OCD Renamer

  • 対応プラットフォーム
    • After Effects platform アイコン
  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン

エフェクトかトラックマット、親子に基づいたレイヤー名にワンクリックでの変更を実現するAfter Effectsスクリプト

解除
* 即納

製品概要

OCD Renamerは、エフェクトかマット、親子に基づいたレイヤー名にワンクリックでの変更を実現するAfter Effectsスクリプトです。

コンポジションのレイヤー数が多くなった場合、どのレイヤーにどのエフェクトが適用されているのか確認する必要がある場合、レイヤーを選択してエフェクトコントロールを確認する必要があります。例えば8番目のプリコンポーズされたレイヤー名が「E3D」、トーンカーブと輝度&コントラスト、グローが適用されているとします。この場合、レイヤーを選択してエフェクトコントロールを開くまでどんなレイヤーなのかわかりません。もしOCD Renamerでリネームしてあり、レイヤー名が[E3D – トーンカ, 輝度&コ, グロー]

すれば、例えば適用されたエフェクトをレイヤー名に変換することで、プロジェクトの管理を効率化することができます。

OCD-2

①エフェクト名を任意の名前にリネームを実現します。カスタマイズする場合はエフェクトコントロール上で適用されたエフェクトを選択し、Shiftをクリックしながらスクリプトパネルのギアマークをクリックしてください。

②トラックマットのレイヤーをリネームする際、任意の名前を割り当てることができます。

③複数のエフェクトが適用されているレイヤーをリネームする場合、リネーム時に割り当てるエフェクト数を指定します。

④エフェクト名を割り当てる際のネーミングをFillname、First 4 Letters(最初の4文字)、Initials(イニシャル、Optical Flaresが適用されている場合はOF等)から指定します。

⑤親子関係のあるレイヤーをリネームする場合に名前を指定します。ここでは初期設定のChild of: [parent]を[parent]の子に変更しています。

⑥親子関係のあるレイヤーをリネームする場合に名前を指定します。ここでは初期設定のParent of: [children]を[parent]の親に変更しています。

※カスタマイズした場合、Saveをクリックして設定を保存してください。

チュートリアル

OCD Renamer for After Effects Tutorial

動作環境

アプリケーション
  • After Effects CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2015.3 / CC2017 / CC2018 / CC2019
OS
  • Windows
  • Mac

※対応するOSバージョンにつきましては、「After Effects 必要システム構成」をご参照ください。

必要システム構成

プラグインのテクニカルサポート提供は、Adobe社の「After Effects 必要システム構成」内でのご利用が前提となります。「After Effects 必要システム構成」をご参照のうえ、After Effects が動作を保証するシステム構成内でプラグインをご利用ください。なお、Adobe社の「必要システム構成」で動作が保証されない環境でプラグインを使用した際に発生するトラブルへのサポート提供は致しかねますことご了承ください。

ダウンロード

OCD Renamer デモ & 正規版 (WINDOWS版とMAC版を兼用)

製品のインストーラーは、デモ版、正規版を兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、機能が制限され製品をお試しいただけます。

FAQ

製品情報

  • 製品:OCD Renamer
  • 製品名ヨミ:OCD リネーマー
  • 開発:Plugin Everything / aescripts + aeplugins
  • 販売形態:ダウンロード製品

マルチライセンス

  • aescripts + aeplugins製品のを複数ライセンスご購入の場合はお見積りベースでの販売となります。複数ライセンスご購入の場合は、下記リンクよりお問い合わせください。aescripts社製品 マルチライセンス見積りフォーム
  • お見積りベース複数ライセンスをご購入の場合、購入ライセンス分を認証できる1つのシリアルNo.が納品されます。