フラッシュバックジャパンのWebサイトがリニューアルしました。弊社にて既にアカウントをお持ちの方は、初回ログインの際に、パスワードのリセットをお願い致します。詳細はこちらをご参照ください。

Autopano Giga 4

複数のイメージを繋げてパノラマ写真を作成するソフトウェア

  • 対応OS
    • Windows operating-system アイコン
    • Mac operating-system アイコン
    • Linux operating-system アイコン

重要なお知らせ

Kolor社製品:開発・販売・サポート終了について

Kolor社が、2018年9月14日をもって、同社の全製品(Autopano Video、Autopano Giga、Panotour)の開発・販売・サポートを終了することを発表しました。これに伴い、2018年9月14日をもって弊社でのKolor社全製品の販売・サポートも終了しました。長年のご利用ありがとうございました。

  • 今後、Kolor社から製品のアップデートはありません。
  • 製品インストーラーのダウンロードリンクは引き続きご利用いただけます。
  • 既存ユーザーは、Kolorアカウントにログインしてライセンスの検索が可能です。念のため、自身でライセンスのバックアップをお願いします。
  • ドキュメントサポートフォーラム(英語)が読み取り専用モードに切り替わったことにより、開発元から提供されるテクニカルサポートが終了しました。これに伴い、弊社からのサポートも終了します。

製品概要

製品概要

Autopano Giga 4 は、複数のイメージをスティッチしてパノラマ画像を制作するスタンドアローンのソフトウェアです。

例えばマルチロウパン雲台を使ってノーダルポイントを合わせた複数のイメージをインポートして、各イメージのオーバーラップする部分を繋ぎ合せることで一枚のパノラマ画像を生成します。自動合成でかなりの精度までスティッチすることができますが、微調整が必要な場合は Ctrlポイントエディタ を使って各イメージのオーバーラップポイントを選択してイメージ間の繋がりを調整します。

また、スティッチ時のオーバーラップ調整機能以外にも、マスク機能やカラーアンカーの編集、レベル調整、融合、ブレンド、スティッチなど様々な便利な機能を搭載します。もちろん水平や垂直レベル、回転、投射調整機能など、スティッチと調整に必要なすべての機能を搭載しているため、Autopano Giga だけでスティッチが完結します。

チュートリアル

Autpopano Giga Quick Start Guide

Autopano Giga 4を使ってパノラマ写真を制作

機能比較

Autopano Pro 4 Autopano Giga 4
リアルタイムパノラマ編集
プレビュー
コントロールポイントの手動編集
ギガピクセルサポート
自動パノラマヘッド対応
(Clauss Rodeon と Seitz VR Drive II panoramic heads はサポート対象外)
マスクツール ×
HDR自動融合
HDR手動融合 ×
HDRスペシャルエフェクト (hdrファイル保存)
プラグイン管理 ×
Neutralhazer サポート ×
Adobeレンズプロファイルサポート ×
Picasa用エクスポートプラグイン
Bridge / Lightroom へのエクスポート ×
複数の View Point サポート ×
スティッチテンプレート作成 ×
ワークスペースの保存 ×

動作環境

OS
  • Windows 7(SP1以降) / 8 / 8.1 / 10 (64bit版を推奨 / 32bit版はサポート対象外)
  • MacOS 10.9.5以降 (64bit版のみ)
  • Linux Ubuntu 14.04 (64bit版のみ)
必要ハードウェア
  • 1GHz以上のプロセッサ
  • 2GB以上のメモリ
  • 解像度1280×1024以上のディスプレイ
  • 512MB以上のVRAM搭載のグラフィックボード
推奨ハードウェア
  • 2GHz以上のマルチコアプロセッサ
  • 4GB以上のメモリ
  • 2GB以上のVRAM搭載のグラフィックボード(SLI、CrossFireはサポート対象外)

製品情報

  • 製品:Autopano Giga 4
  • 製品名ヨミ:オートパノ ギガ 4
  • 開発:Kolor
  • インターフェイス:英語
  • 販売形態:ダウンロード製品
  • マニュアル:オンラインドキュメント(英語)

インストール方法