フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

2018年秋リリース予定の Sapphire 2019 につきまして

先日リリースされたMocha Pro 2019に続き、2018年秋にはSapphire 2019のリリースが予定されています。2018年9月10日にBoris FX社より公開されたSapphire 2019の新機能情報を纏めました。

Sapphire 2019 新機能

Sapphire 2019 新機能
  • Lens Flare Designerのデザインが一新され、カスタマイズ可能なインターフェイスとして生まれ変わります。新しいレンズ要素やコンポーネントが追加され、アーティストによって作成されたプリセット群が加わります。
  • S_PixelSortとS_Whiplashが新しいプラグインとして加わります。
  • エフェクト&トランジションビルダー内のシェイプツールがマット作成を容易にします。
  • Mocha Pro 2019 に新規搭載されたマグネットシェイプツールとシェイププリセットが、Sapphireでのトラッキングとマスキングを高速化します。
  • Sapphire BuilderとSapphire Flare Designerにて外部モニタ(リリース時にはBlackmagic Designのみ)がサポートされます。
  • GPUアクセラレーションに改善により、さらなる高速化を実現します。

※本投稿は、2018年9月10日にBoris FX社から公開された情報をまとめたものです。
※Sapphire 2019の製品情報につきましては、製品版リリース後に Sapphire のページにてお知らせいたします。