最大50%オフ!【秋の大感謝祭セール2022】12/4(日)まで開催中

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法

Animated Typefaceに収録されるjsxファイルをFont Managerのライブラリに登録することで、都度aepをインポートすることなくAnimated Typefaceを活用することができます。このページでは、Animated Typefaceに収録されるjsxファイルをFont Managerのライブラリへ登録する方法を紹介します。

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 1

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 1

After EffectsのScriptUI Panelsフォルダ内に”Font Manager Library”フォルダを作ります。

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 2

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 2

ダウンロードしたAnimated Typefaceを解凍します。例えば Mantis解凍した場合、Mantis_JSXフォルダ内に MantisフォルダMantis.jsxbinファイルがあることを確認します。

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 3

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 3

MantisフォルダとMantis.jsxbinを、Step 1で作成した”Font Manager Library”フォルダにコピーします。

※その他のAnimated Typefaceのjsxをインストールする場合は、Mantis同様に製品名フォルダと製品名.jsxbinファイルを”Font Manager Library”にコピーしてください。

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 4

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 4

After EffectsからFont Managerタブを開きます。Font ManagerのWriteタブのドロップダウンに先ほどインストールしたAnimated Typefaceを確認します。

※Animated Typefaceのjsxが複数インストールされている場合、ドロップダウンメニューからインストール済みのすべてのAnimated Typefaceにアクセスすることができます。

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 5

Font ManagerとAnimated Typefaceの連携方法:Step 5

Font Manager LibraryにインストールしたAnimated Typefaceは、Font Managerから利用することができます。