Boris Continuum 2019 Motion Blur Filter

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
    • Premiere Pro platform アイコン
    • Avid Media Composer platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

リアルなモーションブラー追加するプラグイン

解除
* 即納

製品概要

Boris Continuum Motion Blur Filter は、動いているソースクリップの領域にリアルなブラーを作成し、移動するオブジェクトをフィルムに撮影したときの効果をシミュレートします。

例えば、 モーションブラーフィルタをスピードを出して走行している車に適用すると、車の動きにブラーは適用されますが、背景には適用されません。ブラーは、オブジェクトが速く動く時に最も顕著になり、ゆっくり動く時はより少なくなります。オブジェクトが静止している場合には、モーションブラーは表示されません。

Boris Continuum Motion Blur Filter は、オプティカルフロー技術に基づき、画像内のピクセルの動きを決定するために前後のフレームを分析し、選択した設定に応じて、フレーム間を移動するピクセルにブラーまたはスミア(塗り付け)を適用します。また、タイムライン内のクリップをモーションのソースとして使用し、選択したクリップのモーションをフィルタされたトラックに適用することもできます。

主な機能

  • オプティカルフローに基づくモーション検出 (可視化するモーションベクター搭載)
  • シンプルまたは高度のオプティカルフローアルゴリズムを選択可能
  • 統合されたMochaのPixelChooserを使用して、映像の一部を分離してエフェクトの適用が可能
  • ブラー及びスミアオプション
  • フィルタ・パラメーターを微調整しながらソースと結果を容易に確認できる比較モードを搭載
  • プリセットインストール済の内蔵FXブラウザ
  • 単一ライセンスで異なる対応ホストアプリケーションで使用可能 (同一マシンに限る)
bof_continuum_mb_filter_compare

Compare Mode / 比較モード

このモードは、フィルタをオン/オフで切り替えることなく、フィルタされた結果をソースショットの横に表示します。結果を微調整する非常に便利な機能です。

比較モードには、左右に並べたビューと分割ワイプバーが含まれ、必要に応じて結果をビューパネルの別のソースクリップと比較できます。

bof_continuum_mb_filter_blurtype

Blur Types / ブラーの種類

ブラーとスミア(塗り付け)の2種類のブラーをソースに適用できます。

ブラーは、前後のフレームのモーションデータを使用して、双方向のブラーを作成します。この場合、移動するオブジェクトの両側にブラーが適用されます。スミアでは、後のフレームは無視され、前のフレームで検出されたモーションのデータのみが使用されます。これにより、ブラーは移動するオブジェクトの片側にのみに適用されます。

この鳥のイメージでは、Blurオプションを選択すると鳥の翼の両側にブラーが適用され、Smearオプションを選択すると翼の後縁だけにブラーが適用されます。

bof_continuum_mb_filter_opticalflow

New Advanced Optical Flow Algorithm / 新しく進化したオプティカル・フロー・アルゴリズム

オプティカルフローはContinuum製品で長年活用されてきましたが、開発チームはより満足のいく結果を提供できる追加のオプティカルフローアルゴリズムを発見しました。

この拡張モードでは、OpenCLハードウェアアシストレンダリングを使用して、より高度な(計算量が増加した)モーションベクトルの解析を実装します。拡張モードのパフォーマンスはグラフィックスカードにより大きく異なるため、オプションを使用したときにパフォーマンスが低下したり、予期しない結果が生じた場合は、簡易モードに切り替えることをお勧めします。

bof_continuum_mb_filter_mask

Foreground Mask Option / フォアグラウンドマスクマスクオプション

Foreground Mask Layerメニューは、ピクセルの動きを抑制するための前景マスクとして使用するメディアを設定します。このメニューをNone(なし)に設定すると、前景マスクのレイヤーに割り当てられているメディアは影響を受けません。

Channelメニューでは、ソースのどのチャンネルを使用して前景マスクを作成するかを、Red、Green、Blue、Luma、Alphaから選択します。
Foreground Blur Typeメニューでは、前景マスク上に作成されるモーションブラーのタイプ(ブラーまたはスミア)を設定します。

bof_continuum_mb_filter_of

Optical Flow / オプティカルフロー

Motion Blur Filterは、オプティカルフローアルゴリズムのパワーを利用して、時間の経過に伴う画像内のピクセルの動きを自動的にトレースします。このデータを使用して、ショットのどの動きをぼかす必要があるかをフィルタに指示します。

殆どの場合、フィルタのオプティカルフロー領域のパラメーターをデフォルト状態から変更する必要はありませんが、問題のあるショットではパラメーターを調整することでより良い結果を得られることがあります。

bof_continuum_mb_filter_pixelchooser

Integrated PixelChooser with Mocha / Mochaの機能を統合したピクセルチューザー

Continuum製品の殆どのフィルタと同様に、Motion BlurフィルタにはPixelChooserマットと、統合されたMochaのプラナートラッキングとスプラインマスキングを備えたマスキングシステムが搭載しています。これによりイメージの特定の領域にだけモーションブラーを適用することができます。

チュートリアル

Continuum Motion Blur Filter for Adobe Premiere

Continuum Motion Blur Filter for Avid Media Composer

Continuum Motion Blur Filter for Blackmagic Davinci Resolve

Continuum Motion Blu Filter for Adobe After Effects

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018
  • Premiere Pro CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018
OS
  • Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
  • MacOS 10.8 / 10.9 / 10.10 /10.11 /10.12 / 10.13

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

デモ&正規版ダウンロード

【Boris Continuum 2019 Adobe】<Win> デモ&正規版
【Boris Continuum 2019 Adobe】<Mac> デモ&正規版

Boris Continuum Motion Blur Filter のインストーラーは、Boris Continuum Complete のインストーラーを兼用しています。

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:Boris Continuum 2019 Motion Blur Filter
  • 製品名ヨミ:ボリス コンチナウム 2019 モーションブラー フィルタ
  • 開発:BorisFX
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:英語マニュアル

ライセンス利用規約

BorisFX 社製品は、1ライセンス (1つのシリアルNo.) につき、1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.) は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です)