フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

RE:Flex v5

映像を部分的に変形する!ワープ&モーフ効果の決定版プラグイン

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
解除

製品概要

製品概要

RE:Flexは、After Effectsのドローイングツールやマスキングツールを使用して、モーフィングやワーピングの効果を作成できるプラグインです。

“人物の顔から顔へ”など、After Effects上では作成が難しいモーフィングやワーピングエフェクトを簡単に素早く適用できるので、非常に安価に、映像クオリティーをアップさせることができます。バージョン3から、同社製品のTwixtor4.5にて導入された新トラッキング機能を利用した【自動整列機能 (Auto-align)】がグレードアップしました。変形させたい数カ所のスプライン(線)を指定すれば、あとはマッチしていない変形エリアを自動的に分析、整列、補間します。煩わしい変形エリアの指定作業を削減し、モーフィングエフェクト作成の作業効率をアップします。

ビデオ

TARRUS RILEY - NUH NEED TO WORRY OFFICIAL VIDEO

EVOLUTION OF STYLE

チュートリアル

RE:Flex Warper Basics - Part 1

RE:Flex Warp Moving Imagery

RE:Flex for AE - Still-to-Still Morphs

RE:Flex for AE - Morph using Varying Dissolve Rates

RE:Flex for AE - Cross Morphed Dissolves

Morphing in layers for better results

RE:Flex for AE - Morph with Auto Align and Smart Blend

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS5 / CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ハードウェア
  • 1GB以上のVRAMを搭載したGPUの搭載
  • OpenCL 1.1をサポートしたGPUドライバー

※対応OSの詳細環境は、使用するホストアプリケーションの各バージョンの仕様をご参照ください。
※Mac OS 10.8 以降を推奨します。10.8 のOpenCLドライバーは安定しており、10.7 に比べ、最大30%高速です。
※500MBのVRAM搭載のGPUはサポート対象外となります。
※Mac OS 10.7 以降をご利用の際は、GPUドライバーは OpenCL1.1 をサポートしています。

ダウンロード

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

インストール方法

製品情報

  • 製品:RE:Flex
  • 製品名ヨミ:リフレックス
  • 開発:RE:Vision Effects
  • 販売形態:ダウンロード製品