CUBELiC CINEMA 4D講座【カメラアニメーション編】

キーフレームによるカメラアニメーションの手法からパスに添わせてカメラを移動させるテクニック、ビル群を駆け抜けるカメラワークを解説するチュートリアル講座

解除

製品概要

CUBELiC CINEMA 4D講座 カメラアニメーションは、株式会社キューブリックが制作した CINEMA 4Dの初級と中級者を対象としたアニメーションのチュートリアル講座です。CINEMA 4Dを使う上で必要不可欠な知識や機能の紹介を中心に、実際にCINEMA 4Dでアニメーションを制作しながら講座を進めていきます。

基本的なキーフレームカメラアニメーションの手法から、パスに添わせてカメラを移動させるテクニックを紹介。更に映画などでよく見るビル群を駆け抜けるカメラワークをマスター!そしてロゴ(CIカット)を出現させるシーンをモデリング、アニメーション、4台のカメラを使って作成していきます。様々な工程やTipsを学び、あなたもさらに一歩進んだテクニックを身につけましょう。

CINEMA4Dカメラアニメーション完成映像

講座内容

収録チャプター

01 イントロダクション
02 基礎カメラアニメーション
03 応用カメラアニメーション(シーンの作成)
04 応用カメラアニメーション(フライスルーアニメーション)
05 応用カメラアニメーション(プレビュー作成)
06 実践カメラアニメーション(シーンの作成)
07 実践カメラアニメーション(オブジェクトアニメーションの作成)
08 実践カメラアニメーション(カメラアニメーションの作成)
09 アウトロダクション

収録内容

チュートリアルムービー

収録時間84分の.mp4ファイル (CINEMA 4D R11.5Prime以降対応(参考シーンはR14にて作成))

レッスンデータ

講座で使用するCINEMA 4Dプロジェクトファイル (CINEMA 4D R11.5 Prime以降対応 (参考シーンはR14にて作成))

ダウンロードデータサイズ

2.07GB

CINEMA 4D R25について

CINEMA 4D R25 でのご利用について

CINEMA4D R25 ではコンテンツブラウザというものが廃止された為、そのままでは MaterialPack を使うことができません。その為、cubelic material pack.lib4d をダブルクリックなりで開いて、新しいアセットライブラリへ変換してご利用ください。手順はCINEMA 4D R25 について(PDF)をご参照ください。

CINEMA4D R25 でのレイアウトについて

CINEMA4DR25 では UI の見た目も大幅に変更されている為、Tutorial 等の学習時は旧レイアウトの変更がオススメです。レイアウト変更はCINEMA4D R25 でのレイアウトについて(PDF)をご参照ください。

製品情報

  • 製品:CUBELiC CINEMA 4D講座【カメラアニメーション編】
  • 製品名ヨミ:キューブリック シネマ 4Dコウザ カメラアニメーションヘン
  • 開発:株式会社キューブリック
  • 販売形態:ダウンロード製品