐に渡ります。

もし、何百、何千件におよぶ商品名、価格、型番など商品情報を、もしくは氏名や住所、電話番号など個人情報を、あるデザインフォーマットにはめ込むなら、ぜひこの組版ROBO5をお試しください。

気の遠くなる面倒なコピペからあなたを解放!
その組版作業を、正確、且つ高速、簡単に自動化し、そのワークフローを劇的に改善、便利に致します!

パッケージ写真【組版ROBO5】

最新のバージョン5では、新たにアートボードを使った自動組版に対応!

複数ドキュメントファイルにわたるページ出力に加え、単一ドキュメント内でアートボードを追加してのページ出力が行えます。この結果、バッチ処理のスピードが前バージョンに比べ劇的に高速になりました。

ほか組版機能では、停止レコードの指定、全幅と全高を固定した配列などに対応しました。

(画像はイメージです。パッケージ版の販売は終了しました。)

【組版ROBO5】 新機能はこちら

自動組版って便利?

自動組版って便利?

せっかくデータベースのリストがあるのに、いちいちコピペでレイアウトをしていませんか?

Adobe Illustrator でも、自動組版ができるんです!
この”組版ROBO5″ があれば、Illustrator での面倒な手作業を一掃し、快適な自動組版のワークフローをご提供致します。

コピペの手間を省き、作業時間を短縮したい!
コピペの単純ミスを防ぎたい!
きちんと綺麗に並べて配列したい!

そんなあなたに、”組版ROBO5″がお応えします!
一度お試し頂ければ、きっとこのツールなしでの作業は考えられないでしょう。

*「組版ROBO5」単体製品では、バーコードの作成はできません。バーコードの作成、およびバーコードを含んだバッチ処理には、「組版ROBO5」の全機能を収録した姉妹製品「バーコードROBO5」をご利用ください。

自動組版機能搭載の
バーコード作成ソフト 【バーコードROBO5】

機能紹介

機能紹介

テキスト、画像をデータベースの内容に自動で入れ替え!

組版ROBO5は、Illustrator ドキュメント上のテキスト、画像、バーコード をひな型、または取り込み口として、データベースから読み込んだ任意のレコードのデータに入れ替えながら配列する自動組版を実現します。

活用可能なデータベースファイルは、Access、FileMaker Pro などのデータベースソフトや Excel、Numbers などの表計算ソフトから書き出した文字コードのエンコーディング形式が UTF-8 または Shift_JIS の「.txt」「.tab」「.csv」拡張子のテキストファイルです。

タグ入力などを一切使わず、オブジェクトとリストを選択し、ダブルクリックするだけで項目を割り当て、高速で自動取り込みからレイアウトまで処理します。

5つの搭載メニュー【組版ROBO5】

5つの搭載メニュー

  1. 連番/複製オブジェクト配列:データベースなしに連番を作成、または同じひな型を複製配列
  2. レコード順次取り込み配列:ひな型の内容を順次入れ替え配列
  3. レコードちらし取り込み:異なるひな型の内容を入れ替え
  4. 任意取り込み:データベースの内容をダイレクトに配置、またはひな型の内容と入れ替え
  5. 文字幅自動調整:エリア内文字やパス上文字の文字幅文字間を調整

「連番/複製オブジェクト配列」と「レコード順次取り込み配列」は、単一ドキュメント内でアートボードを追加してのページ出力や複数ドキュメントファイルにわたるページ出力 (バッチ処理) に対応します。
また「任意取り込み」以外は「文字幅自動調整」と併用した自動組版が行えます。

連番/複製オブジェクト配列【組版ROBO5】

連番/複製オブジェクト配列

ドキュメント上のテキストや画像を、データベースファイルを使用せずに、連番をキーとした連続配列ができます。「連番モード」と「複製モード」2つのモードを搭載。

「連番モード」は、ひな型のデータを開始値とした連番でデータを入れ替え配列します。連番の設定は、元の数値が1つづ増えていく など、ステップ数を決めるだけ。例えば、シリアルNo.の配列 (ナンバリング) や、連番の画像を順番に配列する作業などに最適です。

「複製モード」は、ひな型をそのまま複製して配列します。同一データを1ドキュメント上に複製しながら整列配置する作業、例えば、一つのロゴを一枚のタックシールに合わせて正確に並べるといった作業に便利です。

*バーコードの作成には【バーコードROBO5】が必要です。

レコード順次取り込み配列【組版ROBO5】

レコード順次取り込み配列

あるデザインのひな型に、任意の異なるデータを流し込んで自動組版するバッチ処理を実現します。
データベースとリンクしないオブジェクトをひな型に含めば、単純複製します。

組版ROBO5で最も自由度が高く万能な自動組版を実現する機能です。

例えば、商品カタログなど、幾つかの決まったレイアウトに対して、任意の情報 (製品名、製品画像、価格、型番、説明文などの) テキストや画像に入れ替えるような作業を自動化します。
名簿などの単純な表組から、会社の名刺や不動産情報の面付けなどにも最適です。

レコードちらし取り込み【組版ROBO5】

レコードちらし取り込み

チラシ広告などページ全体に不規則な割り付けを行う場合にデータの取り込みを自動化します。

まずは1ブロックに個々の割り当てを行った後、そのブロックを複製してデータベース・ファイルのレコード番号を切り替えればブロック内容を瞬時に入れ替えます。

同一のレイアウトは「レコード順次取り込み配列」でも可能ですが、ABCDEと異なるレイアウトをそのまま内容だけ差し替えて毎週使用するようなチラシ作成などに便利です。

任意取り込み【組版ROBO5】

任意取り込み

データベースからの単純なオブジェクトの置き換えを、ダブルクリックするだけで素早く処理します。オブジェクトへのデータ割り当ては必要ありません。

また編集中の文字への挿入、部分置換、オブジェクトが非選択時に直接データ内容の文字作成ができます。大量のテキストオブジェクトの作成は、まず本機能をご利用ください。
ポイント文字からエリア文字への変換は、「Illustrator >書式>エリア内文字に切り換え」を活用。文字構成後の修正にも役立ちます。

文字幅自動調整【組版ROBO5】

文字幅自動調整

エリア内文字とパス上文字に流し込んだデータベースの文字が、あふれる場合、または空白が空く場合、トラッキング値や行方向比率を調整し、その領域内に納めることができます。

つまり字数が違ってもひな型となるテキストボックスに奇麗に配置できる優れもの。

「連番/複製オブジェクト配列」「レコード順次取り込み配列」「レコードちらし取り込み」との併用や、複数のテキストオブジェクトの同時処理が可能です。

Illustrator プラグイン自動組版ソフトウェア【組版ROBO5】

その他機能

  • 一度設定したリンクは、スタイルを変更後も有効
  • ひな型の配置の位置、数、間隔を設定可能
  • レイアウトはガイドを見ながら調整可能
  • パレット方式により書類編集と平行作業
  • リアルタイムプレビュー
  • Illustrator 上で配置可能なすべての画像フォーマットに対応
    出力ファイルへのノンブル設定ファイルごとのページ番号振り、見出しフィールド指定による強制改ページに対応
  • 設定値をプリセットとして保存、再生可能
  • ユニコード (Unicode) に対応

ビデオ:使用方法・操作方法

【組版ROBO5】ビデオ 其の一:基本操作

「自動組版で、大量の名刺を簡単に自動作成する方法」
大量の名刺の印刷データを短時間で自動作成する方法を【組版ROBO5】の基本操作と共にご紹介します。

【組版ROBO5】ビデオ 其の二:様々な機能紹介

「Illustrator でデータベースからの自動組版を行う方法」
ビデオ 其の一の基本操作に続いて【組版ROBO5】の主な機能とその設定方法をご紹介します。

v5 新機能

複数アートボードを使った自動組版に対応
v5 新機能:アートボード対応の利点

連番オブジェクト配列に、複製配列モードを追加

ページ配列の「全幅」と「全高」を固定して行列数やスペースを調整

取り込みデータベースの停止レコード番号の指定に対応

ページ配列時、ガイドを含めた複製配列に対応

スレッドテキストへの取り込みに対応

空フィールドのオブジェクト出力オプションを追加

バッチ処理時の一時停止、途中停止に対応

「テキスト自動調整」を刷新、仕様を変更し新機能「文字幅自動調整」を搭載

バージョン5.2より、「開始レコード番号を固定」に対応。取り込み処理後も「開始レコード番号」を処理前の値(取り込み分の加算なし)に保ちます。

v5 新機能:アートボード対応の利点

v5 新機能:アートボード対応の利点

バーコードROBO5、最大の新機能が、アートボードを使った自動組版への対応です。
複数ドキュメントファイルにわたるページ出力に加え、単一ドキュメント内でアートボードを追加してのページ出力が行えます。
このアートボードを活用した自動組版は、豊富なメリット盛り沢山です!

  • なんといっても、自動組版のバッチ処理がスピードアップ!
  • 自動組版後の確認、修正、印刷が、1ドキュメントファイルで完了!管理チェックも楽!
  • 自動組版後の確認、修正、印刷時、無数にあるファイルを開く必要がありません!
  • 複数アートボードを、1ファイルごと分割保存が高速です。Illustrator のメニュー、ファイルの別名保存で1ファイルごとの保存を選択するだけです。
  • 複数アートボードでのページ化、PDF化が瞬時に行えます。
アートボードを追加したページ出力に対応【バーコードROBO5】

アートボードを使った自動組版の方法は ───

  1. ROBO4と同様にひな型オブジェクトを1アートボードに配置します。
  2. 最終的にドキュメントファイルとして出力したいデータを、一旦、[アートボードを追加して指定(全)ページ取込…]を使ってバッチ処理を実行。自動組版を行います。
    結果、複数アートボードを持つ1ドキュメントが出力されます。
  3. その後、Illustrator の別名保存で、「各アートボードを個別のファイルに保存」すれば、全てのアートボードが、個別のドキュメントファイルとして保存できます。

v5 追加機能 (現在配布する最新インストールファイルで使用可能)

v5 追加機能 (現在配布する最新インストールファイルで使用可能)

配列を配列する

バージョン5.2より、組版ROBO5 での配列を、更に配列する機能が加わりました!
基本の配列をひとかたまりとしたさらなる配列 (配列の配列) を一度の操作で一括処理できます。
「連番/複製オブジェクト配列」と「レコード順次取り込み配列」に対応。

インストールファイル・デモ版

デモ版

【バーコードROBO5】【組版ROBO5】 デモ版 <Win>
【バーコードROBO5】【組版ROBO5】 デモ版 <Mac>

デモ版のご注意
  • 配布するデモ版は、【バーコードROBO5】です。
    – 【バーコードROBO5】は、別売の【組版ROBO5】の全機能を収録する製品です。
    – 製品版の【組版ROBO5】単体製品には、【バーコードROBO5】のバーコード作成機能は含まれません。
デモ版の制限
  • デモ版の試用期間に制限はありません。
  • デモ版の【組版ROBO5】による組版処理の結果は、プレビューのみです。プレビューの確認後、結果はアンドゥ (取り消し) され、全ページ作成時の出力ファイルの内容は空になります。
    (製品版の【組版ROBO5】による組版処理の結果は、Illustrator の実データとして作成できます。)
  • デモ版の【バーコードROBO5】で作成可能なバーコードのコードデータ (入力値) は、初期設定のみです。各バーコードのコードデータ (入力値) は、全てまたは一部が変更できません。ただし、それ以外のシンボルのサイズ、モード、出力文字の属性などは製品版と同様に動作します。
    (製品版の【バーコードROBO5】では任意のコードデータ (入力値) のバーコードを、Illustrator の実データとして作成できます。)
確認事項
  • インストールファイルは、使用する Illustrator のバージョンによって異なります。詳しくは、配布ファイルに同梱する書類「インストールと使用ガイド.pdf」をご覧ください。
  • インストールファイルは、都合により予告なくアップデートしたり、旧ファイルの配布を終了することがあります。
  • インストールファイルは、圧縮ファイル (Windows:zip形式/Mac:dmg形式) にて配布しています。

動作環境

アプリケーション

Adobe Illustrator 2021 / 2020 / CC 2019 / CC 2018 / CC 2017 / CC 2015.3 / CC 2015 / CC 2014 / CC / CS6

※各 Illustrator の最新バージョンでの使用を推奨します。

OS / ハードウェア

上記 Illustrator の各バージョンが動作する Windows または Mac。
動作環境は、Adobe Illustrator の各バージョンの必要システム構成に依存します。

参考:Illustrator 必要システム構成

製品仕様
  • Windows は、64Bit / 32Bit に対応します。
  • Illustrator 及び OSは、日本語版のみの対応です。
  • 本製品のライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Mac 共通で使用できるハイブリッド仕様です。
  • 本製品は、Windows と Mac 共通の機能です。

FAQ・よくある質問

お知らせ

Apple Silicon Mac および Intel Mac 両対応について

Mac 版 Illustrator 2021 ( ver 25.3 以降 ) 用「バーコードROBO5/組版ROBO5」は Apple Silicon Mac でも Intel Mac でもそれぞれの環境でネイティブで動作します。最新のインストールファイルをご利用ください。

【バーコードROBO5】【組版ROBO5】 最新インストールファイル


機能向上のための重要な改良:最新バージョン 5.8 配布のご案内

【バーコードROBO5】【組版ROBO5】をアップデートした最新のインストールファイル (バージョン 5.8) の配布を開始しました。
★組版処理スピードの大幅向上を実現した重要なアップデートとなります。
【バーコードROBO5】【組版ROBO5】をご利用のユーザーの皆さまは、大変お手数ですが、今回のアップデートをお願い申し上げます。

1) 組版ROBO5の処理速度を大幅に向上させました。特にバーコードROBO5併用によりバーコードを大量に配列するようなページ処理において以前との差が顕著です。また「文字幅自動調整」処理を高速化しました。
2) 組版ROBO5において、ページ上の処理結果の取り消し(ユーザによるアンドゥ)によって次回処理開始時に遅延が発生することがありましたが、これを解消しました。
3) 組版ROBO5のページ処理の中断またはファイル保存処理の完了後のひな型の復元において、ユーザによるオブジェクトの選択状態を維持するようにしました。
4) 組版ROBO5の「連番/複製オブジェクト配列」と「レコード順次取り込み配列」のパネルにおいて、それぞれ「全ページ作成印刷…」、「全ページ取込印刷…」ボタンを追加しました。これらにより出力ファイルの保存なしで全ページのバッチ印刷処理が可能になります。ただし実際に使用可能なのはIllustrator 2021 ver25.3以降用のものです。詳細はヘルプパネルで該当ページをご覧ください。
5) バーコードROBO5の「GS1-128 (EAN128)」に「標準料金代理収納用」オプションを追加しました。これにともないメニュータイトルを「GS1-128 (EAN128)」から「GS1-128 (EAN128), 標準料金代理収納用 GS1-128」に変更しました。詳細はヘルプパネルで該当ページをご覧ください。
【注意】 Windows版、Mac版 ROBO5 とも Illustrator 2021 ではver25.3以降用とver25.2以前用のインストールフォルダが分かれていますのでご注意ください。詳細は「インストールと使用ガイド.pdf」ファイルをご覧ください。
最新インストールファイルは、過去のアップデート内容を含みます。過去のアップデート内容は、最新インストールファイルに同梱する「アップデート内容.pdf」をご参照ください。
(2021/10/11)

【バーコードROBO5】【組版ROBO5】 最新インストールファイル


機能向上のための重要な改良:バージョン 5.7 配布のご案内

1) バーコードROBO5の「物流商品コード (ITF), アドオン」を「ITF, GS1 ITF-14」に改名し、作業パネルに「GS1国際標準(GTIN-14)」オプションを追加しました。詳細はヘルプパネルで「ITF, GS1 ITF-14」のページをご覧ください。
2) バーコードROBO5の「QRコード, GS1QRコード」、「Data Matrix (ECC 200), GS1 Data Matrix」、「PDF417, コンパクトPDF417」において、シンボル作成と同時に併記出力できるデータ文字数は最大254文字(半角)でしたが、この制限をなくしました。
3) Mac版Illustrator 2021 ver25.3以降用において、macOSの外観モード(*)のライト/ダーク時に合わせてウィンドウアイテムの階調が変化するようにしました。
(*)macOS 10.14 (Mojave)以降の「システム環境設定」の「一般」で指定できます。
4) Mac版Illustrator 2021 ver25.3以降用においてmacOSのバージョンアップにともなう最適化をおこないました。
(2021/7/26)


Illustrator 2021 ( ver 25.3 ) 対応:バージョン 5.6 配布のご案内

Illustrator 2021 version 25.3 に対応しました。
Illustrator 2021 version 25.3 から Apple Silicon Mac ネイティブ対応になりました。
Mac版 ROBO5 は Apple Silicon Mac でも Intel Mac でもそれぞれの環境でネイティブで動作します。
Illustrator 2021 version 25.2 以前でご利用の場合、変更はありません。
(2021/6/15)


バグフィックス:バージョン 5.5.2 配布のご案内

バーコードROBO5の「QRコード, GS1QRコード」と「マイクロQRコード」パネルの「データ」入力欄において、改行の直接入力(*)や改行を含むデータの貼り付けができませんでしたが、これを修正しました。
(*)改行は option + return (Mac) / Ctrl + Enter (Windows) キーで入力できます。入力された改行は同パネル「詳細設定>改行の制御コード」の設定により「」、「」または「」のいずれかの表記に置き換わります。データの貼り付けの場合も同様です。詳細はヘルプの「特殊キャラクタの表記法」のページをご覧ください。
(2021/4/13)


バグフィックスと改良:バージョン 5.5.1 配布のご案内

1) Windows版において、ホームディレクトリの名称(ログオンユーザ名)がマルチバイト文字(日本語など)の場合にプリセットフォルダを作成できない(エラーが表示される)不具合を修正しました。
2) バーコードROBO5の「書籍JAN, 日本図書コード」の「定価文字の併記」オプションにおいて、前アップデートでの総額(税込)表示対応にあわせ文字列の改行とその行送りの指定を可能にしました。詳細は当該ヘルプの「定価文字の併記」の項をご覧ください。
(2021/4/2)


機能向上のための重要な改良:バージョン 5.5 配布のご案内

1) バーコードROBO5の「書籍JAN, 日本図書コード」の「定価文字の併記」オプションにおいて、総額(税込)表示に正式対応しました。本体(税抜)表示も選択できます。※詳細については、バーコードROBO5のヘルプ「書籍JAN, 日本図書コード」の[定価文字の併記]をお読みください。
2) バーコードROBO5および組版ROBO5のパネルにおいて、OSのバージョンによってはフォーカスしていない入力(編集可)欄と表示(編集不可)欄の違いを視覚的に区別し難いことがありましたが、基本的に前者は背景白、後者は背景グレーで明示されるように改良しました。
(2021/3/24)


macOS Big Sur (ビッグサー) / macOS バージョン 11.0 への対応について

2020年11月、Apple 社より Mac の新しいOS「macOS Big Sur (ビッグサー) / macOS バージョン 11.0」がリリースされました。Illustrator プラグイン「FILTERiT5」「XtreamPath2」「バーコードROBO5」「組版ROBO5」は、「macOS Big Sur」に対応します。各プラグインの最新のインストールファイルをご利用ください。
※対応OS/ハードウェアは、Adobe Illustrator の各バージョンの必要システム構成に依存します。
(2020/11/13)


Adobe Illustrator 2021 対応:バージョン 5.3.2 配布のご案内

2020年10月、Adobe 社より Illustrator の最新バージョン Illustrator 2021 がリリースされました。Illustrator プラグイン【バーコードROBO5】【組版ROBO5】は、この Illustrator 2021 に対応する、インストールファイル(バージョン 5.3.2) の配布を開始しました。
(2020/10/21)


販売形態変更のお知らせ

本製品のうちパッケージ版は販売を終了致しました。
本製品は、引き続きダウンロード版をご提供して参ります。ダウンロード版は、ソフトウェアをライセンス認証し使用するシリアルNo.を納品する製品です。インストールファイルはWebからのダウンロードになります。ご利用お待ちしております。
(2020/9/29)


組版ROBO 最新バージョン「組版ROBO5」について

組版ROBO、最新のバージョン5では、新たにアートボードを使った自動組版に対応。複数ドキュメントファイルにわたるページ出力に加え、単一ドキュメント内でアートボードを追加してのページ出力が行えます。この結果、バッチ処理のスピードが前バージョンに比べ劇的に高速になりました。ほか組版機能では、停止レコードの指定、全幅と全高を固定した配列などに対応。

「組版ROBO4」のユーザーの皆様には、「組版ROBO5」またはバーコード機能を追加した「バーコードROBO5」を優待価格で利用頂ける、アップグレード版を提供しております。ぜひご利用ください。
(2018/9/5)


【バーコードROBO5】【組版ROBO5】無償アップグレードについて

2018年2月1日 (木) 以降、【バーコードROBO4 (v4.7)】【組版ROBO4 (v4.7)】を新規、またはアップグレードにて購入頂いたユーザーの皆様は、購入製品の次期バージョン【バーコードROBO5】【組版ROBO5】への無償アップグレード (ダウンロード版) を提供致します。

【パッケージ版】無償アップグレード対象をご利用の場合:

無償アップグレード対象製品の場合、パッケージ内に、無償アップグレードのシリアルNo.を同梱しています。
以下のWebサイトより最新のインストールファイルをダウンロードの上ご利用ください。

【バーコードROBO5】【組版ROBO5】 最新インストールファイル

ROBO5 無償アップグレードのシリアルNo.をお持ちで、ユーザー登録がお済でない場合、ユーザー登録をお願い致します。

【Illustrator プラグイン】 ユーザー登録・変更フォーム

【ダウンロード版】無償アップグレード対象をご利用の場合:

対象ユーザーの皆様へは、E-mailにて、無償アップグレードのシリアルNo.をお知らせ致しました。
(2018/9/12)


ユーザー登録・変更フォームについて

(株)フラッシュバックジャパンでは、ユーザー登録をして頂いたお客様に向けて、製品のテクニカルサポート、及びアップグレードや新製品の情報のご案内など、ご登録製品に関するサービスをご提供しております。

購入頂いた際は、お手数ですが、以下のフォームより登録のご協力をお願い申し上げます。

  • パッケージ版:出荷時には未登録です。新規登録をお願い致します。
  • ダウンロード版:出荷時に登録は完了しています。変更のある場合は登録変更をお願い致します。

【Illustrator プラグイン】 ユーザー登録・変更フォーム

製品情報

  • 製品名:組版ROBO5
  • 製品名ヨミ:クミハンロボ ファイブ
  • インターフェイス:日本語
  • 販売形態:ダウンロード版
  • 企画・開発・発売:有限会社ナカエソフトウェア開発
  • 総販売代理店・サポート:株式会社フラッシュバックジャパン