フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

VIDEO COPILOT:エンドユーザー ソフトウェア使用許諾契約書

本使用許諾契約書は Video Copilot 社 の配布する下記エンドユーザー ソフトウェア使用許諾契約書 (PDF) を翻訳したものです。

【重要事項】

Video Copilot社のソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます)は、お客様が以下に定められる条項に同意した場合のみ、使用許諾(ライセンス)が付与されるものです。本ソフトウェア使用許諾契約書の各条項を、注意深くお読みください。

お客様は、本ソフトウェアを使用することにより、本契約の各条項の拘束を受けることに同意されたことになります。

お客様がアクセスしようとしている本ソフトウェアは、イメージの作成、修正、そしてレンダリングによって、ビデオ等の二次的著作物の作成を可能にするために、米・カリフォルニア州のVideo Copilot社によって開発されました。本エンドユーザー ソフトウェア使用許諾契約書(以下「本契約」といいます)は、Video Copilot社が正当に使用許諾(ライセンス)を与えたお客様が、個人または法人として、本ソフトウェアを使用するにあたっての条項を定めるものです。

前述並びにその他の財貨と有価約因に基づき、本契約書によって認知された受領と充足性を、お客様とVideo Copilot社は以下の通り合意します。

第 1 条 契約の性質

本契約は、お客様とVideo Copilot社の間で締結される、法律上の契約です。お客様は、本ソフトウェアにアクセスし使用するにあたり、本契約に含まれる全ての条項を受諾する必要があります。

第 2 条 定義

本契約において、「Video Copilot」とは、18277 Pasadena St., Suite 108, Lake Elsinore, CA 92530のVideo Copilot, Inc.(Video Copilot社)およびVideo Copilot, Inc.の関連会社を指します。「お客様」とは、本ソフトウェアのユーザーおよび、本ソフトウェアにアクセスまたは使用する個人・法人を指します。

「ソフトウェア」とは、お客様が作成、修正、そしてレンダリングする作品(下記 第3条に定義)の制作を可能にする、Video Copilotの所有権のあるソフトウェア及びヘルプドキュメントを指します。

「コンテンツ」とは、お客様の特殊効果の作成を容易にするVideo Copilotの製品に含まれる、Video Copilotおよびライセンサーの所有権のあるオブジェクト、イメージ、プリセットならびにその他のデジタルファイルを指し、その中にはビデオ、クリップ、写真、モデル、描画、ワイヤファイル、テクスチャ、モーションファイル、サウンドエフェクト、音楽などの様々なオーディオビジュアルのコンテンツが含まれることがあります。

第 3 条 使用許諾(ライセンス)

Video Copilotは、お客様がVideo Copilotから購入する本ソフトウェアを使用するために、非独占的で、譲与不可、譲渡不可、サブライセンス不可の、使用料無料の権利およびライセンスを、お客様に許諾します。本ソフトウェアには、本契約、特に第4条で定められた規制に従って、お客様個人での使用または販売のために、ビデオ等のお客様自身の二次的著作物(「作品」といいます)などを内部で開発するための、専有のコンテンツが含まれています。

お客様の作品は、Video Copilotに所有権のあるソフトウェアやコンテンツを組み込む範囲内において、本契約に従うものとします。それらのソフトウェアまたはコンテンツを、第三者に販売、サブライセンス、レンタル、貸与、リースすることは禁じられています。またお客様は、本ソフトウェアを、リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルを行うなどして、ソフトウェアのソースコードの解読を試みることはできません。Video Copilotは、該当する情報を提供する前に合理的な条件を課し対価を請求する権利を保有します。

お客様は、いかなる場合においても、一般的なビジネスの目的(本契約内で別途明記されていない限り)や配布するためではなく、内部での開発に使用するために、ライセンスを受けた本ソフトウェアおよびコンテンツに関する文書のコピーを限られた数だけ作成できるものとします。

本ソフトウェアまたはコンテンツを使用する、お客様の被雇用者、エージェント、または譲受人は、全員本契約に従うものとします。本ソフトウェアまたはコンテンツを使用する全ての被雇用者、エージェントまたは譲受人は、それぞれ個々のライセンスを必要とします。

これは、お客様に対するシングルユーザーライセンスです。お客様は、本ソフトウェアを、仕事場のコンピュータとラップトップコンピュータなど、2台までインストールして使用することができます。万が一、本ソフトウェアに欠陥が見つかった場合、またはコンピュータがクラッシュするなどしてアクセスが不可能になった場合、お客様が適切で誠実な使用を継続できるように、Video Copilotは合理的な努力をもって対応します。

第 4 条 追加ライセンスの制限

(a) テンプレート/プリレンダリングならびにストックメディアの制限

本ソフトウェアは、レンダリングや作品の作成を可能にします。コンテンツまたはその他のメディアを使用して本ソフトウェアで作成されたイメージをプリレンダリングまたは統合し、テンプレートやストックメディアとして、第三者に販売したり使用したりすることは出来ません(下記の例外は除きます)。プリレンダリングしたコンテンツやメディアを第三者に提供または販売しない限り、本ソフトウェアを使用して、プロジェクトを作成することは可能です。しかしながら、第三者に提供または販売するお客様の作品には、コンテンツを含むことはできません。お客様の作品の購入者は、適切なソフトウェアを購入することにより、そのコンテンツに対するライセンスを取得しなければいけません。 上記のとおり、エンドユーザーがソフトウェアを取得すれば、その購入者は、お客様の作品の変更を、お客様に委託することができます。

お客様は、本ソフトウェアによってレンダリングされたVideo Copilotのコンテンツやメディアを、Video CopilotがVideo Copilotのソフトウェアとの競合であると解釈する手段によって転売する権利を有しません。

またお客様は、レンダリングまたは修正されたVideo Copilotのコンテンツやメディアを、プリレンダリングされた作品やテンプレートとして提供し(無償・有償に関わらず)、事実上本ソフトウェアまたはその他のVideo Copilotの製品と競合する事業を行う権利を有しません。

この点に関して、お客様がレンダリングをしたコンテンツ、または本ソフトウェアやいかなる出所からのメディアを使用して作成した作品を、ストックフッテージ, ストックイメージまたはストックメディアとしてアニメーションの背景や編集可能なメディアファイルに使用したり、または一般に開放したり、本ソフトウェアやVideo Copilotの製品と競合することは、有償、無償に関わらず禁止されています。

上記の例外として、お客様がレンダリングし、完成されロックした作品を個人のエンドユーザーに対して販売する場合は、その作品は追加の変更や、レンダリング(例:フィルムのトレーラー、フィルム、コマーシャル)が行われないので、許可されます。但し、お客様の完成した作品は、Video Copilot製品の競合になる可能性のあるモデルパック/コンテンツ(レンダリングする、しないに関わらず)ではないという条件であることを前提とします。

また、スタジオがお客様の作品を他の作品に再利用しないことを前提として、お客様は完成したロックされた作品を、上記の例外として、お客様がレンダリングし、完成されロックした作品を個人のエンドユーザーに対して販売する場合は、その作品は追加の変更や、レンダリング(例:フィルムのトレーラー、フィルム、コマーシャル)が行われないので、許可されます。但し、お客様の完成した作品は、Video Copilot製品の競合になる可能性のあるモデルパック/コンテンツ(レンダリングする、しないに関わらず)ではないという条件であることを前提とします。

放送または放映の目的で、仕上げをするスタジオへ転送する権利を有します。

(b) コンテンツにおける第三者製品の使用

Video Copilotの提供するイメージやコンテンツの中には、このようなコンテンツに典型的に見られる商標が含まれていることがあります。例えば、武器や設備、備品などの多くのオブジェクトに、製造元の記章、マーク、そして商標などが含まれていることがあります。 お客様は、Video Copilotの提供するジェネリックで商標を含まないコンテンツを使用し販売する権利を有しますが、本契約で定められた制限に基づき、Video Copilotは、お客様が商標を含む作品を収益化しようと試みる際に、商標の所有者が異議を唱えないことを保証したり、苦情を申し入れたりすることはいたしません。

お客様が商標を含む作品の収益化または販売を試みる場合、(i) お客様は、その商標の所有者、または代理人の許可を得る努力をする必要があり、また、その商標に対する直接的なライセンスを要求されることもあります。そして(ii) お客様は、お客様の作品における商標の使用が権利の侵害に当たるなどの、商標の所有者または第三者からのあらゆるクレームから、Video Copilotとそのライセンサー、社員そして代理人を補償し、損害が生じないことを補償することに同意します。

(c) コンテンツの抽出

お客様は、Video Copilotの製品から抽出が不可能なコンテンツを抽出することはできなく、リバースエンジニアリングのツールまたは技術の使用なしに、スタンドアローンコンテンツとして使用することはできません。

(d) 禁止事項

お客様が作品に使用し修正するコンテンツは、第三者の著作権やその他の知的所有権を侵害する作品、中傷的、名誉毀損、猥褻な作品、またはその他の違法な作品などには、使用できません。それに加えて、お客様は、コンテンツまたは本ソフトウェアのセキュリティのメカニズムに違反しようと試みたり、身分を偽ったり、または違法な活動や望ましくない行為に携わることはできません。お客様の法令遵守を保証するために、Video Copilotは、通常の営業時間内最短一週間前の通知で、Video Copilot単独で、もしくは監査または会計事務所をこの目的の為に使用して、お客様のコンテンツの使用状況を観察し、お客様のコンテンツのインストール・使用状況を監査する権利を有します。

第 5 条 サポート

本契約において、Video Copilotは、アップグレードや本ソフトウェアまたは関連する製品の新バージョンなどを含むサポートを提供する義務を有しません。しかしながら、懸念事項や問題がある場合は、SUPPORT@videocopilot.netを通じてVideo Copilotまでご連絡ください。Video Copilotは、お客様がVideo Copilotの製品に非常に肯定的な使用感をもっていただくことを望んでおり、Video Copilotの裁量においてユーザーの利便性の改善につながると判断する懸念事項に、事業として合理的な努力をもって対応します。

第 6 条 ソフトウェアの所有権

本契約において特に記載されていない本ソフトウェアおよび関連する文書に対する一切の権利は、Video Copilotに帰属します。

Video Copilotは、本ソフトウェアおよび関連する文書、また全ての著作権、その他の知的所有権を有し、本契約は、お客様に本ソフトウェアの権利、または本ソフトウェア、アップデート、二次的著作物、本ソフトウェアに統合または使用されている著作権、特許権、商標権などの一切に対する所有権または知的所有権の譲渡を行うものではありません。

本ソフトウェアおよび関連する文書は、米国の法律および国際著作権条約の規定によって保護されています。

本契約に明示的に規定されている場合を除き、お客様が本ソフトウェアの全部又は一部を使用、コピー、修正することはできません。

第 7 条 所有権

お客様は、お客様がアクセス可能な全てのソフトウェアにおける、Video Copilotの著作権および会社の所有持分を尊重し保護することに同意するものとします。お客様は、お客様が何らかの理由で複製した本ソフトウェアに含まれる項目および関連する文書は、必要に応じて、同様の著作権、商標権ならびにその他の所有権表示を含むことに、同意するものとします。

Video Copilot ならびにそのライセンサーは、オリジナルやその他のコピーのフォームや媒体に拘らず、本ソフトウェアおよび関連するVideo Copilotの製品、それが記録されている媒体、ならびにその後作られたコピーの全てに対する権利と所有権を保持します。本契約に明記される事項を除き、本契約は、このパッケージに含まれる項目に関しての特許権、著作権、企業秘密、商標権、その他一切の権利をお客様に与えるものではありません。

第 8 条 お客様の義務

お客様は、以下の項目に全面的に責任を負うものとします。

(a) より具体的にソフトウェア仕様に記載されているとおり、本ソフトウェアを使用するに当たって必要な、適切な速度のパーソナルコンピュータ・RAM・ハードディスクの容量・ビデオカード・インターネットへのアクセスおよびJava対応のブラウザなどを含む(ただし必ずしもこれらに限定されない)、いかなる全てのハードウェア、ソフトウェア、そして通信機能の提供。

(b) 本契約の期間中に、お客様が本ソフトウェアを使用するに当たって必要なインターネットアクセスの提供と維持。

第 9 条 契約期間の終了、および契約解除

本契約に基づいて許諾されたライセンスは、解除されるまで有効です。本契約の有効期間ならびに本契約で許諾されたライセンスは、お客様が本契約を受諾し、本ソフトウェアをダウンロードした日に開始されるものとします。お客様は、Video Copilotへの書面による30日前の事前通知をもって、ライセンスおよび本契約を解除することができますが、お客様の当該ライセンスおよび本契約の解除は、いかなる状況であっても、お客様にVideo Copilotからの返金や金銭的補償を受ける権利を与えるものではありません。本契約に基づいて、お客様またはお客様の代理人が請求金額を支払わなかった場合、Video Copilotはライセンスおよび本契約を解除することがあります。

ライセンスは、お客様が本契約のいずれかの条項に従わなかった場合、自動的に解除されるものとします。本契約が解除された時点で、お客様は、ダウンロード、印刷、または本ソフトウェアに関連して作成した、印刷されたまたは電子版の全ての文書を直ちに破棄すること、また、本ソフトウェアのスクリーンショット、データ、またはその他のコンテンツのコピーが、お客様のコンピュータにアーカイブやその他の形式で一切保存されていないことを保証することに同意するものとします。本契約の終了の後においても、第4条、第6条、第7条および第9条から第20条までの規定は、引き続き効力を有します。

第 10 条 機密保持

お客様は、本ソフトウェアまたはその一部、技術的、製品、またはビジネスに関する情報、または、Video Copilotが機密扱いとするソフトウェアに関連する情報(総称して「機密情報」といいます)を、Video Copilotの書面による事前承諾なしに、第三者に開示しないことに同意するものとします。お客様は、全ての機密情報の秘密を保持するものとし、本契約の履行の目的以外に使用することはできません。

上記に関わらず、お客様が証明することのできる以下の情報は、機密情報に含まれません。
(a) 開示時点において一般公開されていた、または、お客様の作為または不作為を通じてではなく、後に一般公開された情報、(b) Video Copilotが開示する以前に、お客様が所有していた情報、または (c) Video Copilotまたは第三者に対する秘密保持義務に違反せずに、第三者からお客様に開示された情報。

第 11 条 賠償責任の制限

お客様は、本契約、お客様の本ソフトウェアの使用、本契約に基づきVideo Copilotが提供したサービス、またはお客様の本ソフトウェアの使用に関して第三者が提供したサービスに関連して、原因の如何を問わず、Video Copilotから損害賠償金を受け取る権利を有しません。またいかなる場合においても、お客様は差止命令による救済を取得する権利、または禁止や制限する権利、またはVideo Copilotや流通、業務、開発、または本ソフトウェアや関連する製品のパフォーマンスに関して干渉する権利を一切有しません。

いかなる場合においても、Video Copilotまたはそのライセンサーは、本ソフトウェアの使用または使用不能に関係して発生したいかなる損害に関し、お客様に対して一切の責任を負わないものとします。いかなる場合においても、Video Copilotまたはそのライセンサーは、損害賠償が求められた法的根拠にかかわらず、また事前にそのような損害賠償の可能性を通知されていたとしても、特別、間接的、偶発的、派生的な損害、またはデータ損失、逸失利益、ビジネスの機会の損失の損害に対して、一切の責任を負わないものとします。ある特定の管轄地においては、偶発的または派生的な損害に対する制限または除外を許可しない場合があり、上記の制限または除外がお客様に適用されない場合があります。

第 12 条 保証の排除

Video Copilotは、法律で許可される最大限度の範囲で、明示または黙示を問わず、特定目的に対する黙示の商品性または適合性と同様、慣習、使用、または当事者間の取引の過程から発生したとされる全ての保証を含む(ただし必ずしもこれらに限定されない)一切の保証を、明白に否認します。

Video Copilotは、本ソフトウェアに含まれる機能がお客様の要件を満たし、ソフトウェアの操作に中断やエラーがないことを保証するものではありません。 また、Video Copilotは、お客様が常に本ソフトウェアにアクセスできることを保証いたしません。お客様は、インターネットの混雑や停止、またメンテナンス、ダウンタイム、そしてその他の中断が本ソフトウェアへのアクセスを妨害することがあることを、理解そして認識するものとします。ある特定の州また管轄地においては、黙示的な保証の除外を許可しない場合があり、上記の制限がお客様に適用されない場合があります。管轄によって異なる権利がお客様に与えられる場合もあります。

第 13 条 準拠法

本契約は、法規の抵触を問わず、カリフォルニア州法に準拠し、それに基づいて制約・解釈されるものとします。

第 14 条 契約の履行

本契約を解釈または履行するために訴訟、仲裁、その他の手続きが開始された場合、その訴訟、仲裁、またはその他の手続きの勝訴当事者は、その他の許諾された救済に加えて、鑑定人の費用を含む合理的な弁護士費用を受ける権利を有します。費用の裁定は、判決に含められます。

第 15 条 裁判地

全ての訴訟、仲裁、その他の手続きについては、カリフォルニア州リバーサイド郡が管轄権を有します。

第 16 条 不可抗力

洪水、ストライキ、戦争、政府の行為、その他の傷害によって、Video Copilotにとって制御不能な理由で、Video Copilotによる本契約の実行が、妨害、遅延、またはその他の理由で実行不可能な状況になった場合、その事象が起きている間を限度として、Video Copilotは、実行から免除されるものとします。

第 17 条 契約の分離

本契約に、何らかの点において無効、違法、あるいは執行不能と判断された一つまたは複数の規定がある場合、その無効、違法、執行不能と判断された規定は、法律で許可される最大限度の範囲で、本契約の他のいずれの規定にも影響を及ぼさないものとします。

第 18 条 譲渡禁止

お客様は、Video Copilotの書面による事前承諾なしに、Video Copilotから許諾を受けた本契約または本契約上の権利の一部または全部を譲渡することはできず、譲渡する試みは無効とみなされます。本契約は、当事者、その承継人および承諾を得た譲受人に対して拘束力があり、また本契約の利益はこれらの者に帰属します。

第 19 条 輸出規制

お客様は、ソフトウェアの輸出を統制する適用される全ての米国の法律、規則および規制を遵守することに同意するものとします。

第 20 条 承諾と排他性

お客様は、本契約をお読みになり理解したこと、そして本契約の条項が被許可者を拘束することに同意することを承諾するものとします。さらにお客様は、本契約はお客様とVideo Copilot間の完全で排他的な契約の文書であり、提案、事前合意、理解、そして口頭、書面、またはその他のいかなる表明を問わず、お客様とVideo Copilotの間で交わされた、本契約の主題に関連するその他の通信全てに優先することに同意するものとします。本契約は、両当事者が文書に署名した場合を除き、変更、改正、または修正することができないものとします。