XtreamPath2

角丸め、パス・セグメント挿入、連結円弧/接線描画、ミラー、壁紙など。
Illustrator の描画、編集、変形の機能を劇的に向上させる35のツールやエフェクトを搭載したプラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • Illustrator platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

XtreamPath2 (エクストリーム パス2) は、Adobe Illustrator (アドビ・イラストレーター) の描画、編集、変形の機能を劇的に向上させる 35のツールやエフェクトを搭載した Illustrator プラグインです。

通常、Illustrator でパスを編集、変形するには、アンカーポイントの数や位置、方向線 (ハンドル) の長さや角度のコントロールが必要であり、複雑なデザインになればなるほど経験や熟練した技術が求められます。しかし XtreamPath2 は、それをたった1回のドラッグで実行したり、逆にアバウトな描画をスナップや数値指定することで精密、正確に行えます。

XtreamPath2 は、ビギナーの方にはパス操作をより手軽にし、ヘビーユーザーの方には作業手順を削減することでよりクリエイティブな時間を提供します。

nakae_xtreampath_top_002

中でも便利なツールは、曲線を使った描画を素早く行う【連結円弧/接線描画ツール】です。例えば渦巻きのような規則的な図形から、草や葉、花びら、ツタのような植物のイメージ、流れる波や風、リボンなど、曲線で作られるオブジェクトの作成にとても便利です。直線を描く【連結ライン描画ツール】と組み合わせることで更に幅広いオブジェクトを描けます。

また一つのパスの形状をセグメントにコピー&ペーストする【パス挿入ツール】と、セグメントの形状を別のセグメントにコピー&ペーストできる【セグメント挿入ツール】も Illustrator にはない便利な機能です。例えば同じ形状を複数持たせたい場合、自力では難しい複製作業をスムーズに行えます。

nakae_xtreampath_top_003

更に見逃せないのは、フォントや図形の角、コーナーを任意の半径で丸める【スマート・ラウンド効果】です。独自のアルゴリズムが美しい曲線を描きます。Illustrator CC のライブコーナーとは異なり、凸コーナー部 (外周) と凹コーナー部 (内周) を別々に指定したり、テキストへの直接適用できることも大きな特徴です。例えば、テキストの凹コーナーのみを丸めて、文字がにじんだような墨溜まりのスタイルを瞬時に作成できます。

ほか、多数のパーツやレイヤーを持つロックされたオブジェクトから、ある一つのパスだけ個別にアンロック状態にできる【個別アンロックツール】など Illustrator の常識を覆すオペレーションが満載です。

日頃 Illustrator を活用されるデザイナー、クリエイターの皆様、この作業効率を飛躍的にアップさせる XtreamPath2 の便利さをぜひご体感ください!

v2機能紹介

v2機能紹介

XtreamPath、最新のバージョン2では、風に吹かれたような変形を行う「ブロウ 効果」、輪郭を背景に融け込むように美しくぼかす「Live ぼかしパス」の2つの機能を新搭載。

また、オブジェクを鏡像回転させながら複製する「Live 回転ミラー」と、繰り返しパターンをタイル状に配置して隙間無く埋め尽くす「Live 壁紙 (結晶パターン)」がライブ化され、操作感、再現性などが大幅に向上しました。

ほか「スマートラウンド」の機能拡張などバージョン1に比べ使い易く改善されています。

ビデオ【Illustrator と XtreamPath2 の活用事例】(バージョン1でのご紹介)

ビデオ【Illustrator と XtreamPath2 の活用事例】(バージョン1でのご紹介)

植物の装飾デザイン 其の一

Adobe Illustrator (アドビ イラストレーター) のプラグイン、XtreamPath2 を使って、植物の装飾デザインを作成します。

本事例では、中でも一番の推薦機能、クリックとドラッグで自由で美しい曲線を連続描画する 連結円弧/接線描画ツール を使って、Illustrator のペンツールよりも素早くフレキシブルにパスを描く方法をご紹介します。

活用事例概要:
・葉、葉脈、枝、渦を巻くツルなどのシルエットを描く (連結円弧/接線描画ツール、連結ライン描画ツール)

xtreampath_video_jacket_02

植物の装飾デザイン 其の二

本解説では、いくつかの花の描画方法を紹介します。この花の描画には、XtreamPath2 の姉妹製品 FILTERiT5 も活用します。

活用事例概要:
・Illustrator のスターシェイプを変形させて、一輪の花にする (セグメント編集ツールセグメント挿入ツール引っ張り変形ツール)
・一つのおしべの形状を円形に複数配置 (パス挿入ツール)
・枝に葉をつける (パス挿入ツール)
・花びらの歪みの変形 (FILTERiT5 クラフトツール)
・一片の花びらを複製し、一輪の花にする (FILTERiT5 ライブサークル)

xtreampath_video_jacket_04

角丸め、文字の墨溜まり

XtreamPath2 で見逃せない機能が、フォントや図形の角、コーナーを任意の半径で丸める スマート・ラウンド効果 です。解説では、同じ角丸めを行う Illustrator CC のライブコーナーと比較、より便利な点を紹介します。

例えば、XtreamPath2 のスマート・ラウンド効果は、凸コーナー部 (外周) と凹コーナー部 (内周) を別々に指定したり、テキストへの直接適用できることも大きな特徴です。更にはテキストの凹コーナーのみを丸めて、文字がにじんだような墨溜まりのスタイルを瞬時に作成できます。

活用事例概要:
・角丸め「Illustrator CC のライブコーナーと比較1〜4」
・個別コーナーの角丸め (円弧面取りツール楕円面取りツール)
・スマート・ラウンド効果 応用編「文字の墨溜まりスタイルの作成」

【ウィンドウメニュー】3種類

【ウィンドウメニュー】3種類

Live ぼかしパス [v2機能]

背景が透き通る美しいぼかし

選択オブジェクト (パスまたはテキストおよびそのグループ) の輪郭を背景に融け込むようにぼかします。

最大の特徴は、背景に融け込むぼけ足の階調カーブをコントロールできることです。これにより背後のオブジェクトとの融合をより自然にあるいは特徴的に表現できます。

ぼけ足の幅・範囲はオブジェクトの線幅で、カラーは線のカラーで設定します。例えば線幅の値を増やすと、大きく広がるぼけ足を作成できます。

xtreampath2_live_blurredpath_02

ぼけ足の方向は、オブジェクトの内側、中央、外側を選べます。
外側にぼかせば、影を落としたようなイメージや、スプレーで縁取りしたような型抜きオブジェクトを作成できます。
逆にオブジェクトの内側にぼかせば、エッジに影をつけたような立体的なイメージとなります。
塗りの濃度も「Live ぼかしパス」内で設定可能です。

ぼかしの階調は、低中高の密度を選べますが、指定ステップで階調の数を決めることもできます。この指定ステップで階調の数を減らすと、グラデーションの層がくっきり見えるエッジを作ることができます。

xtreampath2_live_blurredpath_03

またカーニングで間隔を詰めたテキストなど、オブジェクトが重なるイメージに適用する場合、[テキストやグループ内の重なりを結合する]チェックボックスを使って、エッジの重なりをつけるか、つけないかを設定できます。

Live ぼかしパスを適用したオブジェクトを幾重にも重ねることで、Illustrator で背景が透き通る美しいぼかしのイメージを実現します。

オブジェクを鏡像回転させながら複製「Live 回転ミラー」【XtreamPath2】

Live 回転ミラー [v2機能]

回転 & 反転ミラー複製配置

選択オブジェクト (パスまたはテキストおよびそのグループ) の指定の範囲だけ切り取って鏡像回転したように複製します。また回転軸に対する反転鏡映も含めることができます。

例えば、一枚の花弁オブジェクトから花を作成することができます。また反転ミラーとクリッピング機能を併用すると、一つの楕円からハート形の花弁を持つ花のイメージを作成することもできます。シンプルな形状のオブジェクトをクリッピングした際の鏡面反射などによる意外性で本領を発揮します。

xtreampath2_live_rotatemirror_02_1470

本機能は、XtreamPath のバージョン1のツールメニューに搭載された「回転ミラー」「反転ミラー」を改良、拡張し、ライブ機能として新搭載したものです。ライブ機能になったことで、作成後の変更、微調整、再現が素速く行えます。

v1の「ドラッグで中心点を移動」は、v2の「水平相対位置」「垂直相対位置」で、v1の「ドラッグで軸を回転」が、v2の「傾き」で調整可能です。

xtreampath2_live_wallpaper_01

Live 壁紙 (結晶パターン) [v2機能]

壁紙パターンを手軽にスオッチ化

選択オブジェクト (パスまたはテキストおよびそのグループ) を基にした繰り返しパターンをタイル状に配置して隙間無く埋め尽くします。

繰り返しパターンは、結晶構造の分類に由来にした17種類を収録。あるオブジェクトを規則的に配置した幾何学模様、壁紙、カーテンのデザイン、ラッピングに使う包装紙、紙袋、衣装や布地の柄など連続する模様・デザインの作成に最適です。

本機能は、XtreamPath のバージョン1のツールメニュー「壁紙」を大幅に改良、拡張し、ライブ機能として新搭載したものです。

xtreampath2_live_wallpaper_02

バージョン2 で搭載された大変便利な機能の一つが、[AI パターンとしてスウォッチパネルに登録…] です。作成した壁紙のパターンを Illustrator のスオッチにスムーズに登録できます。この機能により、あるオブジェクトを、好みの壁紙のパターンで埋めることが簡単にできます。

また Illustrator だけではできない特徴の一つが、クリッピング機能です。ひとつのユニットを予期しない幾何学模様、デザインにすることが可能です。

繰り返しパターンをタイル状に配置「Live 壁紙 (結晶パターン)」【XtreamPath2】

ほか写真をパストレースしたものから、リアルなパターンを作成することも可能です。

バージョン1では、範囲や位置をドラッグ&ドロップで設定していましたが、バージョン2でライブ化されたことで、作成後の変更、微調整が容易になりました。想定するイメージを素早く調整できるだけでなく、お気に入りの壁紙スタイルを異なるオブジェクトから簡単に作成できます。

【効果/フィルタ】4種類

【効果/フィルタ】4種類

ブロウ 効果 [v2機能]

モーションブラー、ぶれ、残像、液垂れ

選択オブジェクト (パスまたはテキストおよびそのグループ) が風に吹かれたような変形効果を与えます。

風が吹いてくる方向・角度、効果線の密度、風の当たる側 (ヘッド)・風の抜ける側 (テール) の効果線のサイズと鋭さを指定し、効果をデザインします。

効果線の密度や鋭さの値が低ければ溶けたようなイメージに、密度や鋭さの値が高ければ線を引いたようなイメージになります。
またランダム値で効果線のサイズや幅に不規則さを持たせることができます。

xtreampath2_effect_blowing_02

具体的には、例えば、モーションブラーが掛かったようなイメージ、ぶれ、残像のような効果、液垂れ、流血したようなホラーイメージ、ハロウィン風のイメージといった表現が行えます。

また効果を適用したオブジェクトの上下に、効果を適用していないオブジェクトを重ねると、イメージのバリエーションが広がります。

さらに「ブロウ 効果」は、オブジェクトの塗りと線、それぞれ個別に適用することも可能です。Illustrator の「アピアランス」パネルを操作してください。線に適用した場合、その太さに伴い、効果線の太さも変化します。

Illustrator「グラフィックスタイル」への登録にも対応します。

パスやテキストのコーナーを角丸め「スマート・ラウンド効果」【XtreamPath2】

スマート・ラウンド効果

パスやテキストのコーナー部だけを、指定した値で、素早くきれいに角丸めするライブエフェクトです。コーナーポイントでの連結部 (角) を、セグメントパスの形状に関わらず、パスに忠実に沿って丸めます。 しかも元形状を崩さず、パスの稜線に沿った道のりの最大値を指定して丸めることができます。

凸コーナー部 (外周) と凹コーナー部 (内周) を別々に指定できることも大きな特徴です。例えば、テキストの凹コーナー (谷角部) のみを丸めることで、文字がにじんだような墨溜まりのスタイルを瞬時に作成できます。

また同じ Xtream Path のスマート・ラウンド フィルタとは異なり、パスだけでなくテキストへのダイレクトな適用を実現。ライブ・エフェクトなので、適用させた状態で書体を変えたり、文字をタイプし直したり、適用後のオブジェクトを編集してもその変化にリアルタイムで追随します。且つ大量のテキストであっても、(テキストのまま)角丸めを、高速に一括処理できます。特に明朝体のテキストは複雑な曲線から構成されているので、スマート・ラウンド効果がより実感できます。ぜひお試しください。

xtreampath2_effect_smartround

[v2機能]

山角、谷角入力に、入力刻み量ラジオボタンを追加しました。
また数値入力時、スピン (ステッパー) または矢印キーストロークの増減量を1.0 / 0.1 / 0.01 刻みから選択可能になりました。
(フィルタ版も同様の追加機能を搭載します)

xp_smart_rounding_effect_02
【Illustrator CC ライブコーナー】との違い
  • ライブコーナーは、角丸めに限界点があります。特にアウトラインテキストに適用するときこの限界値のため、わずかのサイズしか丸められませんが、Xtream Path のスマート・ラウンド 効果にはこの限界点はありません。
  • ライブコーナーは、山角 (凸コーナー部)、谷角 (凹コーナー部) を個別に指定できません。
  • ライブコーナーは、テキストに直接適用できません。
  • ライブコーナーは、適用後、コーナーの形状が固定されるため、オブジェクトを編集すると、コーナーの形状が崩れてしまいますが、Xtream Path のスマート・ラウンド 効果は編集後にオブジェクト編集してもコーナーの形状が追随します。

スマート・ラウンド フィルタ

スマート・ラウンド効果のフィルタ版です。

スマート・ラウンド (選択角) フィルタ

スマート・ラウンド効果のフィルタ版です。選択角のみ丸めます。

【編集、変形ツール】9種類

【編集、変形ツール】9種類

セグメント編集ツール

選択パスのセグメントまたは方向点をドラッグすることでそのカーブ形状を編集できます。このとき対象セグメントとその隣接するセグメントがスムーズポイントで連結されていればそれらの方向線の向きが連動します。Illustrator CC のパスセグメントのリシェイプと異なり、加速度 (減速) が作用するため微妙なカーブを描き易いのが特徴です。

連動を解除する(コーナーポイントにする)には方向点を Option / Alt キー+ドラッグします。再びスムーズポイントにするにはそれに近いパスセグメント上を Shift キー+クリックします。

[v2変更点]
XtreamPath のバージョン1の「セグメント独立編集」「セグメント連動編集」を廃止、「セグメント編集」に統合しました。

xtreampath2_03_symmetric_edit

セグメント対称編集ツール

選択パスのセグメントまたは方向点をドラッグすることでそのカーブ形状を常に対称形に保ちながら編集できます。

xtreampath2_04_numeric_edit

方向線数値編集ツール

選択パスのセグメント上または方向点をクリックすることにより方向線の長さと方向をパレットで設定した値にします。例えば、方向線の長さと角度をそろえる際に便利です。ツールの長さを0に指定することで方向線を消することもできます。

xtreampath2_05_arc_edit

円弧近似編集ツール

選択パスのスムーズポイントをクリック/ドラッグすると付近のカーブを円弧状 に近似させます。アンカーポイントを移動しても、円弧形状が保たれるように方向線の長さと方向は自動調整されます。

アンカーポイントを Shift キー+クリックでコーナーポイントとして固定し、任意のスムーズポイントだけ円弧形状にすることも可能です。

xtreampath2_07_vertical_straightner

水平ライン化ツール

選択パスのクリックしたセグメントを水平線にし、そのまま垂直方向ドラッグできます。Shift キーを押し下げている間は垂直モードになります。選択パスのクリックしたセグメントを垂直線にし、そのまま水平方向ドラッグできます。

[v2変更点]
XtreamPath のバージョン1の「垂直ライン化」を廃止、「水平ライン化」に統合しました。

xtreampath2_08_convert_to_arc

スムーズ楕円化ツール

選択パスのセグメント上をクリックするとその前後のセグメントカーブと滑らかに連結するように楕円形にします。セグメントは、直線でも曲線でも滑らかな楕円カーブに変形します。

xtreampath2_09_parallelogram_ovalization

エッジ楕円化ツール

選択パスの前後に隣接する2本の直線が互いに平行であるようなセグメント上をクリックすると楕円形にします。

xtreampath2_10_semi_ovalization

半楕円化ツール

選択パスのセグメントをドラッグすると、そのセグメントの両端を結ぶ線分を径とする半楕円形に変形します。高さが 100% のとき半円になります。

xtreampath2_11_stretch

引っ張り変形ツール

選択パス上の任意箇所をドラッグすると、指定の幅で自由な長さに引っ張り出してパスを変形できます。引っ張りの形状は、鋭角 (鋭く) と鈍角 (丸く) を選択できます。例えば、漫画のセリフの吹き出しや、リボンの端の切り込みといった表現に便利です。

ドラッグ中に Shift キーを押すと幅が増加し、Option / Alt キーを押すと幅が減少します。

【面取りツール】7種類

【面取りツール】7種類

円弧面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーを円弧状に丸めます。

  • ステップ値や固定値に対応
  • 小数第四位までの入力に対応
  • ドラッグの方向によって内角方向だけでなく、外角や対頂角方向へも丸めに対応
  • ドラッグでサイズを決定める場合、マウスを離す際に Option / Alt キーを押していると、その時の値をパレットの「固定半径」に読み込めます
xtreampath2_13_reverse_round_fillet

逆円弧面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーを円弧状に逆丸めします。

xtreampath2_14_oval_fillet

楕円面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーを楕円状に丸めます。

xtreampath2_15_reverse_oval_fillet

逆楕円面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーを楕円状に逆丸めします。

xtreampath2_16_chamfer

直線面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーを直線で面取りします。

xtreampath2_17_l_chamfer

L字面取りツール

隣接する2つの直線セグメントが作る選択パスのコーナーをL字状に面取りします。

xtreampath2_18_intersection

交差単純化ツール

選択中の同一パス内の、指定された2つの直線セグメントが交差または延長交差する位置にアンカーポイントを作って連結し、パスを単純化します。

例えば、面取りしたパスのコーナーを復元したり、オープンパスを交点で連結してクロースパスにする表現で便利です。

【描画ツール】4種類

【描画ツール】4種類

連結ライン描画ツール

クリックとドラッグで指定された2点を通る線分 (直線) パスを連続描画します。ドラッグ操作だけで線分を簡単に連続して描けます。また、長さや角度を指定値ごとに吸着 (スナップ) できるので規則的な図形を素早く作成できます。

開始点は任意位置でクリック (点A) してマウスボタンを離し、続けて別の位置で クリックし軌跡が現れたらドラッグして線分形状を決定しマウスボタンを離します (点B)。これで2点A、Bを通る最初の線分が描かれます。既存のパスに連結させて描くことも可能です。

Illustrator に機能を追加:連結円弧/接線描画ツール【XtreamPath2】

連結円弧/接線描画ツール

クリックとドラッグで指定された3点を通る円弧またはその接線パスを連続描画します。ドラッグ操作だけで綺麗な円弧やその接線を簡単に連続して描けます。また、半径や中心角を指定値ごとに吸着 (スナップ) できるので規則的な図形を素早く作成できます。

規則的な図形以外でも、例えば、草や葉、花びら、ツタといった植物のイメージ、流れる波や風、リボンなど、曲線で作られる様々なオブジェクトや模様を作成する際にとても便利です。

開始点は任意位置でクリック (点A) してマウスボタンを離し、続けて別の位置でクリック (点B) し軌跡が現れたらドラッグして円弧形状を決定しマウスボタンを 離します (点C)。これで3点A、B、Cを通る最初の円弧が描かれます。既存のパスに連結させて描くことも可能です。

xtreampath2_21_multi-curve

連結カーブ描画ツール

クリックとドラッグで指定された2点を端点とするカーブパスを連続描画します。開始点は任意位置でクリック (点A) してマウスボタンを離し、続けて別の位置でクリックし軌跡が現れたらドラッグしてカーブ形状を決定しマウスボタンを離します (点B)。これで2点A、Bを端点とする最初のカーブが描かれます。

Illustrator に機能を追加:個別アンロックツール【XtreamPath2】

個別アンロックツール

ロックされたオブジェクト、サブレイヤー、グループ内のうち、ある単一オブジェクトをクリックすると、そのパスだけを個別にアンロック状態にできます。

多数のパーツやレイヤーを持つオブジェクトから、一つのパーツだけを選んで編集したい時、その深いレイヤー階層から任意のオブジェクトだけを選択することは大変面倒です。そんな時、この個別アンロックツールが非常に便利です。

Illustrator CS6対応版からは、更に細かく精密な指定が行えるようになりました。パスの場合、塗りまたは線上をクリックしてください。ガイド上をクリックした場合はパス化されます。非常に入り組んで積層したパスの中でも精密に希望のパーツを指定できます。

サブレイヤー化またはグループ化されていてもクリックされたオブジェクトのみをアンロック状態にできます。対象がサブレイヤーまたはグループ単位でロックされている場合は、そのサブレイヤーまたはグループはアンロックされ、それに属するクリックされたオブジェクト以外がロック状態となります。

【機能拡張ツール】8種類

【機能拡張ツール】8種類

セグメント複製ツール

セグメント上を Shift + Option / Alt キー+クリックすることでその形状をコピーし、 これを選択パスのクリックしたセグメント上にペーストします。

相対した曲線ラインの描画に大変便利です。

xtreampath2_27_parallelization

セグメント平行化ツール

セグメント上を Shift + Option / Alt キー+クリックするとでその方向をコピーし、 これを選択パスのクリックしたセグメント上にペーストします。

xtreampath2_28_segment_insertion

セグメント挿入ツール

パスの1セグメントを Shift + Option / Alt キー+クリックすることでその形状をコピーし、これを選択パスのクリックしたセグメント位置にサイズと方向を合わせて挿入します。挿入形状の上下方向、左右方向を調整できます。

Illustrator には、Xtream Path のセグメント挿入ツールやパス挿入ツールに替わる機能はありません。自力でコピペする面倒な作業をスムーズに行うことが可能です。

例えば、花びらの一片のセグメントのラインをコピーして、同じカーブを持った一つの花を作るといった表現に便利です。

xtreampath2_29_segment_angling

セグメント絶対回転ツール

選択パスのうち、クリックしたセグメントの両端を結ぶ線分が、設定の方向へ向 くようにセグメントを回転します。このとき、クリック位置に近い方のアンカーポイントを回転の中心とします。

xtreampath2_30_segment_resizing

セグメント絶対リサイズツール

選択パスのうち、クリックしたセグメントの両端を結ぶ線分が、設定の距離になるようにセグメントをリサイズします。このとき、クリック位置に近い方をリサイズの中心とします。

比率を保ったままリサイズしたい場合に便利です。

xtreampath2_31_path_insertion

パス挿入ツール

パスを Shift + Option / Alt キー+クリックすることでその形状をコピーし、これを選択パスのクリックセグメント位置にサイズと方向を合わせて挿入します。
コピー元がクローズパスの場合は、オープンパスに変換したものを挿入します。

Illustrator には、Xtream Path のセグメント挿入ツールやパス挿入ツール に替わる機能はありません。自力でコピペする面倒な作業をスムーズに行うことが可能です。

例えば、茎に沿って葉をつけるといった表現に便利です。

xtreampath2_32_path_angling

パス絶対回転ツール

選択パスのクリックしたセグメントの両端を結ぶ線分か、または指定の2つのアンカーポイントを結ぶ線分が、設定の方向へ向くように選択パス全体を回転します。

Illustratorの回転は現状に対する相対回転角ですが、このツールはクリックしたセグメントの両端アンカーが作る絶対角でそのパス全体を角度付けできます。

xtreampath2_33_path_resizing

パス絶対リサイズツール

選択パスのクリックしたセグメントの両端を結ぶ線分か、または指定の2つのアンカーポイント間が、設定の距離になるように選択パス全体をリサイズします。

インストールファイル・デモ版

デモ版

【XtreamPath2】 デモ版 <Win>
【XtreamPath2】 デモ版 <Mac>

デモ版の動作

XtreamPath2 デモ版はスマートラウンド(プレビューのみ)を除きつぎの条件で製品版と同様に機能します。
1) 15 日間試用できます。
2) Illustrator の 30 回起動まで試用できます。

確認事項
  • インストールファイルは、使用する Illustrator のバージョンによって異なります。詳しくは、配布ファイルに同梱する書類「インストールと使用ガイド.pdf」をご覧ください。
  • インストールファイルは、都合により予告なくアップデートしたり、旧ファイルの配布を終了することがあります。
  • インストールファイルは、圧縮ファイル (Windows:zip形式/Mac:dmg形式) にて配布しています。

動作環境

アプリケーション

Adobe Illustrator CC 2019 / CC 2018 / CC 2017 / CC 2015.3 / CC 2015 / CC 2014 / CC / CS6

※各 Illustrator の最新バージョンでの使用を推奨します。

OS / ハードウェア

上記 Illustrator の各バージョンが動作する Windows または Mac。
動作環境は、Adobe Illustrator の各バージョンの必要システム構成に依存します。

参考:Illustrator 必要システム構成

製品仕様
  • Windows は、64Bit / 32Bit に対応します。
  • Illustrator 及び OSは、日本語版のみの対応です。
  • 本製品のライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Mac 共通で使用できるハイブリッド仕様です。
  • 本製品は、Windows と Mac 共通の機能です。

FAQ・よくある質問

お知らせ

Adobe Illustrator CC 2019 への対応について

2018年10月、Adobe 社より Illustrator の新バージョン「Illustrator CC 2019」がリリースされました。Illustrator プラグイン【XtreamPath2】は、llustrator CC 2019 に対応する、最新のインストールファイル (バージョン2.0.5) の配布を開始しました。正規ユーザーの皆さまはダウンロードの上ご利用ください。(2018/10/17)

【XtreamPath2】最新インストールファイル


macOS Mojave (モハベ) への対応について

2018年9月、Apple 社より Mac の新しいOS「macOS Mojave (モハベ) (バージョン10.14) 」がリリースされました。Illustrator プラグイン「FILTERiT5」「XtreamPath2」「バーコードROBO5」「組版ROBO5」は、「macOS Mojave」に対応します。各プラグインの最新のインストールファイルをご利用ください。※対応OS/ハードウェアは、Adobe Illustrator の各バージョンの必要システム構成に依存します。(2018/9/25)


Illustrator CS6、CC 用:最新バージョン 2.0.4.1 の配布について

【XtreamPath2】をアップデートした最新バージョン 2.0.4.1 の配布を開始しました。
Illustrator のバージョンに応じた最適化をおこないました。また動作の安定性を向上させました。ほかアップデートの内容は、インストールファイルに同梱の「アップデート内容.pdf」のアップデート履歴をご参照ください。(2018/9/20)


Illustrator CS6、CC 用:最新バージョン 2.0.2.2 の配布について

【XtreamPath2】の Illustrator CS6、CC 用 において、インストールが正常に完了していない場合のアラートを追加したアップデートを行いました。(2017/12/18)


Illustrator CC 用 Mac 版:最新バージョン 2.0.2.1 の配布について

【XtreamPath2】の Illustrator CC 用 Mac 版 において、macOS High Sierra (10.13) にて使用した際の不具合を修正したアップデートを行いました。対象の Illustrator CC 用 Mac をご利用の皆さまはアップデートをお願い申し上げます。(2017/12/4)


Adobe Illustrator CC 2018 への対応について

2017年10月、Adobe 社より Illustrator の新バージョン「Illustrator CC 2018」がリリースされました。Illustrator プラグイン【XtreamPath2】は、llustrator CC 2018 に対応する、最新のインストールファイル (バージョン2.0.2) の配布を開始しました。正規ユーザーの皆さまはダウンロードの上ご利用ください。(2017/10/24)


macOS High Sierra (バージョン10.13) への対応について

2017年9月、Apple 社より Mac の新しいOS「macOS High Sierra (バージョン10.13) 」がリリースされました。Illustrator プラグイン「FILTERiT5」「XtreamPath2」「バーコードROBO4 (v4.7)」「組版ROBO4 (v4.7)」は、「macOS High Sierra (バージョン10.13)」に対応します。各プラグインの最新のインストールファイルをご利用ください。尚「FILTERiT5」「XtreamPath2」「バーコードROBO4 (v4.7)」「組版ROBO4 (v4.7)」の対応OSは、Adobe Illustrator の各バージョンの必要システム構成に依存します。(2017/10/2)


XtreamPath (エクストリーム パス) 最新バージョン「XtreamPath2」について

XtreamPath2では、風に吹かれたような変形を行う「ブロウ 効果」、輪郭を背景に融け込むように美しくぼかす「Live ぼかしパス」の2つの機能を新搭載。また、オブジェクを鏡像回転させながら複製する「Live 回転ミラー」と、繰り返しパターンをタイル状に配置して隙間無く埋め尽くす「Live 壁紙 (結晶パターン)」がライブ化され、操作感、再現性などが大幅に向上しました。ほか「スマートラウンド」の機能拡張などバージョン1に比べ使い易く改善されています。

「Xtream Path (バージョン1)」のユーザーの皆様には、「XtreamPath2」を優待価格で利用頂ける、アップグレード版を提供しております。ぜひご利用ください。(2017/6/21)


ユーザー登録・変更フォームについて

(株)フラッシュバックジャパンでは、ユーザー登録をして頂いたお客様に向けて、製品のテクニカルサポート、及びアップグレードや新製品の情報のご案内など、ご登録製品に関するサービスをご提供しております。

購入頂いた際は、お手数ですが、以下のフォームより登録のご協力をお願い申し上げます。

  • パッケージ版:出荷時には未登録です。新規登録をお願い致します。
  • ダウンロード版:出荷時に登録は完了しています。変更のある場合は登録変更をお願い致します。

【Illustrator プラグイン】 ユーザー登録・変更フォーム

製品情報

  • 製品名:XtreamPath2
  • 製品名ヨミ:エクストリーム パス2
  • インターフェイス:日本語
  • 販売形態:パッケージ版・ダウンロード版
  • 企画・開発・発売:有限会社ナカエソフトウェア開発
  • 総販売代理店・サポート:株式会社フラッシュバックジャパン