フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

CUBELiC Element 3D v2.2 チュートリアル

Element 3D V2 の基本操作からアニメーション作成までを解説!これから Element 3D を始めるユーザー向けのチュートリアル講座

¥4,900

製品概要

製品概要

CUBELiC Element 3D v2.2 チュートリアルは、株式会社キューブリックが制作した Element 3D V2 のチュートリアル講座です。

基本インターフェースの紹介からテキストアニメーションの作成、グループ分けを通してグループアニメーションの作成、3DCGで作成したオブジェクトの読み込みやアニメーション、応用的に車のリギングと言った複雑なアニメーションを学びます。

収録講座は合計1時間41分。また、レッスンで使用しているデータ(After Effects プロジェクトファイル)も付属しています。これから Element 3D を始める方におすすめの、初級~中級レベルのチュートリアル講座です。

講座内容

講座内容

チャプター1:Element 3D について

Element 3Dにおいて基本的どういったことが出来るか、メリット・デメリットなどを紹介します。

CUBELiC Element 3D v2 Tutorial Chapter 2

チャプター2:Element 3D のインターフェイス

Element 3Dの適用方法やインターフェースを紹介。また、カメラの使い方やマテリアルの設定方法、各ウインドウの役割も紹介します。

CUBELiC Element 3D v2 Tutorial Chapter 3

チャプター3:Element 3D テキストアニメーション作成

Element 3Dを使い、After Effectsで入力したテキストを立体にし、それを効率良くアニメーションさせます。Element 3Dを使えば簡単に立体テキストを作成しアニメーションさせる事が出来ます。

CUBELiC Element 3D v2 Tutorial

チャプター4:Element 3D グループアニメーション

Chapter 3の応用として、マテリアルを3つに分け、それぞれをアニメーションさせることでより印象的なアニメーションを制作していきます。グループアニメーションは Element 3Dの強力な機能になるので是非覚えて頂きたい内容です。

CUBELiC Element 3D v2 Tutorial Chapter 5

チャプター5:OBJ インポートアニメーション

さらに応用として3DCGで作成したオブジェクトをElement 3Dでインポートしアニメーションさせる方法を紹介。3DCGで設定するコツやElement 3Dで読み込みアニメーションさせる技法を紹介しています。

CUBELiC Element 3D v2 Tutorial Chapter 6

チャプター6:Element 3D 応用リギングアニメーション

最後に全ての応用として、複雑な3Dモデルの読み込みや3DCGソフトでの設定、Element 3Dでオブジェクト全てをリンクさせる方法を紹介。

収録内容

チュートリアルムービー
  • 各チャプター(合計6)の.mp4ファイル
レッスンデータ
  • 各チャプターの講座内容で使用したAfter Effectsプロジェクトファイル(別途 Element 3D V2が必要です)
ダウンロードデータサイズ
  • 2.14GB

製品情報

  • 製品:CUBELiC Element 3D v2.2 チュートリアル
  • 製品名ヨミ:キューブリック エレメント 3D V2.2 チュートリアル
  • 開発:株式会社キューブリック
  • 販売形態:ダウンロード製品