Trapcode Particular 5

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

流体物理エンジンを搭載するAfter Effects専用の3Dパーティクル生成プラグイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trapcode Particular 4をフラッシュバックジャパンで購入。

* Trapcode Particular 4は、煙や炎、火花 などの 自然現象 から、空間 を漂う 塵、有機的 な オブジェ の グラフィック など、あらゆる 3D パーティクル を作成する After Effects プラグイン です。バージョン4のリリースに伴い、流体物理 エンジン FLUID DYNAMICS を搭載しました。これにより 空気中 で漂う パーティクル 表現や バウンス など、バージョン3ではできなかった 表現 が可能になります。また、 アップデート された エフェクトデザイナー を活用することで今まで以上に 直感的 かつ 簡単 に パーティクル デザイン が可能になります。さらに、FLUID DYNAMICS を活用したプリセットを含む、35種類 の 新規 プリセット を エフェクトデザイナー とともに 活用 することで、プリセット の カスタマイズ からより幅広いデザインが可能になります。

Red Giant

* Trapcode Particular 4 は、煙 や 炎、火花 などの 自然現象から、空間 を 漂う 塵、有機的 なオブジェのグラフィックなど、あらゆる 3D パーティクル を作成する After Effects プラグインです。

Trapcode

【Red Giant/Trapcode 個別製品 販売終了のご案内】

Red Giant社が同社の個別製品の販売を2020年10月31日で終了しました。Trapcode SuiteやMagic Bullet SuiteなどのSuite製品、UniverseやRed Giant Completeなどのサブスクリプション製品は引き続き販売します。個別製品の既存ユーザーの方につきましては、お持ちのシリアルと該当インストーラーで引き続き製品をご利用いただけます。

Trapcode Particularをご希望の方は、Trapcode SuiteまたはRed Giant Completeの購入をご検討ください。

製品概要

煙、炎、火花などの自然現象から、空間を漂う塵、有機的なオブジェのグラフィックなど、あらゆる3Dパーティクルを作成する After Effects プラグイン、Trapcode Particular。

バージョン5のリリースでは複数のパーティクルシステムをひとつのソースからの放出を実現するEmit from Parent SystemやAirとBounceの同時利用、パーティクルシステムの上限を8から16への変更、計算時間を高速化したFast Physicsなど、パーティクルデザインの可能性を広げる機能と、制作を効率化する新しい機能が搭載されました。After Effects のパーティクルエフェクトのデファクトスタンダードともいえる最新版の Trapcode Particular 5は、よりリアルなエフェクト制作を実現するとともに、直感的かつ効率的な制作環境を提供します。

主な機能

主な機能

EMIT FROM PARENT (NEW)

Emitter TypeでEmit from Parent Systemのオプションが新たに搭載され、機能に制限があったAuxパーティクルシステムは過去のものとなりました。Particular 5に新たに搭載された「Emit from Parent System」は、自在なパーティクルの放出を実現する完全なエミッターとなります。エミッタチェーンを簡単に設定することはもちろん、複数のシステムをひとつのソースからパーティクルを放出することもできます。Emit from Parent Systemを利用すれば、炎の粒子から残り火や煙を作成することができます。

Particular-More-Systems-2

EVEN MORE PARTICLE SYSTEMS (NEW)

Trapcode Particular 4では同一の3D空間で最大8個のSystemの利用が可能でしたが、Trapcode Particular 5では最大16個のパーティクルシステムを操作することができます。各パーティクルシステムが相互作用し、すべてParticularの1つのインスタンス内で美しく複雑なエフェクトの制作を実現します。マルチシステムセットアップのエミッターはパラメーター設定 (Turbulence、Gravityなど)を共有できるだけでなく、単一のプリセットとして保存することもできます。

Particular-Air-and-Buonce

PHYSICS: AIR & BOUNCE TOGETHER (NEW)

Trapcode Particular 5でAirとBounceの組み合わせが可能になりました、これによりリアルで複雑なエフェクト制作を実現します。完全なバウンス制御と相互作用を備えた最大3個のバウンスレイヤーを選択するこごあできます。

Particular-Environement

PHYSICS: ENVIRONMENT (NEW)

EnvironmentカテゴリーにはGravityやTurbulence、新たなWindエフェクトなどが含まれます。これらの外的な”力”はパーティクルの質量やサイズ、空気抵抗に反応します。システム周辺の乱気流に様々な設定を定義し、パーティクルの位置や方向/スピンに効果を追加することができます。

Particular-Properties

PHYSICS: PARTICLE PROPERTIES (NEW)

MassとAir Resistanceのパラメーターを操作することで、パーティクルが環境にどのように応答するかより直感的に制御することができます。

Particular-Flocking

BEHAVIORS: FLOCKING/SWARMING (NEW)

新たに搭載されたFlockingツールには、パーティクルデザインを新しいレベルに引き上げる自動動作が含まれています。 AttractとSeparateツールを利用し、パーティクル間の距離を定義することができます。Alignツールを利用することで、同じ方向に群がるパーティクルの量を制御することができます。

Predator-Prey-8b

BEHAVIORS: PREDATOR/PREY (NEW)

パーティクルシステム間の捕食/被食の関係を設定します。システムがPreyとして設定されている場合、Evadeパラメーターを使用してPredatorをどれだけ回避するかを制御します。システムがPredatorとして設定されている場合、追跡コントロールはどれだけ捕食するかを決定します。 パーティクルの最大速度やパーティクル間の距離、視野を制御してリアルで多様な動作を実現します。

Meander-4

BEHAVIORS: MEANDER (NEW)

新たに搭載されたMeander(Physics Simulations > Meander)により、個々のパーティクルがショッピングモールの人々のようにさまよったり、さまざまな車線の車のように速度にばらつきを与えることができます。

アニメーションに対するMeanderの影響はパーティクルの質量の影響を受け、各パーティクルに個別の動きを追加することができます。また、Flockingなどと組み合わせて複雑なモーションを生成することもできます。

Particular-Velocity-Over-Life

VELOCITY OVER LIFE (NEW)

Velocity Over Lifeカーブを利用し、シミュレーション中にパーティクルの速度を数回変更するよう設定することができます。パーティクルを高速で開始させ、ライフの間に減速して再び加速させることができます。テキストや3Dオブジェクトベースのエミッターでの使用に最適な機能です。

Trapcode-Particular-Instant-Feedback1

INSTANT FEEDBACK

デザイナーは即座に視覚的なフィードバックを提示し、エフェクト作成とプレビューを通して直感的なクリエイティブエクスペリエンスを提供します。Trapcode Particular 3で新たに搭載されたデザイナーは、コンポジションサイズを尊重し、構図とカメラ情報を引き継ぎます。デザイナー上ではカメラとエミッターの位置を保持したままパーティクルをレイアウトし、プレビューすることができます。

T_Particular_3_CPU_vs_GPU_1920x1080

GPUアクセラレーション

OpenGLを利用することで、旧バージョンと比べて最大4倍の高速化を実現しました。

Trapcode-Particular-3D-and-Lights

3Dカメラ & ライト

Trapcode ParticularはAfter Effectsの3Dカメラとライトを使用するため、モーショングラフィックスや実写映像とパーティクルエフェクトとを自然に合成することができます。

Trapcode-Particular-Designer

デザイナー

Trapcode Particular 4のデザイナーを利用すれば、パーティクルエフェクトの制作が今まで以上に簡単になります。 エミッタやパーティクル、フィジクス、およびAUXパーティクルなど、カスタマイズ可能なブロックを追加して組み合わせることでパーティクルエフェクトをのデザインを可能にします。もちろんワンクリックでプリセットを適用して、自在にカスタマイズすることもできます。

Trapcode-Particular-Fluid-Dynamics

FLUID DYNAMICS

新たに搭載された流体物理エンジンがダイナミックな渦巻き効果を作成を実現します。FLUID DYNAMICSを活用する場合は、エフェクトパネルのPhysics内のPhysics ModelにてFluidを選択し、流体エフェクトを作成してください。

Particular-Text-BubbleGum

TEXT EMITTER

テキストレイヤーをエミッターとして使用することができます。事前のプリコンポーズの必要なく、テキストに沿ったパーティクルを制御することができます。

Particular-Masks

MASK EMITTERS

マスクをエミッターとして使用することで、独自の形状のエミッターからパーティクルを発生させたり、画像の一部をマスクしてパーティクルのエミッターとして指定することができます。事前計算は必要ありません、Emitter TypeでText/Maskを選択し、Text/Mask Emitter > Layerからマスクを指定するだけです。

Trapcode-Particular-OBJ-Emitter-2

OBJSエミッター

3Dモデル、もしくはOBJシーケンスをTrapcode Particularのエミッターとして使用することができます。OBJファイルの頂点、エッジ、面またはボリュームからパーティクルを発生させることができます。プリセットとして搭載する60以上のOBJライブラリ、もしくは自身で作成したOBJファイルをエミッターとして利用することができます。

Trapcode-Particular-Multiple-Systems1

MULTIPLE SYSTEMS

3D空間で複数のパーティクルシステムを組み合わせることで無限の創造性を探ることができます。マルチシステムのエミッターは、パラメータ設定 (タービュランスや重力など) を共有することができ、単一のプリセットとして保存することができます。

Trapcode-Particular-Lighting-And-Shadows

LIGHTING AND SHADOWS

After Effectsのライトからパーティクルをシェーディングします。 シェーディングは光の減衰をエミュレートし、シャドウレットレンダリングはメインパーティクルと補助パーティクルの両方にシャドウを投影することができます。

Trapcode-Particular-Presets

430以上のプリセット

Fluid DynamicsやBehaviorsなどを利用した新しい55種類のプリセットを新たに搭載しました。炎や閃光、花火、爆発、煙など、カスタマイズ可能な430種類以上のプリセットを収録します。

Trapcode Particular 2.5 Sprites Polys

Sprites and Polygons

カスタムパーティクルでは、レイヤーを2Dスプライトやテクスチャポリゴンとして使用することができます。Particular 2.5 には100種類以上の静止画やアニメートされたスプライトイメージを収録し、エフェクトビルダーで簡単に読み込んで使用できます。

Trapcode-Particular-Reflection-Maps

反射マップ

レイヤーを反射マップとして使用して、テクスチャ付きポリゴンのカラー変更を実現します。パーティクルが3Dで回転している時に利用すると効果的です。

Trapcode-Particular-C4D

CINEMA 4D FILE IMPORT

Cinewareにより.c4dファイルの3Dジオメトリをエミッターとして利用することができます。サポートされているジオメトリプロパティには、アニメーションとトランスフォーム変換(回転/位置/平行移動/スケール)が含まれます。

チュートリアル

TRAPCODE SUITE | What's new in Trapcode Particular 5

Tutorial | Using Particular with Master Properties

Cheap Tricks | It's Wrinklin' Time (VFX Tutorial)

Cheap Tricks | Wakanda Form-Ever (Black Panther End Titles Tutorial)

Cheap Tricks | Infinity And Beyond (Avengers: Infinity War Disintegration Tutorial)

Create Laser Gun Effects in After Effects

Cheap Tricks | AQUAMAN Underwater Effects: Part 1 (VFX Tutorial)

Trapcode Particular 4.1: New Features Tutorial

Cheap Tricks | The Fresh Prince of Arabia

Cheap Tricks | Captain Marvel Energy Effects

Cheap Tricks | How To Cast Firebolt In After Effects - Game of Thrones VFX Part 1

Cheap Tricks | Creating A Zombie Horde Battle Scene - Game of Thrones VFX Part 3

Cheap Tricks | Frozen II VFX tutorial

Cheap Tricks | Sonic the Hedgehog VFX Tutorial

Cheap Tricks | Pixar’s Onward Half Dad Effect tutorial

What's New in Trapcode Particular 4

Trapcode Particular 4: New Features Tutorial

Trapcode Particular Training 01 Intro to the Designer (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 02 Particular Basics (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 03 Emitter Overview (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 04 Light Emitters (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 05 Layer Emitters (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 06 OBJ Emitters (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 07 Physics Air (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 08 Physics Bounce (日本語字幕)

Trapcode Particular Training 10 Custom Particle Types (日本語字幕)

What’s New In Trapcode Particular 2.5

Trapcode Particular - Video Part 1「解説:エミッターとパーティクルのコントロール」

Trapcode Particular - Video Part 2「解説:Physicsによる物理的な動きの設定」

Trapcode Particular - Video Part 3 「Particularを使用した作例チュートリアル」

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2017 / CC2018 / CC2019 / 2020
OS
  • Windows 10
  • MacOS 10.11以降

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

ハードウェア
  • 4 GB 以上のRAM
  • 800 MB以上のHDDスペース
  • Intel HD 5000以上のグラフィックス (正常に動作しない可能性がある為、非推奨)
  • Nvidia 9XX以降のグラフィックボード推奨
  • AMD 200シリーズ以降のグラフィックボード推奨
  • 2GB以上のVRAM (HD)
  • 4GB以上のVRAM (4K)
必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

Red Giant / Trapcode製品はRed Giant Application Manager上から各製品をダウンロード/インストールする仕様です。

FAQ

製品情報

  • 製品:Trapcode Particular 5
  • 製品名ヨミ:トラップコード パーティキュラー 5
  • 開発:Red Giant/Trapcode
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:日本語マニュアル(html形式/v2の内容)

セット製品

  1. Sale
    New

    Trapcode Suite 16

    空間を彩る光、粒子、ラインなどを演出するビジュアルエフェクトプラグインのセット

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  2. Red Giant / Trapcode Floating License

    ライセンスをサーバーで一括管理して運用するRed Giant / Trapcodeのフローティングライセンス

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン