Datamosh 2

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

60種類以上のモッシュアルゴリズムを搭載するAfter Effects専用のデータモッシュエクステンション

解除

製品概要

Datamoshは、映像圧縮におけるフレーム間予測の技術を応用し、Pフレーム(デルタフレーム)の複製とIフレームの削除によって映像を破壊してデータモッシュを実現するAfter Effectsエクステンションです(Pフレームは前のフレームを参照したフレーム間予測圧縮、Iフレームはフレーム間予測を利用しない圧縮)。

Datamoshは典型的なプラグインやスクリプトとは異なり、エフェクトを適用すると一連の映像がレンダリング、バックグラウンドでモッシュされ処理結果がタイムラインに再度挿入されるワークフローとなります。パネル上にある設定項目のDuplicate DeltaframesではPフレーム(デルタフレーム)の複製を制御し、Remove FramesのIntensity(強度)ではIフレームの削除を制御することでデータモッシュを実現します。PフレームとIフレームを単独で制御したり、組み合わせてパラメーター調整や、搭載するプリセットを利用してデータモッシュをお試しください。

Datamosh 2のV2利用時の注意点

Datamosh2利用時、error occurred at mosh phase rendertemp rendering error等のエラーが表示されることがあります。

エラーが表示された場合はDatamosh 2パネルのギアアイコンを開き、Output Templateをデフォルトのロスレス圧縮から別のテンプレートに変更し、その後最後ロスレス圧縮に戻してからDatamoshボタンを押してください。

2.1.0 新機能

Datamosh 2.1.0のリリースでMoshMaps機能が搭載されました。

MoshMaps機能を利用する場合はUse Mapにチェックを入れます。Use Mapチェックが入ると新たにMosh-Mapレイヤーが生成され、レイヤー上のマーカーでマップの範囲を指定するだけです。ハッピーモッシュ:)

REMOVE FRAMES

フレーム削除
Iフレームの削除機能を再構築して正確で粘着性のあるモッシュを生成します。 使い方は簡単、モッシュマーカーをクリップの最初のフレームにドラッグするだけです。前のクリップのピクセルは旧バージョンのDatamoshと比較して16倍の精度で次のクリップのモーションに置き換えられます。

Hijack Motion

ハイジャックモーション
Datamosh 2はピクセルパワーを提供します! 新しいモジュラーワークフローはレイヤーマーカーを利用してモッシュを外的に構築します。60種類以上のプリセットアルゴリズムと追加パラメーターを利用して新しいモッシュコントロールを体験してください。

Swap Motion

スワップモーション
スワップエフェクトにより、タイムラインにマークしたエリアからモーションを流用することができます。スワップエフェクトは唯一無二のエフェクトで未知の美学と無限の創造性への扉を開きます。

5_Mosh1

ワークフロー

Datamoshは、Trapcode ParticularやPlexusなどの典型的なプラグインとは異なる動作で映像を処理ツールです。

1. モッシュする一連の映像はレンダリングされます。
2. レンダリングされたクリップは、バックグラウンドでモッシュされます。
3. レンダリング結果はタイムラインに再度挿入されます。

datamosh02

Pフレーム(デルタフレーム)

データモッシュを実現させるために知るべきことがいくつかあります…エンコーディング方式によりますが、ビデオはPフレーム(デルタフレーム)とIフレーム(キーフレーム)で構成されます。

Pフレームは前のフレームを参照したフレーム間予測圧縮方式、Iフレームはフレーム間予測を利用しない圧縮となります。デルタフレームには映像内のピクセルの移動に関するデータが含まれ、デルタフレームを複製することで歪みを生成することができます。

5_Mosh_1

Iフレーム(キーフレーム)

Iフレーム(キーフレーム)は標準画像と非常によく似ており、完全なフレームを構成するすべてのピクセルデータを含んでいます。 ビデオからIフレームを削除することは、フレーム間予測において参照されるフレームの欠如となり、Iフレームを参照するフレームでは正常な描写できなくなります。

7_Experiment

Mosh!

Datamoshのパネルからプリセットをロードしたり、各パラメーターの設定を調整し、タイムラインのイン点とアウト点を設定したらDatamoshボタンをクリック。プログラムに魔法をかけます。

6_Re_render

Tweak & Re-Render

DATAMOSHをクリックしたら以前にレンダリングした映像が挿入されてしまった場合、Force Re-Renderにチェックを入れてもう一度DATAMOSHボタンをクリックしてください。ビデオの品質については、Datamoshパネルの設定タブ(ギアのアイコン)より Output Templateを調整してください。

チュートリアル

Datamosh 2 Tutorial - Datamoshing inside of After Effects

(旧バージョン) Datamosh Quick Start Tutorial

(旧バージョン) Datamosh Picture Glitching Tutorial

(旧バージョン) Datamosh Glitch Text Tutorial for After Effects

(旧バージョン) How to make transitions using Datamosh in After Effects

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CC2019 / 2020 / 2021 / 2022
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

Datamosh 2 デモ & 正規版 (WINDOWS版とMAC版を兼用)

製品のインストーラーはデモ版と正規版を兼用しています、正規ライセンスの認証を行わない場合デモ版として10日間お試しいただけます。

FAQ

製品情報

  • 製品:Datamosh 2
  • 製品名ヨミ:データモッシュ
  • 開発:Plugin Play / aescripts + aeplugins
  • 販売形態:ダウンロード製品

マルチライセンス

  • aescripts + aeplugins製品のを複数ライセンスご購入の場合はお見積りベースでの販売となります。複数ライセンスご購入の場合は、下記リンクよりお問い合わせください。aescripts社製品 マルチライセンス見積りフォーム
  • お見積りベース複数ライセンスをご購入の場合、購入ライセンス分を認証できる1つのシリアルNo.が納品されます。

関連製品

  1. Bundle

    aescripts Glitch Bundle

    Data Glitch 2とAE Pixel Sorter 2、Datamosh 2、Glitch Controlをセットにしたお得なバンドル製品

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  2. Data Glitch 2

    故障したテレビ画面をシミュレートし、グリッチを生成するAfter Effects、Premiere Pro 対応プラグイン

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  3. Glitch Control

    色収差とディスプレイスメント、ストレッチ、カラーサイクル、合計4種類のグリッチツールを搭載するAfter Effects & Premiere Pro対応プラグイン

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
  4. AE Pixel Sorter 2

    コアアルゴリズムが再コーディングされ、創造的かつ革新的な機能が加わったピクセルソート・グリッチツール

    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン